deaisex_novel

【出会い系セフレ】清楚な巨乳受付嬢とタダマンエッチ


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は日々出会系SNSでかわいい女性をsexフレンドにして、オフパコsexに励んでいます(*^^*)
 
さて、今回は即出会いできる優良な出会系コミュのハッピーメールで出会ったsexフレンドの受付嬢と大阪府堺市で会ってセフレにして今すぐオフパコsexをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事にはアダルトなエッチのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回であいけいSNSのハピメで出会った女は受付嬢で、名前は美海さんといい、顔は橋本奈々未似の超美人でした(^0^)
 
出会い系サイトハッピーメールでの巨乳の受付嬢のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメールでの巨乳の受付嬢の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
巨乳の受付嬢とは、出逢い系マッチングサイトのハッピーメール(happymail)で知り合ってLINEでやり取りした後、堺市駅近くの洒落たイタリアンレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホテルに行ってただまんsexをしました。
 
俺と受付嬢が大阪府堺市の堺市駅近くのラブホの部屋に入った。
「みなみさん……んっ……」「はうぅ……」 ──ちゅっ。ちゅぱ。ぢゅる。 ついさっきまで、部屋の暖かな明かりをいっぱいに点していた。 賑やかな笑い声にも満ちていた。 そうしたラブホテルの部屋の明かりを消して、真っ暗にした。 ラブホのシングルベッド。しかし今夜はそのベッドに、橋本奈々未似の受付嬢が一緒に寄りそってくれている。 パイパンの受付嬢をベッドの上に仰向けにさせ、やさしくそっと覆いかぶさった。 抱きすくめた爆乳の受付嬢は、すでにブラジャーとパンティだけというエロチックな姿になっている。スレンダーな受付嬢の下着は、今夜も清純さを伝える純白だった。 二人は順番に、シャワーを使い終えた。 風呂から上がったばかりの受付嬢の身体からは、清潔なソープのアロマと甘ったるい素肌の芳香がほんのりと香っている。「みなみさんって……あんなに笑うこともできる人だったんですね……」 部屋を真っ暗にするなりひとしきり、俺と橋本奈々未激似の受付嬢は熱烈でねっとりとしたフレンチキスに耽った。 覚悟を決めてくれたのだろう。受付嬢はそれを拒むどころか、少しだけ、自らも積極的に僕の口を吸い返し、恥ずかしそうにほおを赤らめている。「私……少し、お酒が過ぎたかもしれません……」 僕の指摘に、ヤリモクの受付嬢はますますいたたまれなさそうになった。見られることを恥じらうように顔を背けて首をすくめる。「あんなに笑ったのは……久しぶりでした」「うれしかったです。ああ、みなみさんってやっぱりほんとは、こんなにふつうに笑ったりしゃべったりできる人だったんだって」 羞恥するヤリマンの受付嬢に、真摯な顔つきで僕は言った。 明かりを消すまで二人はずっと、話していた。
「あっ……」 責めの矛先をヤリモクの受付嬢のうなじに変えた。チュッチュと熱っぽくフレンチキッスすると、セフレの受付嬢はくすぐったそうに首をすくめる。「はうう……」 風呂から上がっても、ヤリモクの受付嬢は黒髪をアップにまとめていた。「いいんです、これからもいつもどおりで。でも、僕のまえでだけは……もっとリラックスして、ふつうの南ちゃんを見せてください」「ゆうきさん……」「大事にします。死ぬほど大事に。俺、世界中の誰よりも、ミナミちゃんのことを愛してるって自信を持って言えます」「ああぁ……」 ──ちゅっちゅ。ぢゅちゅ。ちゅう。 爆乳の受付嬢の右のうなじにつづいては、左のうなじ、またしても右。今度は白い首筋を上から下、下から上へと、何度も丹念に舐めあげる。「ああン、ま、また……そんなに……」「舐めちゃいます。いっぱいいっぱい舐めちゃいます。リラックスしてください、ミナミちゃん。んっ……」「はう、あっ、いや、んんぅ……はウゥ……」 首筋だけでは飽きたらず、セフレの受付嬢の形のよい小顔にもねろねろと舌を這わせた。 スクエア型の眼鏡を、そっとかわゆい受付嬢の美貌からはずす。眼鏡の下から現れたのは、いちだんと清楚な印象を強くする、橋本奈々未似の受付嬢の美貌だ。「きれいです、美海ちゃん」「き、きれいじゃありません。私なんて……」「きれいです。きれいだ、きれいだ」「はああぁ……」 ぺろぺろと、しつこいほどに舌を躍らせ、ヤリマンの受付嬢の美貌をネチョネチョと、愛情たっぷりの唾液まみれに染めていく。「ううっ、どうしてこんなに……舐めてくれるのですか……」 くすぐったいのか、それとも甘酸っぱい気分がどんどん募るのか。受付嬢は艶めかしく身じろぎをし、プリプリとヒップをふって恥ずかしそうに問うてくる。「どうしてって……好きだからです……」「ゆうきさん……」「好きです。大好きです。食べちゃいたいぐらいです……」 ──ちゅっ、ちゅ。ねろねろ。「はうゥ……ゆうきさん……」「俺……いくらだってみなみさんのこと、舐めてあげられますよ。身体中、もっともっと、どんどん舐めてあげますね……」「こ、今夜は……」「……えっ?」 さらに本腰を入れ、いとしいこの人を世にも卑猥な飴玉にしようとしかけたときだった。うろたえながらもセフレの受付嬢は、意を決したように俺に言う。「今夜は……」「………」「わ、わた……私が……あなたを……舐めてあげます……」「えっ……あ……」 闇の中で、僕は目を見張った。耳にした言葉が信じられなかった。 だが、聞き違いでもなんでもないようだ。受付嬢は僕をうながして、攻守ところを変えるかのように、今度は自分が上になる。「て、みなみさん……」 セフレの受付嬢と同様、僕もまた下着姿になっていた。 股間を包むボクサーパンツは、先ほどからパツンパツンに張りつめている。 出会い系アプリのハピメで出会った受付嬢と持てた今の時間が幸せで、下着の布を押し上げてちんちんが痛いほど亀頭の形を浮きあがらせている。 受付嬢は、俺の足の間に身を起こした。両手を自分の頭にやる。ヤリマンの受付嬢はアップにまとめていた髪を、初めてはらりとほどいてみせる。「うわあ……」 艶めかしい闇の中に、黒髪をほどいた受付嬢の姿が匂いやかに浮かんだ。 いつも職場で見せる凜としたたたずまいはそのままに、一気に女らしいセクシーさが増し、俺はたまらず鳥肌を立てる。
「よかったら……もし、よかったら、なんですけど」 面映ゆそうに、受付嬢が言った。「ミナミって、呼んでくれませんか……」「えっ」「い、いやじゃなければ……ゆうきさんが……」「あっ……」 恥ずかしさを隠そうとしたのかもしれなかった。セフレの受付嬢は両手を俺に伸ばすと、股間を包んでいたボクサーパンツを一気にズルッと脱がしていく。 ──ブルルンッ!「うおおお……」「はうう……」 ようやく楽になったとばかりに、完全に勃起したおち○ちんが雄々しくしなりながら露になった。 すぐそこに橋本奈々未激似の受付嬢がうずくまって見てくれているかと思うと、気恥ずかしさを超越し、ちんこがビクビクと喜悦の脈動をしてしまう。 いや、そんなことより──。(俺のこと、今「ゆうきさん」って) 初めてそう呼んでもらえたことに、俺は甘酸っぱく胸を締めつけられた。 しかも──。「ああ、美海さん……」 とうとう名前で呼ぶことまで許してもらった。俺はしびれる思いでうっとりと、少し照れながらいとしいその名を口にする。「………」「……あっ。い、いいんですよね、そう呼んで」 名前を呼ぶと、20代の受付嬢は闇の中で固まったようになった。不安になった俺は、頭を上げてヤリモクの受付嬢にたしかめる。「ご、ごめんなさい」 するとヤリマンの受付嬢は、我に返ったようになってかぶりをふった。背中まで届くストレートの黒髪がサラサラと揺れ、甘い匂いを虚空にふりまく。「いけない……女ですね……」「……えっ?」「今、ドキドキしてしまいました……」 せつない声でそう言った。セフレの受付嬢は困ったように美貌を歪め、俺のチン○ンをそっと握る。「うわあ、か、ミナミさん……」「結婚しているのに……ゆうきさんとこんな風に……でも……でも……」「あああ……」 受付嬢はしこしこと、僕のチンポをしごきはじめた。 ぎくしゃくと拙い手淫ではあるものの、熱っぽく、いやらしさを感じさせるのは、脳内麻薬が感じさせる錯覚であろうか。「だめなのに……幸せな気持ちになってしまいます……」 俺のおち○ちんをしごきながら、受付嬢は言った。「美海さん。おおお……」「私なんかを、いっぱい舐めたり愛したりしてくれるゆうきさんに……いけないことなのに、心が……心がとっても……ほっこりしてしまって……」「うわあ……」 ──れろん。れろん。 ついにセフレの受付嬢は前屈みになった。チン○ンをしごきながら、ねろんと亀頭に舌を這わせる。その途端、カリ首の先から全身に、火花の散るような電撃がはじけた。「か、美海さん。気持ちいい……」「いけない女です……でも……でも……ゆうきさんにしてあげたい……」 可愛らしい受付嬢はいよいよピチャピチャと、おちん○んへのフェラチオを本格化させた。 セックスフレンドの受付嬢はローズピンクの舌を突きだし、肥大した亀頭を右から、左から、また右からと、夢中になって舐めしゃぶる。「くうぅ、美海ちゃん……」 僕は枕から頭を上げ、恍惚としながら20代の受付嬢を見た。「信じられない。美海さんがフェラをしてくれているなんて」「あ、あんまり……気持ちよくないかもしれませんが……んっ……」 ピチャピチャ、ちゅぱちゅぱと、闇の中に響くスタイルのいい受付嬢のフェラ○オの汁音は、尻上がりに粘りと音量を増していく。 ち○こにおぼえる得も言われぬ快感も、それにあわせてじわじわと、さらに強いものになってくる。 ザラザラとした受付嬢の舌は、たっぷりの唾液をまつわりつかせていた。
 受付嬢の舌先が亀頭に押し当てられ、マッチでも擦るような荒々しさでねろんとぎこちなく跳ね上げられる。 そのたびに、甘酸っぱさいっぱいのエクスタシーが火の粉を噴いた。まるで亀頭が熾火のように真っ赤に焼けていく心地になる。「き、気持ちいい。気持ちいいです、みなみちゃん。ほんとに……」 チンチンに感じる淫らな快さに耽美なしびれをおぼえながら、僕は声を震わせた。sexフレンドの受付嬢にフ○ラしてもらっていると思うだけで、はっきり言って今にも暴発しそうである。「お世辞じゃ、ないですか……? んっ、んっ……こういうこと……ほんとに、たいして経験が……でも……」 恥ずかしそうな、か細い声でセフレの受付嬢は言った。僕を見上げる受付嬢の涼やかな瞳が、闇の中で淫靡にきらめく。「……えっ?」「こうすると……もっと、いいんでしょ? んっ……」「わわっ」「むんゥ……ンンぅ、ムンゥゥ……」 ──ズズッ。ズルズル、ズズッ。(信じられない) 僕は完全に浮き立った。 淡い期待はあったものの、まさか本当に現実のものになるなんて。 爆乳の受付嬢は小さな口を、必死になっていっぱいに開けた。オチ○チンを頭から、鵜にでもなったかのようにパックリとまる呑みする。「んんぐゥ、んんんっ……」「うおお、みなみちゃん……」「こう、ですよね? こうすると……男の人はいいんですよね。んっ……」「うわあ……」 ──ぢゅぽぢゅぽ。ピチャ。ぢゅぽ。 とうとう受付嬢は、自ら淫らな啄木鳥になった。 まえへうしろへ、またまえへと、受付嬢はぎこちないながらもいやらしいしゃくりかたで小顔を振る。 奇麗な受付嬢のぬめりにぬめった口腔粘膜の筒が、亀頭と棹に密着していた。そんなヌルヌルした粘膜がカリ首と棹を擦過して、前後にせわしなくピストンされる。「うお、おおお……みなみちゃん……」「か、感じて、ゆうきさん……あまり、上手じゃなくてごめんなさい。んっ……」 なにしろおち○ちんをほおばったままなので、パイパンの受付嬢の言葉はかなりくぐもっていた。しかしそれでも心からの思いは、とてもリアルに感じられる。 その上──。「ムンぅ……ぢゅ……」「わあ、舌まで……き、気持ちいい……」 セックスフレンドの受付嬢は舌までくり出して、うずく亀頭を舐めころがした。 大きな飴を舐めとかそうとでもするように、必死になってコロコロと、カリ首を丹念に舐めたてる。「むんぅ、んっんっ、んむうぅ、僕、さん……あうう、大きい……」 自らほおばっておきながら、チ○ポの野太い迫力に目を白黒させていた。 それでも巨乳の受付嬢は懸命に、艶めかしい汁音を響かせてフ○ラチオをつづける。そんな20代の受付嬢の一途な姿に、僕は天にも昇る多幸感をおぼえる。「お、おっきくなっちゃいます、ミナミちゃん。南ちゃんのことが大好きで……そんなミナミちゃんに、おちんちんをしゃぶってもらえているかと思うと……」「はうう……ゆうきさん……少しでも、よくなって……んっんっ……私なんかの、へたくそな舐めかたでもいいのなら……んっ……」「あああ……」 20代の受付嬢のフェラは、さらにエロチックな生々しさを増した。ねっとり感がいちだんと強くなったとでも言ったらよいだろうか。 亀頭にまつわりつく橋本奈々未激似の受付嬢の舌は、まるで吸いついてくるかのようだった。いっときだって離れないわとでも言うかのように、絶え間なく鈴口に絡みつき、舐めまわし、転がして、包みこんでは締めつける。(うおお……) 激カワの受付嬢のフ○ラチオは技巧とは無縁ながらも、愛情溢れる舐めっぷりだった。 俺はいちだんと昂ぶっていく。気を抜けば、このまま達してしまいそうだ。 だがそんな間抜けなまねはできなかった。「ミナミちゃん……」 僕はベッドから上体を起こした。巨乳の受付嬢の小顔を両手に包み、ゆっくりとおち○ちんをそこからはがす。 ──ちゅぽん。「はああぁん……」 ぽっかりと空いた巨乳の受付嬢の朱唇から、大量の唾液が溢れだした。粘つく唾液はセフレの受付嬢の白い顎を伝い、糸を引いてネバネバとベッドシーツに滴っていく。「ゆうきさん」
 
出会い系アプリでの清楚な受付嬢とのタダマンエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓























































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系ヤリモク】清楚な受付嬢と即はめsex

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex