deaisex_novel

【出会い系大人の関係】上戸彩似の美人受付嬢とオフパコエッチ


 
こんにちは。ゆうきです。
 
自分はせっせと出会系コミュニティで可愛らしい女性漁りをして、ただまんセックスにいそしんでいます\(*T▽T*)/
 
さて、今回は秘密の出会いができる人気のであいけいアプリのPCMAXで出会った綾瀬はるか似の巨乳の受付嬢と北海道北見市で会ってセフレにしていますぐタダマンエッチをしてきたのですが、ハメどり写メが多く取れましたのでレポートします。
 
※この記事には過激なセックスのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系マッチングサイトのPCマックスで出会った女性は受付嬢で、名前は理名さんといい、顔は綾瀬はるか似の物凄く美人でした\(*T▽T*)/
 
出会い系サイトPCマックスでのスタイルのいい受付嬢のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでの清楚な受付嬢の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
かわいい受付嬢とは、であいけいコミュニティのPCマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、北見駅近辺のお洒落なイタリアンレストランに食事に行っていい雰囲気なったのでいつものようにラブホに行ってタダマンエッチをしました。
 
僕と清純な受付嬢が北海道北見市の北見駅周辺のラブホの部屋に入った。「ゆうきくん……」 巨乳の受付嬢のやわらかな声質が、今度は耳元で響いた。かと思うと、受付嬢のふんわりとした感触が、唇に重ねられる。「んっ?」 その感触はリアルそのもの。ふんわりと甘く、切なく、まさしく初恋の味。 ようやく僕は、妄想と思い込んでいたものが、本物のセックスフレンドの受付嬢であると気づいた。「ぬふんっ! ぶぉおおおおおっ! リナちゃんんんんっ!」 驚きの声をあげる僕。けれどその声は、美人の受付嬢の唇に遮られて輪郭をなさない。「んんっ……。ゆうきくん……」 掠め取るような、悪戯なキスとは比較にならない熱烈なキス。そのやわらかさと官能を存分に味わわせようとするかのように、パイパンの受付嬢の唇はあえかに開かれ、ふっくらとした朱舌が俺の唇をやさしく舐めていく。「ど、どうして? ふむむぅぅ……っ!」 息継ぎにようやく離れた唇に、そう問うても再び受付嬢の唇がまたすぐに重ねられる。 息継ぎし損ねた俺が空気を求め口を開くと、受付嬢の唇が侵入してきて、歯や唇の裏を舐めていく。さらに伸ばされた舌先に、上顎をほじられる。脳みそまで舐められているような快美感に、俺の思考はあえなく遮断された。「むふん……うふう……ほむん……ぶちゅるるるっ」 やがてビッチな受付嬢の舌が僕の喉奥にまで届き、声帯までが舐められる。もちろんそれは、錯覚に過ぎないが、やわらかな触手に喉性感をたっぷりと刺激されることに変わりはない。 清楚な受付嬢の唾液が舌を伝い、喉から胃の腑にまで流れていく。その貴重な液体は、魔性の媚薬であり、カァッと体内に力を漲らせる。 清純な受付嬢の細く長い指先がしきりに俺のほおや頭髪の中を撫でていく。こちらも触手に触れられているかの如くで、ぞわぞわと背筋に快感が走る。 やがて細身の受付嬢の触手の一本が、ゆっくりと俺の上半身をなぞり、下半身へと落ちていく。清純な受付嬢の優美な女体が腰を折り、ベッドの上に仰向けの俺に寄り添うようにして、その手を伸ばすのだ。「むうぅぅっ!」 ビクンと腰が跳ね上がるのを抗うものと勘違いしたのか、ようやく唇を離したセフレの受付嬢が、「しーっ」と小さく囁いた。「うふふ、ゆうきくんの独り言、大きすぎ……。いいのよ。ゆうきくん、このままりなにさせて……。ゆうきくんはじっとしていればいいの……」 甘く掠れた声は、いつもの受付嬢の声よりもさらにやさしくシルキーに聞こえる。「李奈さん……」 セフレの受付嬢の五指を伸ばして開かれた掌が、僕のお腹をくすぐるようにパジャマのズボンの股間をしなやかにくぐる。 きれいな受付嬢はアーモンドアイを色っぽく細め、唇が俺のほおを啄んでいく。「うぉっ!」 俺の喉奥から吹き零される悲鳴は、ちん○んに受付嬢の掌が絡みついたせいだ。 熱のせいか、夏だというのにその手は少しヒンヤリとして感じられる。滑らかで、すべすべしていて、心地いいこと極まりない。「男の人は寝込んだりしていると、色々と溜まってくるものなのでしょう? 特別に私がすっきりさせてあげるわ……」「俺、熱で変な夢を見ているのではないですよね……。もし、これが現実なら俺は、これで死んでもいいです!」「死んでもいいだなんて、馬鹿なことを言わないで……。ゆうきくんまで死んじゃったら私……。間違いなく現実よ。死ぬほどこれがつらいのなら、私がしてあげる」 受付嬢の甘やかな刺激にチンポは、硬く大きく膨らんでいる。出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレを相手に毎日のようにエッチしているのに、節操なく反応してしまうのは、有り余る若さか。「あぁ、やっぱりゆうきくんのち○こ、大きいぃっ……それに、とっても熱いわ。これって熱のせいじゃないわよね……?」 キュートな受付嬢の肩から優美に流れ落ちるセミロングの髪が、僕のほおをくすぐりながら甘い匂いを嗅がせてくれる。
 
 パイパンの受付嬢が至近距離でほおを紅潮させているのは、ふしだらな行為への羞恥と興奮によるものか。(うわあぁ、理名さん、きれいだぁ……。それになんだろう、いつもよりカワイイ!) 受付嬢の官能的な唇は、何度も僕の顔の至る所を啄んで離れない。 受付嬢の小さな鼻翼から、ふん、ふんと愛らしく吹き出される息すら媚薬の働き。 しかも、清楚な白のキャミソールニットを大きく盛り上げる受付嬢の巨乳のオッパイが、やわらかく僕の腕にしなだれかかっている。(う、ウソだろう。ヤバいよ! 李奈ちゃんのおっぱいがあたっている!) 否! 当たっているどころの騒ぎではない。いまや清純な受付嬢の女体は僕の隣に添い寝するように寝そべり、その巨乳のおっぱいは擦り付けられているような体勢だ。 なんというやわらかさ。独特の風合い。心躍らせる弾力。これほどまでに魅力的で、ダイレクトに男の欲望を刺激する物体もない。 けれど、僕には、未だ頭の中が混乱して、どうリアクションを取っていいものか判らない。ただ、体を硬直させ、セックスフレンドの受付嬢に身を任せるのみだ。「うーん。やっぱり熱があるみたい……。ごめんね。やっぱり私が風邪をうつしたのね……。それなのに、こんな淫らなことをして大丈夫かしら……」 独り言のようにつぶやいている受付嬢は、小悪魔のよう。俺の体調を心配しながらも、受付嬢は淫らな行いを止めるつもりはないらしい。 ドキドキしながらも、至近距離にあるパイパンの受付嬢の顏を覗き見る。ばちんと視線が絡みついたのもつかの間、綾瀬はるか似の受付嬢は恥ずかしさを隠すようにまたも唇が重ねられる。 今度は先ほどまでよりも受付嬢の女体を俺に覆いかぶせてくる。自然、ぼふんとやわらかな物体が、俺の胸板に潰れた。 20代の受付嬢の華奢な女体は、儚いまでに軽いにもかかわらず、どこまでも肉感的だ。他に例えようもないほど妙なる感触に脳みそが沸騰する。天にも昇らん心地とはまさにこのこと。(ああ、どうしよう。理名さん、なんて色っぽいんだ。こんな人に惚れない方がおかしい!) 気づけば、受付嬢に握られたままちんちんは限界にまで膨らんでいた。体の奥がカッカと熱くなり下腹部がムズ痒い。 受付嬢の魅力に、体が素直に反応している。 暴発寸前にまで猛り狂うチン○ンに、気が変になりそうだった。 そんな僕の焦燥を感じ取ってくれたのだろうか、セフレの受付嬢の手指が、もぞもぞとパンツの内側で蠢きはじめる。 やさしくもどこかぎこちない動きではあったが、的確に俺の快感を呼び起こしてくれる動き。「ふぬん……あふぅ……お、お、おぉ……巨乳の受付嬢さぁん!」 鋭い快楽の電流が全身を駆け抜け、甘い陶酔が脳を蕩かせる。「こんなに大きくしてしまって、いけない子ね……」「ううっ……李奈さん……俺ぅ……」 他愛もなく感じてしまうのが何とも気恥ずかしい。けれど、出会い系サイトのPCMAXで出会ったセフレの受付嬢が慰めてくれる悦びには到底抗えず、首を亀のように伸ばし、おずおずと顔を受付嬢の白い首筋に埋めた。 セフレの受付嬢の繊細なセミロングの髪の、うっとりするような匂いを肺いっぱいに吸い込みながら、清純な受付嬢が与えてくれる慈愛の籠ったてこきを味わっている。 なぜ綾瀬はるか激似の受付嬢がこんなことをしてくれるのか、訳が分からない。唐突と言えば唐突すぎる振る舞いなのだが、いまの俺には、そんなことはどうでもよくなっている。 甘い陶酔に俺は思考を閉ざし、ひたすら受付嬢の存在そのものに酔い痴れている。「いいのよ。いっぱい気持ちよくなって……。ここにいると、なんだかとってもいけない気分になるの……。あんまりゆうきくんが可愛いからかな……。母性本能を刺激されるみたい……」 膨張率が高まりすぎた亀頭部は、覆っていた肉皮が後退して赤黒い粘膜を露わにしている。受付嬢のしっとりした掌がそこに被され、やさしく撫でてくれる。「おうぅぅ……っ。りなちゃん!」 独りでにびくんと腰が浮き上がり、目を白黒させてしまう。おんなの手指が、これほどいいと感じたのは初めてだ。「あんっ! ゆうきくん、気持ちよさそう……。うれしいわ。私のお擦りをそんなに喜んでもらえて!」 魂まで震わせ官能に現を抜かす俺。その興奮と陶酔が受付嬢にも伝播するらしい。 セフレの受付嬢は清楚極まりない美貌に、興奮の色を浮かべている。白い肌を紅潮させ、純ピンクに染めている。心もち受付嬢の女体が発する熱も上がった気がする。「ぐふうう、き、気持ちいいです……。ああ、いい……っ!」「気持ちよくなってくれるの、うれしい。上手くできているか心配だから……。でも、もっともっと気持ちよくなって欲しいの。それには、このままではムリよね……」 確かに、受付嬢の手淫には、どこかぎこちなさが感じられる。けれど、それは出会い系アプリのPCMAXで出会ったセフレの受付嬢などと比較するからで、昂る俺には、受付嬢のの初々しささえもが目くるめく快感を呼び起こしてくれる。 にもかかわらず20代の受付嬢は、何を思ったのか女体を折り曲げると、白魚のような手指で、ずるずるっと僕のズボンをパンツごと引き下げてしまった。「リナさん!」
 
「うふふ。やっぱり大きいのね……。とっても逞しい……」 ヤリモクの受付嬢のほっそりとした手指が、再びちんちんを捕まえると、透明感あふれるほおをますます紅潮させ艶冶に微笑んでいる。「こんなに膨らませていると辛くて当然ね。今、李奈が楽にしてあげるわ」 チンチンの付け根に受付嬢の親指と人差し指のリングが巻き付き、残りの中指から小指までの三本がペ〇スをやさしく締め付けてくる。「むほっ! 李奈さん……。す、凄いです。最高に気持ちいいっ!」「そうかしら。本当はヘタでしょう? あまり自信ないの……我慢してね……」 20代の受付嬢の女体は、自在に角度を変え、いまは俺のガニ股に広げた足の間に陣取っている。受付嬢の美貌がチンポのすぐそばにあり、饐えた男臭が受付嬢に不快な思いを与えていそうで気が気でない。けれスタイルのいい受付嬢は、お構いなしに僕に快感を送ることに夢中になっている。「うっ、理名さん……。我慢なんて、そんな……。す、すごく上手です!」 陰嚢に被されたヤリマンの受付嬢の手指が、中の男玉を転がすようにやさしく蠢く。清純な受付嬢のもう一方の手は、すっぽりとオチンチンを包むようにして、ゆったりとした昇降が繰り返される。「あん、オチン○ン、ビクンビクンしている……。本当に、気持ちがいいのね」 パイパンの受付嬢の自らの性技の効果を確かめるような口調。ちんちんを扱く手指をつぅっと上昇させたかと思うと、巨乳の受付嬢は鈴口からぷっくらと溢れ出た先走り液を掬いあげ、亀頭冠に塗りたくる。かと思うと、受付嬢の人差し指の腹が膨らみきったエラ部を、先走り液のヌルつきを利用してつつつつーっと滑っていく。「ぐふうううううっ、おあっ、ああっ……」 強烈な快感が怒涛の如く押し寄せるのを、ただひたすら歯を食いしばり堪える。「ぐはあああ、理名ちゃんのいやらしい指先。それ、やばいです!」 受付嬢の人差し指が、そのまま鈴口に潜り込んでくる。射精口を細い指先にほじられ、快美感に背筋がぞぞぞっと粟立った。 素直な反応に、受付嬢の手淫は甲斐甲斐しさを増していく。俺のチンポを?ずりさえしそうな勢いだ。「うふふ。罪作りなオチン○ン……。どんどんおかしな気分になっちゃう……。硬くて、大きくて、熱いオ○ンチンに、逆上せてしまったみたい……」 セックスフレンドの受付嬢の四つん這いに高くお尻を掲げ、くねくねと腰を振りはじめる。パイパンの受付嬢の細腰のタイトスカートがゆるやかにフラダンスを踊るように左右する。 受付嬢の亀頭部を撫でるような愛撫が止んだかと思うと、窄められた唇がぶちゅっと鈴口に重ねられた。「おわあああっ、りなちゃん!」 情けない声で喘ぎながら、ビクンと腰を震わせる。ねっとりとした湿り気を帯びたsexフレンドの受付嬢の唇の接触は、軟体動物に貼り付かれたようで気色いいことこの上ない。「うふふっ。ゆうきくんの先走りの汁、濃厚な海の味ね……」 手指を巻き付けながら、清純な受付嬢の唇は何度も亀頭粘膜を啄んでいく。 夥しく吹き零した先走りの汁と細身の受付嬢の芳醇な涎が混ざり合い、オチ○チン全体がテラテラと絖光っている。 背筋を走る甘く鋭い電流が俺の太ももを緊張させては腰を浮かせる。「ゆうきくん、女の子みたいに腰を突きだして……。それって気持ちがいい証拠よね……。うふふ、敏感に反応してくれるから、もっともっと気持ちよくさせてあげたくなっちゃう……」 ぽってりとした桜色の唇があんぐりと開かれると、躊躇いなく清純な受付嬢は肥大したちん○んに覆い被せてくる。生暖かい感触が亀頭部を覆ったかと思うと、なおもずぶずぶとオチンチン全体を呑み込んでくれる。「うわわわっ! の、呑みこまれる! 俺のちんちんが、リナさんの口にっ!」 受付嬢のぬめる舌の感触が裏筋に絡みつく。ちんこの側面には口腔粘膜がねっとり貼り付き、半ばあたりをスリムな受付嬢の唇が締め付けている。 もちろんフェラチオを受けるのも初めてではない。けれど、ヤリモクの受付嬢にフェラチオしてもらっているという事実が、凄まじい悦びと興奮を増長している。 込み上げる射精衝動をかろうじて堪えたのは、受付嬢の口腔を穢してはならないとの思いがあったから。それほどまでに、俺にとって美形の受付嬢は神聖な存在に昇華されている。 それでもスレンダーな受付嬢が与えてくれる怒涛の官能に、ギュッと掌を握りしめ、ア○ルを強く結んでも、余命いくばくもないことは明白だ。「ぐふぅぅっ。だ、ダメです。李奈ちゃん……。そんなことされたら、俺ぅ……」 危険水域を越えたと伝えたつもりだが、むしろ20代の受付嬢は俺をさらに追い込もうと、その美貌を上下に動かしはじめる。 オ○ンチンの付け根に添えられた受付嬢の手指は、やさしくも的確な締め付けを繰り返し、もう一方の手も陰嚢への愛撫を絶やさない。「ぐぉぉおおおっ! ダメです。ダメなんです。でちゃいます! 理名ちゃんのお口、汚れてしまいますよぉ!」 極限にまで膨れ上がる射精衝動に、尻の筋肉が攣る寸前まで力ませて耐える。「ねえ。そんなに我慢しないで……。それとも私に、射精させられるのはいや?」 パイパンの受付嬢はチ○コを吐きだし、ツンと唇を尖らせる。不満を漏らすその表情は、あまりにコケティッシュで扇情的なまでに色っぽい。綾瀬はるか激似の受付嬢の媚を売るような眼差しに、俺はキュンと心臓を射抜かれた思いだ。
 
「嫌なんてこと……。リナさんにフェラチオしてもらっているのですから……ぐわぁぁぁ~~っ!」 言い訳する僕のちん○んに沿って、パイパンの受付嬢の掌が素早く律動した。涎まみれになったちんぽをしっとりとした甘手にスライドされ、またしても清楚な受付嬢にむぎゅっとやわらかく握りしめられ、挙句、裏筋まで擦られては、豪爆寸前に追い詰められて不思議ではない。「うふふ。やっと言ってくれたわね……。ゆうきくんの気持ち……。。出会い系アプリで出会ったどこかのセフレと、いやらしいことばかりしていたのでしょう?」 パイパンの受付嬢の指摘に、心臓が破裂しそうなほどドキリとした。 明らかに受付嬢の口調には、悋気の色が載せられている。「リナさん……?」「知っていたわよ……。だって、ゆうきくんたら判りやす過ぎるもの……。」 出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったセフレと関係を結んだその日まで正確に言い当てられ、俺はまるで浮気のばれた夫のような気分になった。それでいてセックスフレンドの受付嬢の手指は、まるでその悋気を伝えんばかりに、きゅきゅっとおちんちんを擦ってくる。「それからは、セフレの家に入り浸りでしょう? そうと知って、なんだか妬けてきちゃったの。ずっとゆうきくんの熱い視線を独占してきたから、まるでゆうきくんが私のもとを卒業していくようで……」 カウパー液に濡れた綾瀬はるか似の受付嬢の手指は、てらてらと下劣なヌメリを帯びながら、さらに情熱を増していく。「私のおんなとしての魅力も薄れたのかなって……。けれどゆうきくんったら、相変わらず熱い視線をくれるし……。判っているのよ、男の人のそういう浮気なところ。でもお陰で、まだゆうきくんは、私のことを見てくれてるって思ったの……。そうしたら居ても立ってもいられなくなって、あんなふうにキスしちゃって……」 sexフレンドの受付嬢の独白を、俺は息をするのも忘れて聞いていた。相変わらず甘やかな刺激を送り込まれているのも忘れてしまうほどだ。驚きと言うか、衝撃と言うか、歓びと感動もあった。 「あ、あの……。今さらですけど僕、李奈さんのこと好きでした。っていううか過去形じゃなく、いまも大好きです。でも、その大好きなりなちゃんのことを、僕はどうやってしあわせにすればいいのか判りません」 感極まって話しはじめた俺に、いつの間にか受付嬢の手コキは止まっている。受付嬢の印象的な瞳が、じっと俺の瞳の奥を見つめていた。「なのに、りなちゃんの想いを聞いて。僕、やっぱり理名さんが好きで好きでたまらないことを再認識しました。でも、やっぱムリです。りなちゃんが好きすぎて、溢れる思いが止まりません!」 迸る想いを吐き出すと腹筋の力で上体を起こし、俺の下半身にまとわりついている受付嬢の女体をグイッと引き寄せた。「さっきも言ったけど、私のしあわせは、私が自分で見つけるものよ。ゆうきくんが、本気で私を愛してくれるなら、私はそれで充分……」「いいのですか? 僕は、出会い系アプリのPCマックスで出会ったセフレがいても、李奈さんのことを好きだなんて告白するいい加減な奴ですよ……。僕は自分の身勝手さに嫌気が差しているほどなのですから……」 言いながら激情に任せてヤリモクの受付嬢の華奢な女体を抱き締めたまま、グイッと腰をひねるようにしてセフレの受付嬢の女体を組み敷いた。「あん。ゆうきくん……。いいも悪いもないわ……。善悪なんて、人それぞれの物差しで決めることでしょう? 自分の想いに素直になって、やりたいことをやればいいのよ。私はそう決めたの。素直になろうって……」 清純な受付嬢は僕の悩みを軽々と吹き飛ばしてくれた。思いつめていたものが、まるで風船がパンと割れたように弾けて虚空に消える。残されたのは、純粋にヤリマンの受付嬢を愛したいとの思い。(ああ、今度はいやらしい欲求が膨らんでいく!) 強ばりを増した勃起ち○ちんに、思わず僕は身悶えする。「うん? なぁに……?」 受付嬢に問われて答えに窮し、その唇を今度は俺の方から掠め取った。「今度は僕にさせてください。理名ちゃんを気持ちよくさせたい!」 スリムな受付嬢の華奢な女体に覆いかぶさり攻守交代を告げる。胸板に潰れている大きな巨乳のオッパイの感触だけで、僕はチ○コを痛いほど疼かせている。「えっ、あん、ゆうきくん……。だ、大丈夫なの? 熱とかは……?」
 
 さんざん僕に手淫やらフェラチオやらを仕掛けておいて、と思わぬでもないが、ビッチな受付嬢はいざ受け身になると恥じらいが湧き、それを誤魔化そうとしているのだろう。「大丈夫です。李奈さんの唾液がエネルギーになったみたい……。不思議とパワーが漲っています!」 ウソも誇張もない。ヤリマンの受付嬢の妙なる液体が、精力剤にも似た働きをしたものか、体のだるさも消えている。「んっ、あんっ! ゆうきくん!」 甘く名前を呼ばれる歓びに背筋をゾクゾクさせながら、巨乳の受付嬢の白く官能的な首筋に顔を埋め、美麗なラインに唇を這わせていく。つーっと舌先で掃き、唇粘膜でもヤリマンの受付嬢の美肌をやさしく刺激する。 びくんっと反応を示す清楚な受付嬢の性感を時に舐め取り、くすぐり、なぞるように滑らせる。「んんっ! あっ、あぁん……んんっ!」 受付嬢の首筋からデコルテラインに唇を移動させながら水色のカーディガンを細い肩から落としていく。けれど、全てを脱がせようとはせずに、受付嬢の華奢な肩をはだけさせる程度にとどめる。その方が、綾瀬はるか似の受付嬢の官能的な美しさが映える気がしたからだ。「あっ……んんっ……!」 かわいい受付嬢の艶光りするすべすべの肩を掌で撫で回す。儚いまでに薄い肩に愛しさが募る。 細身の受付嬢の鎖骨に到達させた唇で、うっすらと浮き出た美しい骨を挟み、レロレロとわざといやらしく舐めしゃぶる。「ひうっ! くぅ……っ!」 一方の手でなおもヤリモクの受付嬢の肩を撫でながら、もう一方の腕はスレンダーな女体の後ろに回し、その背筋をまさぐった。「あんっ……んんっ……」 抱きしめられるしあわせと、背中の性感帯をあやされる快感。穏やかな悦びが、ヤリマンの受付嬢の女体を濡れさせていくはず。 その方程式の正しさは、受付嬢の愛らしい小鼻から漏れる吐息で証明された。「李奈さんのカラダ、とってもやわらかい……」 腕の中で、びくんと身じろぎする受付嬢の女体は、どこまでも肉感的でありながら、軽やかでやわらかい。 前に突き出したような20代の受付嬢の巨乳のオッパイは、仰向けに寝そべっていてもそのボリュームが変わらない。弾力たっぷりに僕の胸板を弾き返しながらも、むにゅんとやわらかく潰れている。「いっぱい感じてくださいね。僕に、李奈さんが感じる姿を見せてください」「感じさせて……。恥ずかしいけど、ゆうきくんになら……」 ヤリモクの受付嬢の火照った美貌が、清楚にも色っぽく微笑んでいる。 20代の受付嬢のの唇をまたしても、ちゅちゅっと掠め取る。 くっきりとした二重瞼に唇を寄せてから、やわらかなほおの稜線や鼻の頭なども啄む。先ほど清楚な受付嬢がしてくれたやさしいキスを真似ている。それが得も言われぬ充足感と幸福感をもたらすものと知ったからだ。「うふふ、少しくすぐったいけど、とってもしあわせ……」 巨乳の受付嬢の眩しいものを見るような眼差しは、悩ましく蕩けている。「リナちゃん……」 思いが伝わったことがうれしくて、受付嬢の女体をぎゅっと抱き締めた。「あんっ……あっ、あぁ……っ!」 つぐまれていた受付嬢の唇が、あえかにほつれて、悩ましい吐息が漏れた。それを機に、俺の手指はsexフレンドの受付嬢の女体の側面へと進む。薄手の生地とはいえキャミソールニット越しであれば多少強引にしても大丈夫なはずと、情熱的な手つきで受付嬢の服の下の女体を探る。「リナさんの感じやすいところはどこですか?」 耳元で囁くと、むずかるようにセフレの受付嬢の美貌が振られた。 腕の中で恥じらう受付嬢の清楚さに、危うく悩殺されかける。「教えてください、リナさん。感じさせてほしいのですよね。だったら僕に……」 清楚な受付嬢の瞑られていた瞼がうっすらと開かれ、俺の目の奥を覗いている。「お、おっぱいが感じやすいかな……」 美貌を真っ赤にしながらも清純な受付嬢は教えてくれた。けれど、俺はすぐにそこを責めたりしない。代わりに手を進めたのは、スリムな受付嬢のほこほこの太ももだった。「えっ? ああん、そこは……」 狙い通り受付嬢の意識は胸元にあったらしい。意表を突かれ無防備であったせいか、あからさまに女体が震えた。「あ、ああんっ……いやん……はううっ、そ、そこはダメなのぉ……」
 
 濃紺のタイトスカートの裾を潜り抜け、sexフレンドの受付嬢の内もものやわらかい部分をまさぐる。 セックスフレンドの受付嬢の熱を孕んだ内ももは、焼きたてのパンほどもふっくらやわらかだ。「うほおおっ。やっぱ、やらかいいぃっ! 李奈さんの太もも、最高です!」 至近距離で囁いてから、清楚な受付嬢の白磁のような耳朶を唇に挟む。「あはっ……っんん……!」 清楚な受付嬢の首が竦み、短い悲鳴が漏れる。 太ももから受付嬢の緊張が感じられたが、決して閉ざされることはない。それをいいことに指をいっぱいに伸ばし、たっぷりと受付嬢の魅惑の内ももを触り続ける。 素肌のようなストッキングながらやはり邪魔をされ、美しい受付嬢の肌のなめらかさは堪能できない。けれど、そのやわらかさや弾力は十分以上に官能的で興奮を誘われる。「李奈さんの太ももに俺、触っています……。この指をもっと先に進めると、リナちゃんのおめこがあるのですね……」 意図的に淫語を耳に吹き込むと、ヤリモクの受付嬢の女体が妖しくくねりはじめた。「ああん、ゆうきくんっ!」 綾瀬はるか激似の受付嬢のシルキーな声質が情感たっぷりに掠れゆく。甘えるような、恥じらうような、そんな響きがたまらない。 昂る俺は、受付嬢のの白い首筋に唇をつけた。舌先を伸ばし、官能成分を舐めとりながら唇粘膜でも性感をあやしてやるのだ。「うっく、んんっ……ん、んん……あ、あぁ~~んっ!」 巨乳の受付嬢の唇のほつれは、徐々にとめどないものとなり、艶めいた響きが奔放に解き放たれていく。切なくも悩ましく華奢な受付嬢が零す啼き声は、俺の魂を鷲つかみにする。体中に鳥肌が立つほど官能的で、それでいて上品な響きだ。「あぁ、李奈さんの喘ぎ声……色っぽすぎて、声だけで射精できそうです!!」 うっとりと聞き惚れながら、太ももを撫で回していた手指を受付嬢のお腹のあたりに運んだ。「あっ……!」 受付嬢が小さな声をあげたのは、キャミソールニットの裾をつかまえ、ぐいっと上にたくし上げたからだ。「理名さんのおっぱい、見せてくださいね!」 巨乳の受付嬢の引き締まったお腹が露わになると、純白のブラジャーを被せられた豊かな巨乳のおっぱいが露出した。「リナさんの純白のブラが目にしみるぅ!」 巨乳の受付嬢の肌を覆う白いブラジャーは、シフォンカップの上縁とスキン部分に、繊細な二種類のレースがオフホワイトにあしらわれたフェミニンなつくり。機能性とおんならしさが適度なバランスで、愛らしくも清らかでありながらセクシーさも匂わせている。「やっぱり、大きいですね……。僕は、このおっぱいに惚れたのかも……。だってりなさんのおっぱい、見ているだけでしあわせな気分になれます!」「そ、そうかしら……。」 可愛らしくありながら、詰るような悋気を載せた口調。 受付嬢の巨乳のバストはFカップといったところか。 清楚そのものの顔立ちと対照的で、そのギャップがひどくエロティックに感じられた。 こうしてむいてみると、セフレの受付嬢はやせ型には違いないが、決して枝のような痩せぎすではなく、魅力的に適度な肉付きをしている。むしろ、おんなとして十二分に実っている印象なのだ。 特に、ヤリモクの受付嬢の張り出した腰部などは、いわゆる安産型で、そこから続く太もももすっきりと無駄な肉の落ちた細さなのに、むしろむっちりとしている。「ねえ、恥ずかしいわ……。ゆうきくんの視線が、ものすごく熱くてエッチ……そんなに見ないで……」 目を血走らせた俺の視姦についに耐え兼ねたか、自らの細肩を抱き締めるようにしてヤリモクの受付嬢が身をくねらせる。桜色に紅潮させた目元などは、処女のように初々しい。「だって、理名ちゃんの大きなおっぱい。美しすぎて見ないわけにいきません! だから、これも外しちゃいますね。りなさんの生おっぱい見せてくださいね……」 言いながら腕をセフレの受付嬢の女体とベッドの間にこじ入れ、抱きしめるようにしてブラのホックを探る。「んんっ、くすぐったい……」 受付嬢の漏れ出した声に、ホックが外れる音が重なる。刹那、ブラのゴムに手指が引っ張られた。スキンが撓むのに任せると、緩んだ勢いでセフレの受付嬢の巨乳のオッパイが頂からズレ落ちそうになる。「あんっ!」 反射的に受付嬢の両腕が胸元を抱え込む。 乳肌の下、スライムのような巨乳の胸が、むにゅんと腕に抱かれる。お陰で、ヤリモクの受付嬢のやわらかな巨乳のバストが柔軟にひしゃげて深い谷間を作った。
 
 清純な受付嬢の誇らしげに咲き誇る乳肌は見るからにきめ細かく、そのふわふわすべすべの触り心地が約束されている。女盛りにどこもかしこもが男を悦ばせる肉体に仕上げられているのだ。「隠さないでください。リナさんのおっぱい、俺に全部見せてください!」 促すように俺は、綾瀬はるか似の受付嬢のむきだしになったデコルテラインにキスを浴びせた。巨乳の受付嬢の発情をさらに促し、心まで濡れるように追い詰めるつもりだった。「あんっ、だめっ!! やっぱり恥ずかしいっ……。どうせゆうきくん、他のsexフレンドの女と見比べるのでしょう……? 勝てる自信李奈ははないもの……」 sexフレンドの受付嬢の白い肌が、その高い透明度の奥まで薄紅に染まっている。その姿は、ピンクの朝霞を纏うようで幻想的な美しさだ。「大丈夫です。俺は、ずっとリナさんのおっぱいに憧れてきたのですよ。その分、贔屓しますから……。それにおっぱいを見られるくらいで、そんなに恥ずかしがらないでください。これからりなちゃんには、もっと恥ずかしい思いを味わってもらうのですから……」「やぁん。私、贔屓されなくちゃ負けちゃうんだぁ……。それに、もっと恥ずかしいつもりって、いったい何をするつもりなの? ああん、ゆうきくんのお目めがいやらしい……!」 恥じらう受付嬢の気持ちを少しでも和らげようと、わざといやらしい目をして、にんまりとエビス顔をしている。意図した通り、受付嬢が明るく笑ってくれた。「そんなにゆうきくんが見たいのなら……。いいわ。でも、がっかりしないでね」 観念したセフレの受付嬢が、俺の望み通りに胸元の腕を解いてくれた。 両腕に押さえつけられていた受付嬢の巨乳のおっぱいが、再びたぷんと前に飛び出した。 すかさず僕が綾瀬はるか似の受付嬢の胸元のブラカップを上にずらす。「ああ……!」「おおっ!!」 受付嬢の羞恥の吐息と、僕の嘆息がシンクロした。「ああ、李奈ちゃんのおっぱい……」 続くべき「綺麗」とか「美しい」とかの称える言葉が出てこない。 清楚な受付嬢の巨乳のオッパイの美しさたるや俺に言葉を失わせるどころか、涙ぐんでしまうほど感動させてくれるのだ。「ああん。ほら、また、そんなに見ている……。恥ずかしいのだから、そんなに熱く見ないで……。私のおっぱい、ゆうきくんをがっかりさせていない?」「そ、そんなことありません。目が潰れそうなほど、美しすぎて怖いくらいです。サイズも色艶も、乳暈の大きさも全てが理想的で僕好みです!」 たわわに実りながらも、受付嬢の巨乳のおっぱいは持ち主同様に清楚な印象を与える。セフレの受付嬢のやや黄色味を帯びた乳暈も、犯しがたい気品に溢れている。それでいて、ダイレクトに俺の性欲に訴え、早く触りたくてたまらない気持ちにさせられた。 ビッチな受付嬢の巨乳のおっぱいをようやく目の当たりにしたのだから、昂らぬ方がおかしい。「きれいだぁ……。本当にきれいだ……」 きれいという表現が陳腐に感じられるほどの美しさに、いつまでも見惚れている。 あまりに熱く僕が見つめるせいか、セックスフレンドの受付嬢の魅惑の巨乳のオッパイはふるふると小刻みに揺れている。「すう……はあ……あぁ、なんていい薫りなのだろう……。リナさんのおっぱいから甘い香りがっ!」 パイパンの受付嬢のの乳膚から立ち昇る甘い香りは、たちどころに男を骨抜きにする女盛りのフェロモン臭だ。 スタイルのいい受付嬢のあまりの絶景と香りに見舞われ、ちんこを腹に付くほど勃起させながら僕はその巨乳のオッパイを両手で覆った。「あん!」 いきなりの狼藉に綾瀬はるか似の受付嬢のシルキーな声質が甘く掠れる。けれど、それっきり受付嬢は抗う様子もなく、ただじっとして身を任せてくれた。 つるんとむき玉子のような乳肌は、オイルがまぶされているかの如く、すべすべにもかかわらずしっとり掌に吸いついてくる。 手の中でふるるんと揺れる、途方もないやわらかさに舌を巻きながら、俺は掌を清純な受付嬢の巨乳のオッパイにあてがい直すと、その容を潰すようにむにゅりと揉みあげた。「あんっ……ふむうっ……ううん……」 スライムを詰め込んだようなやわらかさ、スポンジのような弾力が、心地よく手指の性感を刺激してくれる。 パイパンの受付嬢の巨乳の胸の下乳から輪郭に沿って、今度は表面をぞぞぞぞっとなぞり上げてみる。 反対側の巨乳のおっぱいには、副乳のあたりに掌をあてがい手の温もりをやさしく伝える。「っく、んんっ、ゆうきくんって、やさしくおっぱいを触るのね。ああ、でも不思議、こんなにやさしくされているのに感じちゃう」「こうして温められると気持ちがいいでしょう? 僕、おっぱいのこと色々研究したんです。おっぱいの正しい攻略法を……」「おっぱいに攻略法なんてあるの?」 受付嬢の質問に、俺は巨乳のオッパイから手を離さずに答える。
 
出会い系サイトでの清純な受付嬢との中出しエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




















































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系セフレ】巨乳の受付嬢とオフパコセックス

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価 [star5.0]
累計会員数 2000万人
利用料金 50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価 [star4.0]
累計会員数 650万人
利用料金 50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価 [star3.0]
累計会員数 1500万人
利用料金 50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex