deaisex_novel

【出会い系エロ】ヤリモクの爆乳受付嬢と即やりsex


 
この記事を最初から読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系ハメ撮り】爆乳の受付嬢と中出しsex
 
「今度は、俺がミナミちゃんの……マンコを舐めてあげます」 わざと、そのものズバリの品のない言い方で俺は言った。「ああ……そんな、いやらしい言い方……」 案の定、セックスフレンドの受付嬢は恥ずかしそうにかぶりをふる。しかし俺は見逃さなかった。同時に巨乳の受付嬢はブルッと肢体を震わせた。(興奮してきてくれたのかな) いやでも淫らな期待が増した。 受付嬢は自分から男のオチン○ンまでしゃぶってみせてくれたのだ。橋本奈々未似の受付嬢は前回よりリラックスしてくれているはずだった。恍惚神経が鋭敏になってくれているといいのだが……。「ほら、脱がしますよ……」「はうう……」 僕はそう宣言し、受付嬢をベッドに仰臥させた。まずは受付嬢のブラジャー、つづいてパンティを、やさしく、けれど有無を言わせず、受付嬢の肉体から奪っていく。「はああぁ、ゆうきさん……」「おおお……」 闇の中に姿を現したのは、硬質ながらも艶やかなエロスを放つ、sexフレンドの受付嬢の裸身だった。 出るところが出て引っこむところが引っこんだ極上のダイナマイトボディは、コーラのボトルを思わせる。むちむちと肉感的でありながら、セフレの受付嬢はスタイルの良さにも恵まれていた。もっちりとしつつも長く形のいいヤリマンの受付嬢の美脚はため息が出るほどのセクシーさだ。 しかもどうだ、セックスフレンドの受付嬢の胸元にこんもりと盛りあがる、たわわな巨乳のおっぱいのボリューム感は。 小玉スイカさながらのまるみと大きさを見せつけて、先っぽにあるピンクの乳首を、なんとも魅惑的にしこり勃たせている。(た、たまらない) 本来なら今夜もまた、時間をかけてたっぷりと受付嬢の全身を舐めまわしてやりたいところだった。しかし不覚にもフェラの気持ちよさに負け、心も身体もすっかり余裕をなくしている。「みなみさん、見せてください。今夜も美海ちゃんの、いやらしいまんこ」 引きつづき、下品な言葉で清楚な受付嬢を刺激してやろうとした。本来が真面目でウブな分、下品な卑語はセフレの受付嬢を昂ぶらせる必殺の媚薬になるかもしれない。 一歩間違えば、ドン引きされる危険もあったが……。「はうう、ゆうきさん。は、恥ずかしい……」「見せてください。ああ、みなみちゃんの股間から甘酸っぱくていやらしい匂いがする」 僕は言いながら、閉じようとするスレンダーな受付嬢の両脚を開かせようとした。「きゃああ」 キュッと締まったセックスフレンドの受付嬢の足首をつかみ、赤ん坊におしめを替えさせるような姿にさせる。とまどうセックスフレンドの受付嬢に有無を言わせず、ガバッと大胆なガニ股姿を強要する。「ああぁン、だめえぇ……」「うおお、ミナミさん」 恥じらうビッチな受付嬢が隠そうとしていた、マンコがさらされた。闇の中ではあるものの、それに慣れた目には鮮明に扇情的なおま○こが見える。(おお……) 俺はグビッと唾を呑む。くぱっと開いた橋本奈々未似の受付嬢のまんこはまださほど濡れてはいなかった。縦に裂けた唇のようなオマンコの割れ目いっぱいに、ローズピンクの粘膜が存在感を主張する。 受付嬢の牝唇は、見られることを恥じらうように何度もいやらしくひくついた。「くうぅ、エ、エロい。エロいです、南さん」 ハレンチな眺めに、俺は浮き立った。 セフレの受付嬢になおも下品なM字開脚を強いたまま、いても立ってもいられないとばかりに、その股間に性急な動作でむしゃぶりつく。「んああああ」「うおおっ、ミナミちゃん……」 その途端、受付嬢の喉からほとばしったのは、虚をつかれるほど取り乱した喘ぎ声だった。受付嬢が見せてくれるあだっぽい進化に、俺のペ〇スはますますいきり勃つ。「はぁはぁ……ミナミさん。興奮する……」 ──ピチャピチャ。れろん。れろれろ。「はああぁ……やっ、ちょ……は、恥ずかしい……私ったら、なんて声……」「いいんです、恥ずかしがらないで。ああ、みなみちゃん。んっんっ……」「はあぁン。あん、いやン。あっ……はあァ……」
 橋本奈々未似の受付嬢は「私ったら」と何度か恥じらい、そのたび取り繕おうとした。 しかしそんな必要はまったくないのだ。感じてくれたほうが俺はうれしい。「ああ、いい匂い……ミナミちゃんのまんこ、オレンジみたいないい匂いが。ん……」「はあぁ。あン、いや……そんなこと言わないで。はああァ……」 俺は卑語を言いながら、受付嬢のぬめるおまんこをなおも舌でねちっこくほじった。猫がミルクを舐めるような、秘めやかな音がピチャピチャと響く。「や、やん……いやッ、ああ、そんな……あああ……」(間違いない。このまえより感じてくれている) おめこを舌であやすたび、ビッチな受付嬢が返してくれる生々しい反応に舞いあがった。 まだまだ控えめではあるものの、それでもずいぶんsexフレンドの受付嬢としては感度が鋭敏になっている。しかも、恥じらいながらもそのことを俺に露にしてくれているのがなによりうれしい。「ああン、いやン、どうしよう……ゆうきさん……ハアァ……」「はぁはぁ……美海ちゃん、なんていやらしいオマンコ……でもうれしいです。南ちゃんのまんこがこんなに気持ちよさそうに……最高です。うれしい。うれしい」「はああぁ、はあああぁ……」 俺は舌を飛びださせ、ひたすら一心にぬめるまんこの割れ目を舐めてこじる。 品のない卑語は、幸運にもセフレの受付嬢をいちだんと取り乱させてくれているようだ。 いやらしい言葉が鼓膜にねちょりと刺さるたび、困ったように美貌を歪めながらも、ヤリモクの受付嬢は艶めかしく、火照った女体をのたうたせる。 これなら大丈夫そうだと僕は確信した。 悶えるセフレの受付嬢に覆いかぶさり、アイコンタクトで意思を伝える。「はうう……」 するとセフレの受付嬢は、思わず顔を背けようとした。しかしすぐさま思いとどまったかのように、僕の首に両手をまわす。自ら熱っぽくキスをした。 ありったけの勇気を奮い起こした行為に思えた。俺はうれしさのあまり、チュッチュとベロチューされるたび、甘酸っぱくオチンチンをうずかせる。「挿れますよ、南ちゃん……」 ヤリマンの受付嬢の身体の位置をずらし、挿入の体勢をととのえる。鋼のように反り返ったチン○ンはヤケドしそうな熱さに満ちていた。 ち○こを手にとって角度を変える。恍惚神経をむきだしにしたような感度最高のカリ首を、あやすようにして受付嬢のスリムな受付嬢のマンコに、クチュッと押しつける。「ああン……」「い、いいですね」 もう一度、スタイルのいい受付嬢の意志をたしかめた。ヤリマンの受付嬢は恥ずかしそうに視線を逸らし、瞳を揺らめかせる。けれど覚悟を決めたかのように、僕の裸身をかき抱いた。「ああ、美海ちゃん」 それが合図だった。僕はそっと腰を突きだす。 ──にゅるる。「はああぁん」「うわっ……んおお……」 思いのほか軽々と、という言葉がふさわしかった。うずくちんちん猛りはセフレの受付嬢のお○んこの狭間に、苦もなくぬるっと飛びこんでいく。「くう、ミナミさん。ああ、うれしい……」 ──ヌプッ。ヌプヌプッ。「あっ。あっあっ、いやッ……だめ……はうぅ……」 痛みを感じない程度には、なんとか潤っているだろうと思っていた。チンポをヌプヌプと埋めこむと、セフレの受付嬢は恥じらい、身悶える。「い、いやっ。見ないでください……そんな近くで……ひううっ……」 正常位の体勢でひとつになるということは、相手の顔を間近で見るということだ。だがヤリマンの受付嬢はいやいやと激しくかぶりをふり、俺の視線にせつなくとまどう。「み、見ちゃいますよ、ミナミさん。俺のチンチンをマ○コに挿れられた、ミナミちゃんのきれいな顔……だってこんな南ちゃん、今しか見ることができないんです」「ああ、い、いやン、そんな……あああ……」 恥じらう受付嬢が、いとおしくてならなかった。 しかも今のところ、卑猥な言葉責めはなんとか功を奏している。セフレの受付嬢がもっと感じてくれと心で祈りを捧げながら、僕は膣奥深くまで、ズブズブとちん○んを埋没させた。「はうう、ゆうきさん……」「やっと……ひとつになれました……」 チ○チンとオマ○コを深くねっとりとつなげあったまま、俺はうろたえる受付嬢を見た。 前髪をそっと撫であげて、かわいいおでこをまるだしにさせる。「はうう……」 熱っぽくチュッとディープキスた。 20代の受付嬢は緊張しながらも、どこかうっとりとした顔つきで両目を閉じる。
「こ、これで……」 やがて、声を震わせて受付嬢がささやいた。「……えっ?」「………」「ミナミさん?」「……これで……もう私……文句は、言えませんね……」「ううっ、南さん」「ああ……」 受付嬢をいとしいと思えば思うほど、獰猛な性欲に歯止めがかからない。 セフレの受付嬢のむちむちと肉感的な肢体を抱きかえした。爆乳の受付嬢は感極まったように背筋をしならせ、官能的な吐息をこぼす。薄桃色に火照った橋本奈々未激似の受付嬢の裸身からは、汗の微粒が滲みだしていた。肌と肌とを密着させれば、湿りを帯びた餅肌がしっとりと僕に吸いついてくる。「ミナミちゃん。愛しています。愛してる」 ──ぬちょっ。「はあうぁ、け、ゆうきさん……あっ、あああっ……」 いよいよ俺は腰を使いだした。チン○ンとオマンコの擦れあう部分から、ほんのわずかにエロチックな粘着音がする。その音を、20代の受付嬢も聞いてくれただろうか。「少しずつ濡れてきていますよ、美海ちゃん。あなたは不感症なんかじゃない」 万感の思いで僕は訴えた。まえへうしろへ、まえへうしろへと動かす腰にも、尻上がりに雄々しいワイルドさが加わる。「ああん、ゆうきさん……あっ、あああン……」「美海ちゃんのこと、不感症だなんて失礼なことを言った、どこかの誰かは大ばか野郎です。こんな素敵な女性なのに……ああ、南ちゃん。マ○コ、気持ちいい」「い、いやです……そんなこと言わないで……」(感じてる。エッチな言葉に感じてる) sexフレンドの受付嬢の反応に俺は浮き立った。「だって、オマ○コ気持ちいいんです。ああ、美海ちゃんのお○んこだ。おま○こだ」「いや、言わないで。恥ずかしい……あっあっ、あああ……」(感じて。もっと感じて)「はああぁン……」 カクカクと腰をふり、セフレの受付嬢のぬめるおめこをチ○チンでかきまわした。セフレの受付嬢のま○こはぬちょり、ねちょりと、粘りを増した淫らな音を尻上りに響かせはじめる。(いいぞ。濡れてきた) 俺は歓喜に打ちふるえる。ち○ちんにおぼえる膣の感触は、ひと抜きごと、ひと差しごとに、卑猥なほぐれ加減を変えた。じわじわと不埒な粘り汁の量が増し、膣ヒダとオチ○チンの間に何層にも膣液の壁が厚さを増していく。(いいぞいいぞ)「きゃうぅん……」 俺は両手でおっぱいをせりあげた。もにゅもにゅと、ねちっこい揉み方で橋本奈々未似の受付嬢の巨乳の胸をまさぐりながらしこった乳首にむしゃぶりつき、舐めたり吸ったり転がしたりする。「ひぃぃン、ゆうきさん……ああ、だめぇ……」 僕のネチネチとした乳揉みとおまんこ掘削に、受付嬢はいっときも休むことなく身悶えつつ、羞恥に震えてせつなくよがった。 そんなスレンダーな受付嬢が、どうしようもなく俺はいとおしい。出会い系アプリのハッピーメール(happymail)で出会ったセフレが、こんなかわいい素顔をさらけ出してくれているかと思うと、まさに男冥利につきた。「あっあっ……はう……や、やだ……私……えっ、えっえっ……はあぁ……」「おお、美海ちゃん……」 カリ首でヒダヒダをかき毟り、受付嬢のおめこの最奥部の子宮口をズンズンと突いた。歓喜と興奮を露にした怒濤のピストンに、奇麗な受付嬢もいちだんと妖しい官能を露にする。 ──ぐぢゅる。ぬぢゅ。「い、いや。いやあ……」 ──ぐちょ、ぐちょ。ずちょっ。「ミナミちゃん。聞こえますか。マンコからエッチな音が」 おち○ちんが攪拌するおまんこは、いよいよ艶めかしい汁音を立てはじめた。「ちょ……えっ。や、やン、ゆうきさん……ああ、待って……んはああぁ……」「感じてくれてるんですね。ああ、うれしい。くうう、まんこ気持ちいい。もうだめです。イッちゃいます。俺……もうイッちゃいますよ」「ひいぃん、ゆうきさん。あっーー」 ──パンパンパン! パンパンパンパン!「あああ。ちょ、やン、ゆうきさん。ああ、な、なにこれ……なにこれ。あっはあ……」 ビッチな受付嬢の愛くるしい悶えっぷりに、もはや堪えがきかなくなった。
 ふたたび受付嬢のむちむちした裸身を抱きすくめると、いよいよこれが最後とばかりに腰の動きにスパートをかける。「ひぃぃん。あっああぁ」 受付嬢は明らかに動揺していた。感じているのだ。少なくとも、受付嬢の人生の中で、今が最高にセックスで感じているはずだ。 それを証拠に淫肉は、さらにグチョグチョとあだっぽい音を響かせだす。「いやッ、いやアァ……ああ、これは……んはああぁ……」「南さん。気持ちいいです。ねえ、美海ちゃんは」「いやあぁ……」 セフレの受付嬢は、そんな自分におびえていた。おびえながら、とろけるような官能に身も心も溺れかけている。「ゆうきさん。見ないで。こんな私……やだ、恥ずかしい。あああ……」「感じて。いっぱい感じて」 爆乳の受付嬢は自らも、しがみつくように抱きついてきた。そんな受付嬢の裸身は、さらなる汗を噴きださせている。巨乳の受付嬢のヌルヌルした肌が、僕の肌と擦れてツルッとすべった。 かわゆい受付嬢の乳首が僕の胸板に食いこみ、「ゆうきさん、気持ちいい」と訴えるかのように、ジンジンとせつなくうずいている。「どうしよう。あっあっ……どうしよう。放さないで。つかまえていて、ゆうきさん」「放さないよ。しっかり抱きしめていてあげる。顔も見ないから、いっぱい感じて」「あああ。うああああ」(ああ、もうイク!) 僕に抱きすくめられ、清楚な受付嬢は僕の肩に清楚な小顔を押しつけた。気持ちいいのだろう。たまらないのだろう。「あああ。ああああ」と取り乱す。取り乱してよがり泣き、そんな自分を恥じらうものの、もはやアクメはそこにある。「ああ、ゆうきさん。あああああ」「マンコ気持ちいい。ミナミちゃんのオマンコ最高だ。イクよ。もうイクよ!」 キーンと遠くから耳鳴りがした。耳鳴りの音は、地響きさながらの轟音に変わる。「あああ、ゆうきさん。いやン。いやいや。ああ、困る。ああああ」 よがり悶える清純な受付嬢の反応に、さらにエロチックな艶が乗った。汗を噴き出させる20代の受付嬢の裸体は驚くほど熱く、どこもかしこもヌルヌルしている。 ひときわヌルヌルしているのはお○んこだ。僕にとってこの世で最高のまんこだ。 ああ幸せだ──俺は泣きそうになりながら、亀頭をオ○ンコの肉ヒダに擦りつける。「あああ。ああああ」と受付嬢がのたうつ。グチュグチュと、男心を惑乱させるうれしい粘着音が高らかに響く。(もうダメだ)「ゆうきさん。ゆうきさん。ああ、私……私イイィ。ああああ」「き、気持ちいい。イク……」「あああああ。あああああああ……」 ──びゅぴゅっ! どぴゅどぴゅどぴゅ! びゅるる! 恍惚の雷が、脳天から僕を貫いた。その途端、視界がくわっと真っ白になり、衝撃が駆けぬける。 ただひたすら、気持ちがよかった。天にも昇る多幸感とともに、僕は心の赴くままビクビクとち○ちんを脈打たせる。「は……はうう……あああ……俺、さん……」 少しずつ、ようやく我に返ってきた。そんな俺の意識がとらえたのは、はしたなく自分を解放し、女の悦びに浸っている痙攣状態の受付嬢だった。「美海ちゃん。もしかして……一緒にイッてくれた……?」 叫びだしたいような喜びが、射精の快感に加わった。ペ〇スがなおも雄々しく痙攣し、さらなる精子をどぴゅどぴゅと受付嬢のマンコの奧に中出しする。「し、知らない……見ないで、ゆうきさん……ああ、どうしよう……はあぁ……」 ビッチな受付嬢の楚々とした小顔から、汗の甘露が噴きだしていた。甘ったるい汗の香りに、発情した受付嬢の体臭が入り混じる秘めやかな芳香が、湯気のように立ちのぼる。 俺は全能感をおぼえた。なにがあっても怖くないとすら思えた。 艶めかしい痙攣をつづける受付嬢を、改めてそっと抱きしめる。 受付嬢はそんな僕に反応し、自らも俺にしがみついた。 汗みずくの巨乳の受付嬢の痙攣を、いっそうリアルに僕は感じた。オ○ンコの奥深くまでずっぽりと、俺のおち○ちんは受付嬢の極唇に突き刺さりきっている。 ビッチな受付嬢のマンコに大量中出しを終えてもお○んちんは、なおも甘酸っぱいうずきを放った。
 
出会い系アプリでの清純な受付嬢との即やりエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓























































 
今回sexフレンドの受付嬢と即ただまんセックス出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐセックスさせてくれるきれいな女の子と出会ってsexフレンドにしてただまんエッチできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出逢い系アプリで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで分かりやすく説明していますのでご覧ください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex