deaisex_novel

【出会い系セフレ】美人の巨乳キャンギャルと中出しセックス


 
この記事を最初から読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系セフレ】松村沙友理似のキャンギャルとオフパコsex
 
 巨乳のキャンギャルの言葉に、俺はうろたえた。「お願いです。彼女のこと思いださないで。今だけ……今だけ私を、もっといやらしい目でいっぱい見つめて……」「くうぅ、麻衣ちゃん……麻衣さん」「あっはあああ」 とうとう僕はスラックスにつづき、セフレのキャンペーンガールのパンティを一気に股間から下降させた。 まるまったパンティはクシャクシャになり、太腿から膝、膝から脹ら脛、足首へと降りたかと思うと、ついに爪先から完全に毟られる。(ゆうきさん……)  僕はセフレのキャンギャルにつづき、自分もスラックスと下着を脱いで下半身をむきだしにする。「はううッ。チ、ゆうきさん……」(うう、いや。いやッ……) まる出しになった僕の股間からは鹿威しさながらの勢いで、あの大きなおちん○んが天を向いて棹を震わせた。 それを目にしたセックスフレンドのキャンペーンガールは驚いたように息を飲み、艶めかしい声を上げている。 (ゆうきさんの、オチン○ン……) 「あぁぁン、ゆうきさんぅンン」「くぅ、舞ちゃん。い、挿れるよ……挿れるからね」 いよいよ俺は、キャンギャルのおま○こにおちん○んを挿入しようとした。テーブルの上にセフレのキャンギャルを仰臥させ、あられもない大股開きにさせている。 キャンギャルの股間に秘め咲くマンコは、すでにいやらしく開花していた。そんな可愛いキャンギャルのまえで体勢をととのえる。腰を落とし、ググッと踏んばった。猛るペニス角度を変え、肥大した亀頭でグチョグチョと、ビッチなキャンギャルのマンコを上へ下へと熱烈にあやす。「はあぁん、はあああぁ……」「おおお……」
 セックスフレンドのキャンギャルのま○こは、思いがけない眺めであった。 色白のやわらかそうなヴィーナスの丘いっぱいに、黒々とした秘毛がもっさりと生え茂っている。 清楚なキャンギャルの美貌からは想像もつかなかった見事な剛毛ぶり。股の付け根にびっしりと密生する黒い縮れ毛は、マングローブの森を彷彿とさせた。 だが肝心のおまんこの割れ目のたたずまいは、いかにも清楚なキャンペーンガールらしい可憐さだ。 縦に裂けたオマンコは小ぶりで幼い。へたをしたら、まだミドルティーンぐらいの少女の持ちものを連想させる。 ゴムおまんこのぬかるみ具合こそ豊潤で、すぐにも合体OKというような状態だったが、そうしたおま○このあどけなさにも、俺は改めて罪の意識をおぼえた。 しかしもう、こんなところでやめにすることはとうてい不可能だ。「ううっ。いいんだね……挿れるからね」 ──グチョグチョ。ヌチョヌチョ、ヌチョ。「はうう、ゆうきさん……い、挿れてください」「舞さん……」「好きにして……あっあっ、はああぁ……今夜だけ私を、ゆうきさんの一番の女にして」「くうぅ……」 キャンギャルのあまりのかわいらしさに、すぐにもザーメンを暴発してしまいそうだった。 グッと奥歯をかみ、アヌスホールをすぼめる。もう一度腰を落として踏んばりなおした。 左右に開かれた20代のキャンギャルの美脚を、さらに大胆なM字開脚姿にさせる。突きあげるかのようなアングルで、仰臥する激カワのキャンギャルのオマンコにズブッとおちんちんを突きいれた。「うああああ」「うおっ、うおお……」 チ○ポが飛びこんだおま○こは、入口と同様たっぷりのぬめりに満ちていた。 しかも驚くほど狭隘で、膣圧もすごい。潜りこんできたお○んちんを押しかえそうとするような圧力で、それ以上の侵入を阻もうとする。「くうぅ、麻衣ちゃん……」「はうう……い、痛い……」(えっ) 思いもしなかったセックスフレンドのキャンギャルの言葉に、俺は虚をつかれた。思わず動きを止め、巨乳のキャンペーンガールの美貌をまじまじと見る。「あの、痛いって、まさか」「いや、抜かないで」 反射的に腰を引きかけた。そんな僕の動きを察したのだろう、ヤリマンのキャンペーンガールはあわてて頭を上げ、懇願の表情でかぶりをふる。「舞さん……」「そ、そのまま挿れてください。ゆうきさん、全部挿れて」「でも」 俺はオチ○チンとま○この結合部分に目をやった。ミチミチと限界を超えてひろがった感じのオマ○コの穴から、目にも鮮やかな破瓜の鮮血が滲みだしている。(そんな……)「入れてください、ゆうきさん。彼女とエッチするときに絶対にすること、私にもして。お願い、やめないで。全部、奥まで……お願いです」「くぅぅ……」「お願いです、お願い」「あ、舞さん」「あっ……あああああ……」 ──ヌプッ。ヌプヌプヌプッ。 キャンペーンガールに身体を揺らして哀訴され、拒絶することはできなかった。俺はパイパンのキャンギャルに乞われるがまま、ふたたび腰をまえへ、まえへと進めていく。「ひいィ、い、痛い……痛いよう……」「舞さん」「だ、だめ、やめないで。痛くてもいいんです。挿れてください。全部挿れて……ゆうきさんの女になったんだって……夢でもなんでもないんだって、感じさせて」「ぬう、ぬうう……」 悲愴な声に背中を押され、罪悪感にかられながらも腰を進める。 まさかセフレのキャンペーンガールが処女だっただなんて、事前に気遣ってやることもできなかった。 今どきの女のこと。しかもこれだけの愛らしさである。sexフレンドのキャンギャルは自分から誘うようなまねまでしてきたのだから、男性経験のひとつやふたつ、とっくにあるのだろうなどと勝手に思っていた。 それなのに──。「はうう……ああ、あああ……」「い、痛いかい、まいちゃん。どうして、こんなこと……」
 とんでもないことをしてしまったのではあるまいかと途方にくれながら、とにもかくにも根元までオチ○チンを埋没させた。 破瓜の血を滲ませる清楚なキャンギャルのマンコを見ると、暗澹たる思いはいっそう強くなる。「うお、うおお……」 だが、慄然とするような狭隘さとともにムギュムギュと極太を絞りこんでくるのも、初々しさ溢れるキャンギャルのマンコだ。 甘酸っぱくオ○ンチンを揉みほぐされ、ゾクリと鳥肌が腰から背筋に駆けあがった。 俺はあわててお尻の穴をすぼめる。搾りだされた先走り液が、キャンギャルのまんこにドロッといやらしく粘りつく。「ううっ、痛くても……いいんです……」 sexフレンドのキャンギャルは声を震わせて言った。きれいなキャンギャルの美貌はそれまで以上に紅潮し、熱でも出たようにぼうっとなっている。「舞ちゃん……」「初めての人が……ゆうきさんでよかった……」「えっ」「これで……お嫁に行けます。ねえ、動いてください、ゆうきさん。遠慮しちゃいや」 潤んだ瞳で娘はねだった。 sexフレンドのキャンギャルは恥じらいながらも煽るように、くなくなとその身をくねらせさえする。「くう、麻衣さん……」「お願いです、気持ちよくなって、私の身体で。すぐに忘れていいですから。でも今だけは……私の身体に夢中になって」「おお、麻衣ちゃん、舞さん」「ひはっ」 ──ぐぢゅる。ぬぢゅる。「ヒイィン、痛い……」「えっ」「い、痛くない。痛くないもん。もっと動いて。もっとして……あああ……」「くうぅ。くううぅ……」 俺は胸を痛めた。20代のキャンペーンガールが本音を押し殺し、俺に身体を捧げているのは火を見るよりも明らかだ。 しかし俺は、もはや動きを止められない。 なんとかわいい娘。なんとかわいらしいキャンギャルの女心。 してはいけないことをしているのだとは思いつつ、カクカクと前後にしゃくる腰使いには、次第に獰猛で熱っぽいものが滲みだす。「ああっ。あっあっ、はあぁ……」「へ、平気かい。痛くない?」「そんなこと聞かないで……乱暴に扱っていいんです……あっ、ひぃ、ひいいぃ」「うう、舞ちゃん……」 セフレのキャンギャルに痛い思いをさせるのは本意ではなかった。だが──。「くうう、麻衣ちゃん……ごめんね……俺、気持ちいい……」 それは、決して世辞ではなかった。心からの正直な気持ちだ。 挿れても出してもお○んちんのカリ首が、ヌメヌメした膣ヒダと窮屈に擦れあう。そのたび火の粉が散るような、強い電撃が亀頭から頭へと突き抜け、脳髄を酩酊させる。「あっあっ……はうう、チ、ゆうきさん……もっと言ってください……」 僕の抜き差しに、みずみずしさいっぱいのオマンコを捧げながら、夢見るような声で巨乳のキャンギャルは言った。「えっ」「もっと言ってほしいです。気持ちいいって。キャンギャルのオマンコは最高だって……あっ、ああ、あっあっ……はああぁ……」「あ、舞ちゃん……」(少し、声の感じが変わってきた……) 僕はキャンペーンガールの艶めかしい変化にゾクゾクとした。 変わってきたのは声だけではない。膣奥深くまでちんこを突きこむたび、巨乳のキャンギャルが返す反応も、次第に妖しいいやらしさを露にしはじめている。「はうう、ゆうきさん……あっあっ、ああぁん……」「はぁはぁ……はぁはぁはぁ……麻衣さん……」 ピストンをはじめた当初のような硬さが陰を潜め、エロチックでねっとりとした生々しさが次第に色濃くなっていた。 キャンギャルのくねる肢体にも匂うような官能味が増し、ついさっき処女を散らしたばかりだとは思えないような猥褻さがある。 やはりセフレのキャンギャルは、本質的に好色な体質なのかもしれなかった。
 固い殻から抜け出せずにいる花映をぼんやりと心に蘇らせながら、僕はついそんなことまで思う。「はっ、はうう……あっあっ……はあぁ、はああぁ……ゆうきさん……あン、ゆうきさんぅ」「はぁはぁ……あ、マイさん……」「や、やだ、私……あン、ちょ、なに、これ……あっあっ、はあぁ、はああぁ……」「うおっ、うおおお……」 尻上がりに乱れていくパイパンのキャンギャルの喘ぎ声に、僕もまた昂ぶらされた。 綺麗なキャンギャルは身も蓋もないガニ股開脚を強いたまま、白い内腿にグリッ、グリリッと、いっそう強く十本の指を食いこませる。 口の中いっぱいに甘酸っぱい唾液が湧きはじめた。歯茎がうずいてカチカチと歯が鳴る。おちんちんとヒダヒダが擦れあうたび、おびただしい量の火の粉が散った。身悶えするように紅蓮の炎が、キャンペーンガールの女体で揺れなびく。「あん、ゆうきさん……やだ、私……あの……あの──」「いいんだ、まいさん。怖がらないで……そのままでいいんだ」「きゃひぃ」 ──パンパンパン! パンパンパンパン!「うああああ。あっあっあっ、あぁン、ゆうきさん……ゆうきさんぅぅ。あああああ」 ついに俺のピストンは、ラストスパートの激しさへとエスカレートした。 尻を振って暴れるスリムなキャンペーンガールの内腿に体重を乗せる。怒濤の抜き差しでヌチョヌチョと、松村沙友理似のキャンギャルのおまんこの奥深くまで亀頭を埋めてはすばやい動作でそれを抜く。「ひいぃん。ひいいいぃ」 抜き差しをくり返すオチン○ンには、白濁した淫液と破瓜の鮮血の両方が付着していた。 ネバネバと混濁しながらオチンチンにまつわりつく蜜と鮮血は、ヨーグルトとイチゴエキスの甘酸っぱさを思わせた。 上へ下へとパイパンのキャンギャルの女体を、僕はズンズンと揺さぶった。そんな動きに煽られて、キャンギャルのたわわな巨乳のオッパイがたゆん、たゆんと円を描いていやらしく揺れる。「ヒイィン、ひいいいぃ。あっあっあっ、うああああ。ゆうきさん、なにこれ……やだ私……か、感じちゃう。感じちゃうンン」「おお、マイちゃん。もうイクよ……」 耳鳴りの音が一気に高まり、潮騒さながらの響きを帯びた。陰のうで煮こまれた精子が、おちん○んの真ん中を轟音とともにせり上がる。「舞ちゃん。オマンコ気持ちいいよ」 もっと言ってほしいというキャンペーンガールのリクエストに応え、卑猥な言葉を口にした。射精間近のカリ首を、狂ったように松村沙友理激似のキャンギャルのぬめるマ○コに擦りつける。 ──グチョグチョグチョ。ヌチョヌチョヌチョ!「はうう、ゆうきさん。ゆうきさんぅンン。はあああぁ」「最高のお○んこだ。こんな素敵なお○んこ、俺、きっと一生忘れられない」 心からの思いを口にした。 するとセフレのキャンギャルはますます昂ぶり、くなくなと艶めかしく肢体をのたうたせる。(ああ、もうイク!)「うああ。ゆうきさん、好きでした。大好きだった。大好きだった。ああああ」「気持ちいいよ、マイさんのオマンコ。ほんとに、ほんとに。ああ、イク……」「うあああ、ゆうきさんうぅ。あああ。あああああ」 ──びゅるる! どぴゅどぴゅ! びゅぴゅぴゅっ! ついに僕は精液を爆発させた。 松村沙友理似のキャンギャルのまんこの奥深くまでねじりこんだちんぽが、ドクン、ドクンと強く雄々しく脈動する。 そのたびしぶく勢いで、大量のスペルマが松村沙友理激似のキャンギャルのおめこの奥に中出しされた。飛び散るザーメンはビチャビチャとキャンペーンガールの子宮を音を立てて穢していく。「はう……はうう……チ、ゆうきさん……んはああぁ……」 もしかして松村沙友理似のキャンギャルもまた、軽いアクメに達してくれたのか。 セフレのキャンギャルは僕の中出ししたザーメンを受け止めつつ、ビクン、ビクンと火照った肢体を、甘く、せつなく痙攣させる。「麻衣ちゃん……」 吐精をつづけながら、そんなセックスフレンドのキャンギャルを見下ろした。「ああ、温かい……精子……ゆうきさんの……いっぱい……いっぱい……あああ……」 淫らにとろけきった、エロチックな顔つきだった。セフレのキャンギャルは肢体を震わせて、初めて体験するsexの悦びに恍惚となる。(……うん?) そうした清純なキャンギャルの膣内に、濃厚な精子をなおもどぴゅどぴゅと中出ししながらだった。 ドクン、ドクンとおちん○んを心の趣くままに脈打たせる、卑猥な悦びに俺は溺れた。 ありがとう。そして、いつまでも元気で……。 僕は心で感謝をし、なおもとろけきる巨乳のキャンギャルを感傷的な思いで見た。
 
出会い系サイトでの松村沙友理激似のキャンギャルとの中出しsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓








































 
今回可愛らしいキャンペーンガールと即オフパコエッチ出来た出会い系はPCMAXです。
 
なおピーシーマックスを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないといますぐエッチできるかわいらしい女と出会ってセフレにしてタダマンセックスできませんので、PCマックスに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
PCMAXのような出逢い系マッチングサイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトPCMAXの詳細はこちら
 
※PCマックスは18歳未満は登録できません。

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex