deaisex_novel

【出会い系ハメ撮り】新垣結衣似の巨乳受付嬢と中出しセックス


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私はせっせと出合い系SNSで可愛らしい女の子漁りをして、即ハメセックスに励んでいます(^○^)
 
さて、今回は出会いまくれる良心的な出合い系マッチングサイトのハピメで出会った新垣結衣似のセフレの受付嬢と愛知県春日井市で会ってsexフレンドにして今すぐタダマンsexをしてきたのですが、はめ撮り写メが多く取れましたのでリポートします。
 
※この記事にはアダルトなセックスのハメ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会系SNSのハピメで出会った女の子は受付嬢で、名前は莉乃ちゃんといい、顔は新垣結衣似のものすごく美人でした(^▽^)
 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での清純な受付嬢のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハピメでの新垣結衣似の受付嬢の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
受付嬢とは、出合い系アプリのハッピーメールで知り合ってラインでやり取りした後、春日井駅近辺の洒落た串カツ居酒屋に飲みに行っていい雰囲気なったのでいつも通りラブホテルに行って即ハメsexをしました。
 
僕とヤリモクの受付嬢が愛知県春日井市の春日井駅近くのラブホの部屋に入った。するといきなり受付嬢が迫ってきた。スーツの上着をはぎ取られた僕は、ラブホテルの床に突き飛ばされた。無様にひっくり返ったところを、ヤリモクの受付嬢が腹に馬乗りになる。 巨乳の受付嬢の迫力に圧されて少しも抵抗できない。20代の受付嬢の胸がはだけ、豊かな巨乳の胸を包むブラジャーはまる見え。マイクロミニのスカートがずりあがり、パンティが見えているのも気にしない受付嬢は、僕のネクタイを奪い取った。頭の上で揃えさせた僕の手首を、それで何重にもぐるぐると縛りつける。「な、なにを!?」「あんたはじっとしていればいいの」 さらにベルトを弛められ、ワイシャツとズボンの前を開かれる。中のシャツもめくりあげられ、胸もとまで素肌をあらわにさせられた。「あら、可愛い乳首」 舌なめずりをして、セフレの受付嬢が顔を伏せる。 チュッ――。 sexフレンドの受付嬢に吸いつかれた瞬間に、甘美なわななきが全身に走った。「あうッ」 思わず下半身をくねらせ、呻きをあげてしまう。「うふっ、敏感なんだ」 受付嬢の熱くてねっとりした舌が、ピンク色の小円を舐め回す。くすぐったさが半分で、残りはあやしくも快いざわめき。「ほら、もう勃ってきた」 首をもたげて見れば、受付嬢の唾液に濡れて赤みを増した中心に、米粒みたいな突起がツンと尖っている。「気持ちいいんでしょ? もっとしてあげる」 セフレの受付嬢は再び吸いつき、右の次は左と、男の乳首を嬲り回す。同じようなサービスは風俗店でもされたことがあるが、比べ物にならない気持ちよさ。からだのあちこちがピクッ、ビクンと痙攣する。 そして、馬乗りになった受付嬢の股間が、いつの間にかトランクスの真上にきているのに気がついた。受付嬢の愛撫に欲望の血を滾らせるチ○チンに、ほんの布一枚を隔てて、柔らかな重みがかけられる。「んう……」「あ、こっちも勃ってるね」 セフレの受付嬢は面白がって腰をくねくねと動かし、恥丘を押しつけて刺激を与える。「う、あ、ああ――」「わあ、チ○ポけっこう大きいね。コチコチになってる」 可愛い受付嬢の告げる声もなまめかしさを帯びる。「お店であたしにさわってたときも、こんなふうになってたの?」 新垣結衣激似の受付嬢は酔っていたあいだのことも、ちゃんと記憶している。ただ思い出しただけなのか。それとも、やはり意図的な行為だったのか。
 
 受付嬢は俺の上からおりると、脇にお尻をついた。M字開脚でスカートの中を恥ずかしげもなく晒したまま、俺のズボンを完全に脱がしてしまう。それから、トランクス越しに勃起を握った。「うわ、ホントに硬い。ゆうきさんって40代でしょ? それなのにこんなに元気なんだ。ひょっとして、そんなに使ってないとか」 古着じゃあるまいし、使い過ぎてへたるというものではあるまい。とは言え、そんなに使っていないというのは事実であり、反論もできずに黙り込む。「ねえ、こっちも舐めてほしい?」 清楚な受付嬢はにんまりと妖艶な笑みを浮かべての誘惑。もちろんそんな挑発にのってはいけないとわかっている。わかってはいるのだが――。「あー、ほら、もうおツユがこぼれてるみたい。パンツの外まで沁みてるよ」 布越しとはいえ、敏感な部分を指の腹でヌルヌルとこすられてはたまらない。僕は思わず腰を浮かせて、「ううっ」と唸った。「ほらほら、ビクビクいってる。ひょっとして、もうイッちゃいそうなんじゃない?」 居酒屋でも、新垣結衣似の受付嬢に密着され舞に悪戯され、ずっと生殺しの状態が続いていた。巨乳の受付嬢の鬱積した肉体の不満が、ここぞとばかりに溢れ出てきたと感じる。(いや、だからって、まずい) ここで受付嬢と深い関係になるわけにはいかないのだ。「あたしのフ○ラ、気持ちいいよ。さっき乳首舐められてわかったでしょ。前の彼氏だって、三分ももたずにドッピュンしちゃってたもの」 ヤリマンの受付嬢は得意げに自慢したあと、ふいに悔しそうな顔になって唇を?む。
 
(そういえば、彼氏と別れたばかりって話だったっけ) そのことを思い出したのだろう。「ああ、もう――」 憤懣やるかたないというふうに苛立った声をあげたセックスフレンドの受付嬢は、いきなりハイヒールを脱ぎ飛ばして膝を伸ばし、俺の顔面に足裏を押しつけた。「む――」 網タイツのザラザラ感に加え、清純な受付嬢のツンと鼻の奥に引っかかる、汗じみた匂い。 今日の巨乳の受付嬢は、会社では普通のストッキングを穿いていた。退社時に穿き替えたとはいえ、一日中仕事をした汗や脂は、足にそのまま残ったのだろう。 そうと理解しつつも、受付嬢の足が臭うというのは、僕にしてみれば意外なことであった。そのため、嫌悪を抱くより前に感動を覚えた。「ほら、ちん○ん舐めてほしかったら、あたしの足を舐めなさいよ」 唇に受付嬢の爪先をぐいぐいとねじ込まれても、不思議と屈辱感がない。それどころか本当に舌を出して、網目越しに足指をねぶったのである。「ひ――」 受付嬢のほうが驚いたようで、バネ仕掛けみたいに足を引っ込めた。「……あきれた。あんた、変態なの!?」 自分からそうさせておいて、酷い言いぐさである。だが、巨乳の受付嬢はそれでまた気分を昂揚させたらしく、今度は瞳をきらめかせて足先を伸べた。「出会い系サイトのハピメで出会った変態男は、足を舐めるのがお似合いだわ」 そうして、僕が嬉々として舐めしゃぶると、受付嬢は足指をくすぐったそうに、くにくにと開け閉めする。 20代の受付嬢の饐えた匂いもストッキングに染みたしょっぱみも、すぐに気にならなくなった。むしろセフレの受付嬢の足を舐めさせられているという状況に昂りを覚える。受付嬢の皮膚の硬くなった踵にも、埃っぽい土踏まずにも、厭わず舌を這わせる。 とうとう受付嬢は、両足を俺の顔に乗せてきた。そうして好きなように舐めさせながら、再びトランクス越しにオチン○ンをいじる。「足を舐めて興奮したの? さっきよりギンギンになってるじゃない。ほら、ガマン汁もこんなにいっぱい」 清楚な受付嬢は亀頭の段差や全体の輪郭を指先で辿り、固く持ち上がった陰のうにも触れる。狂おしい悦びに僕はチンチンを幾度も脈打たせ、腰を震わせた。「そんなに舐めるのが好きなの? まるで犬ね。だったら、もっとおいしいご馳走をあげるわ」 足をはずし、清純な受付嬢は僕のからだに逆向きでかぶさった。スカートをたくし上げ、網タイツと白いパンティに包まれたヒップをまる出しにする。(わ――) 受付嬢のむっちりしたボリューム感に目を見開いたのと同時に、それが目の前に迫ってくる。「むグ――」 受付嬢の柔らかなもので顔を押しつぶされ、さすがに俺は抗った。「ほら、こっちもいい匂いするでしょ?」
 
 遠慮なく重みをかけ、受付嬢はお尻をくねらせた。 クロッチの中心に、鼻先がめり込んでいる。たしかヤリモクの受付嬢は、居酒屋を出る前にトイレに行ったはず。そのときオシッコをしたのだろう。甘酸っぱさと生ぐささの混じった恥臭に加え、ほんのりとアルコール臭も漂っている。 しかしそれらは、牡の劣情を高まらせる淫靡なフェロモン。 呼吸を確保するためもあって、俺は顔を左右にふった。敏感なところを刺激されたか、受付嬢が「ああん」と声をあげる。「やん、これだとじれったい」 腰を浮かせたヤリマンの受付嬢が、網タイツとパンティをまとめてつるりと脱ぎおろした。あらわれる受付嬢の桃のような臀部。下着の跡がなまめかしい。 だが、その眺めを堪能する間もなく、再びむっちりした重みがのしかかってきた。「ンぷッ」 受付嬢は濡れていた。汗なのか尿なのか淫液なのかはっきりとしないが、口もとにぴったりと押しつけられたスリムな受付嬢の恥部は、じっとりと湿っていた。 さっきから感じていたかぐわしさに、ヨーグルトのようなすっぱみと、チーズ臭が加わる。「ほらあ、舐めて」 お尻の筋肉を何度も収縮させ、細身の受付嬢がクンニリングスをねだる。キャリアウーマン志向の「できる」受付嬢も、セックスは動物的とみえる。しかも夜とはいえ、ラブホ内で尻をまる出しにするなんて。(ええい、もう。どうにでもなれ!) 僕は求められるままに色っぽい受付嬢の唇をしゃぶった。「ああああッ」 ビッチな受付嬢のはしたないよがりがあがる。見えなくても、淫華が悩ましげに蠢くのがはっきりとわかった。
 
 舌に広がる20代の受付嬢のしょっぱみは、尿の成分が強いと思われた。しかしながら清純な受付嬢のオマンコを深く抉ると、粘つきが感じられる。セフレの受付嬢は悦楽の淫液をこぼし始めているようだ。「あ、あっ、もっとぉ」 セフレの受付嬢は尻を前後にふり、貪欲に愛撫を欲しがる。正直な反応は健気にも感じられ、もっと悦ばせてやろうという心境にもなる。受付嬢の腰つきから、そこを舐めてほしいと求めているのがわかり、俺は舌を伸ばして、恥叢に埋もれかけた肉豆を探った。「あふ、そこぉ」 セックスフレンドの受付嬢の内腿がビクビクとわななく。捉えた敏感な一番敏感なところは、在り処がはっきりわかるほどに大きい。舌先でクリクリと転がるのも実感できる。「んふ、んんん、んあっ、はああ」 巨乳の受付嬢の腰のうねりとわななきが著しくなる。こぼれる蜜汁も量を増し、舌と唇を粘つかせる。「んっ、ん、舌挿れて、舌ぁ」 どこに挿れるのかとちょっと悩んでから理解する。受付嬢のおまんこを探り、奥まったところの膣口に、尖らした舌を限界まで侵入させた。「ああっ、気持ちいい」 セックスフレンドの受付嬢のオマンコの入り口がきゅむきゅむと締めつける。逆らうように動かすと、受付嬢はますますよがって身悶える。 僕の鼻を、細身の受付嬢の深い尻割れが挟み込む。わずかに香ばしい異臭があった。20代の受付嬢が用を足し、トイレの洗浄器でも洗い流せなかったぶんなのか。あるいは密かにオナラでもした名残なのか。 ともあれ、新垣結衣似の受付嬢の恥ずかしい匂いにすっかり魅せられていた僕は、それすらも魅惑のフェロモンと受けとめ、今度はアヌスホールへと舌を移動させた。「ひッ」 すぼまりに舌先が触れた瞬間、受付嬢の全身が強ばったのがわかった。その部分もキュッと収縮する。 しかし、それ以上の反応がない。さっきまでのよがりが?のように、受付嬢は大人しくなっている。身じろぎすらしない。(よくなかったのかな?) だがそれなら、『やめて』と言うはずだ。 俺はもう一度ヤリマンの受付嬢のアナルを舐めた。「はッ」 またも同じような反応。ビクッとその瞬間はわななきを示すのだが、あとは声を出さずに、息をはずませる程度。 べつに拒まれていないのだからと開き直り、俺は舌先でセフレの受付嬢のチロチロとアヌスの放射状のシワを攻めた。
 
「あっ、あッ、はッ、あふっ」 刺激を受けるたびに巨乳の受付嬢はのけ反って声をあげ、アヌスを悩ましく蠢かせる。しかし、気持ちいいのかそうでないのか、新垣結衣似の受付嬢も戸惑っている様子だ。「ああ、なに、これ?」 受付嬢はとうとうそんなことを口にした。「ヘンなの、ヤだぁ」 しかしセフレの受付嬢は逃げようともせず、もっと舐めてというふうに、尻の位置をずらす。 僕は舌に唾液をたっぷりとまつわりつかせ、ぴちゃクチュと音がたつほどにセフレの受付嬢のアナルを舐めしゃぶった。「はひ……い、んんっ、は、ああッ」 こぼれる喘ぎに、次第に艶めきが混じってくる。顎に当たるまんこから、トロトロと蜜汁がこぼれているのもわかる。(お尻の穴が感じるみたいだな) それも、ビッチな受付嬢は今日初めて気がついたらしい。「あふ、あっ、いいいッ」 スタイルのいい受付嬢は耐え切れなくなったように前屈みになった。ヒップがぱっくりと割れ、唾液にまみれた尻穴を晒す。 ハァハァと荒い息をつきながら、一度上からおりたビッチな受付嬢は、俺の手首を縛るネクタイをほどいた。そして、巨乳の受付嬢は腿にとまっていたタイツとパンティを忌々しそうに脚から抜き、再び跨いでくる。「ね、おしりナメながら……クリちゃんいじって!」 急いたお願いに、僕は反射的に従った。sexフレンドの受付嬢の包皮をむいたピンク色の突起を指でいじりながら、臀裂に舌を差し入れる。「あう、はぅーん、気持ちいいよぉ」 ビクビクと痙攣する尻肉、絶え間なくヒクつく受付嬢のアナルが、塗り込める唾液を内部に吸い込んでゆく。
 
「おしり……おしりいいよォ」 スタイルのいい受付嬢のはしたない声が、ラブホテル内にわんわんと響く。肉豆への愛撫との相乗作用で、受付嬢は悦びが深くなったらしい。下肢をあらわに開いて悶える。「なんでぇ、ああッ、こんなのって――」 清純な受付嬢は初めて知った悦びに、すっかり夢中の様子。貪欲に求める腰つきもいやらしくなる。 舌先をも吸い込みそうなビッチな受付嬢の尻穴の蠢きに、俺は対抗するように舐めた。受付嬢の一番敏感な豆を転がす指も、マン汁でふやけそうだ。「ああッ、アッ、イク――」 お尻からのわななきが全身に広がり、とうとう巨乳の受付嬢は身をよじってすすり泣いた。「いっちゃう、イクの……おしりナメられてイッちゃう」 羞恥が快感を高めるのだろう、あられもないことを口走り、とうとう受付嬢は昇りつめた。「イクイクイク、はああッ、はっ、うああ――っ!!」 巨乳の受付嬢の痙攣した女体が強ばり、一瞬ののちにがっくりと力を抜く。 まともに乗っかってきたヒップに窒息しそうになり、僕はもがいた。しかし、絶頂した受付嬢はまったく気づかぬふうに、ただ気怠げな呼吸を繰り返すのみであった。 ようやくオルガスムスの余韻から抜け出ると、スリムな受付嬢は奉仕していた俺を「ふん」と睨みつけた。「あんなところまでナメるなんて、変態」 これを理不尽と呼ばずして、何と呼べるだろうか。おまけに、再び僕の手首を縛りあげたのである。「あんたには、全部白状してもらうんだから」 そうして、トランクスも脱がせてしまう。そそり立ったオチ○チンが、ヤリマンの受付嬢の前に晒された。「こんなにギンギンにしちゃって……」 細身の受付嬢が腰の横に脚を流して坐り、これ見よがしにち○こに顔を近づける。クンクンと鼻を鳴らし、「くさいわねえ。ちゃんと洗ってんの!?」 受付嬢は顔をしかめて罵った。 仕事を終えてからシャワーも浴びていないし、臭うのはしょうがない。第一、それを言うならセックスフレンドの受付嬢自身もそうではないか。 反論したかったものの、ただ機嫌を損ねるだけだと思って口をつぐむ。
 
 表情を険しくさせたまま、ヤリモクの受付嬢はオ○ンチンを握った。「あん、ベタベタする」 文句を言いつつも、手筒を上下させる。「んうッ」 受付嬢の今日初めてのダイレクトな愛撫に、四肢が震える。焦らされていたぶんを取り返すように、透明なガマン汁がトロリとこぼれる。「ふん。もうこんなにガマン汁出しちゃって。堪え性のないオチン○ンねえ」 先にイカされてしまったことの照れなのか、受付嬢はやたらとケンカ腰だ。そして、受付嬢は顔をち○ちんの真上に持ってくると、唇をすぼめて唾液を垂らした。 小泡混じりのトロリとしたものが亀頭に滴った瞬間、そこからあやしい悦びが広がった。さらにそれが泡立つほどにしごかれて、後頭部に一撃を喰らったような悦びが走り抜ける。「う、うううッ」 ニチュニチュ、くちゅ……。 卑猥な音が神経を昂らせる。側面やくびれをこするヤリマンの受付嬢の指の感触は、やはり自分でするのとは違う。女性ならではの柔らかさとしなやかさ。小さな手にもかかわらず、包み込まれていると感じるのはそれゆえだろう。 動きも慣れている。フェラ○オばかりでなく、受付嬢はこの指づかいでも彼氏を射精させていたに違いない。 ふとこみ上げた嫉妬も昂りを上昇させ、俺はひたすら喘いだ。出会い系サイトのハッピーメールで出会った受付嬢に愛撫されているのだと思うほどに、快感が高まる。 今は無言で手もとを見つめる受付嬢の瞳が、心なしか潤んでいる。ほおにも赤みがさす。 そんな受付嬢の艶っぽい面立ちを目の当たりにして、たちまち限界が迫った。
 
出会い系アプリでの巨乳の受付嬢とのタダマンセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




























































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系やれる】巨乳の受付嬢と即はめセックス

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex