deaisex_novel

【出会い系セフレ】爆乳のナースと即やりエッチ


 
この記事を最初から読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系体験談】巨乳の看護婦と中出しセックス
 
激しい動悸をおさめようと深呼吸を一回。ナースが部屋に入るまでに、何とか落ち着くことができた。 「まだ手の方は痛みますか?」  いつものようにセックスフレンドの看護婦が尋ねてくる。 「そうですね。良くはなっていますが、まだちょっと…」  僕もいつものように嘘をつく。 「そうですか。本当に早く良くなる事を願っています」  願わないでください! 俺はいつまでもかわいらしい看護師とこんな事していたいんです! と心の中で叫びながら、準備をする。チラリとスマホに視線を送った後、僕はいつものように目隠しをしながらソファーに身を預けた。  
ズボンと下着をずらすと、そのあとはナースがそれを足から抜いてくれる。いつものように身を任せていると、ヤリマンの看護師のしっとりとした指先がチ○チンに触れた。ゆっくり丁寧な手つきでオチ○チンを撫でてくれる。しばらくすると、亀頭の先端になま温かいヌルリとしたものが垂れる感触があった。 先端が唾に覆われる。看護婦はそれを伸ばすように指先で撫でてゆく。鈴口をチロチロと触ったあと、その指先は亀頭と竿のつなぎ目辺りで円を描いた。20代の看護士の視線が今、どこを向いているのかを想像するとドキドキしてしまう。滑らかに這い回る指先の心地よさに、思わずビクンと腰が浮いた。  両方の太ももに、ヤリモクのナースの手の感触があった。そしてそのあとすぐに、竿にねっとりとした柔らかなものが触れた。ヌメリを帯びたそれは亀頭の先端から徐々に根元へと滑り、根元までゆくと、再び頂点に向かって上ってゆく。亀頭全体が温かいものに包まれ、柔らかくそしてざらざらとしたものが亀頭の周りをグルグルと動いていた。
 
  手をナースの胸のあたりへと伸ばしてみる。柔らかな感触の先に、硬いものが指先に触れた。波多野結衣似のナースはちゃんと服をまくり、胸を出してくれていたのだ。指先でその突起をいじってみる。 ジュプ…ジュプ…ぁん…ジュプ…ジュプ…ぁああん…ジュポ、ジュポ、ジュポ…んんぁあん…  口淫の合間に漏れるセフレの看護師の吐息。指でグリグリと乳首をいじると、体をビクビクさせているのが目隠しをしていても分かる。指で乳首を摘みながら刺激してあげると、ち○こをしゃぶる看護婦の口の動きもだんだん激しくなっていった。  右足に置かれていた可愛らしい看護師の手が離れる。だがまだ看護士のフェラチオは続いている。たっぷりと唾液を絡めながら上下に顔を動かすたびに、ジュプジュプと卑猥な水音が辺りに響く。その音に紛れて時々聞こえてくるナースの甘美な声。先日の動画の内容が蘇る。僕のチ○チンをしゃぶりながら、自分で自分を慰めていたあの姿が。現実にしゃぶられながら、あの日の映像をリンクさせる。目隠しを外して実際にヤリマンのナースがマスターベーションをしながらフェ○チオをしている錯覚に陥る。しばらく想像の中と現実をリンクさせながら楽しんでいると…。 「あの、床に寝てもらってもいいですか?」  突然、ナースがそんな事を言った。 「えっ? あ、はい、分かりました」  波多野結衣激似の看護士に言われた通りにしてみる。
 
スマホに対して体勢を横にすると、ナースの体を拝むことができず、よろしくない。この体勢のまま床に寝転ぶのがベストだ。俺はソファーから体をズルズルとずらし、床に寝転んだ。 「こ、これでいいですか?」  看護士に尋ねてみる。 「それで大丈夫です。ありがとうございます」  ナースがそう答えたあと、再び亀頭の先端が柔らかなものに包まれる。ジュプジュプという卑猥な水音は、さっきよりも心なしか遠くで聞こえる気がした。それと同時にあることに気付く。何だか近くでクチュクチュと音がするのだ。フェラの音とは違う水音が…。 (これってもしかして…)  離れて聞こえるフェラチオの水音。体勢から考えてヤリマンの看護士は俺に跨りながら向こうを向いてしてくれている。とういうことはつまり…。  クチュクチュと聞こえる水音に興奮を隠せない。看護師は僕の顔の近くで自らのものを弄りながらお口で奉仕してくれているのだ。目隠しを取りたい。目の前に晒されている看護師の下の唇を見てみたい。だけれどそれがバレたら関係が終わりを告げそうで怖い。でもちょっとだけ…。逸る気持ちを押さえつつ、目隠しをちょっとずらそうとすると、クチュクチュという水音が突然止んだ。 (ヤバイ! バレたか?)  慌てて目隠しを元に戻す。もう行為中に目隠しを取るのはやめよう。そう心に決めた時だった。再び亀頭の先端を、柔らかく温かなものが包み込む。 
 
(よ、よかった…どうやらバレてないみたいだ。危ない危ない。さとみちゃんの体はちゃんとスマホで撮れているだろうし、それは後のお楽しみにして、とりあえず今はナースのお口の感触を味わって…ぁあっ清純な看護師…オチン○ンをそんなに深く咥えたらあなたが苦しくなっちゃいますよ…ぁあっ、そんな根元まで咥えたら…ん? 根元まで?)  どう考えても深すぎる。比べたことはないが、俺は結構自信がある。太さも長さも…。それを口の奥まで咥え込むなんてあり得ない。  恐る恐る目隠しをズラしてみる。そして…  看護師がこちらに背を向けながら僕に跨り、ゆっくりと腰を上下に動かしている。僕の体の横に膝を突き、決して僕の身体に触れないような体勢になりながら。片手を突き、身を前屈みにしている分、お尻がこちらに突き出され、入っている所がバッチリと見えている。清純なナースのマンコの縦割れが、俺のち○ちんをしっかりと咥え、それが出入りしている様子がハッキリと…。 (ああっ! 看護婦とセックスしてる! ああっ! ビッチな看護婦とsexしてるなんて!)  清純な看護婦が決して声を漏らさぬように手で口を押さえながら必死で耐えている姿がさらに興奮を煽る。聞きたい。看護婦が喘いでいるその声を聞いてみたい。その衝動を抑えることができない。 (ああっ! もうこれで最後でいい! ナースが僕のチ○ポで乱れているところを見てみたいんだ!)  目隠しを投げ捨て、看護婦のお尻に手を伸ばす。 「きゃあっ!」  慌てる看護師がこちらを振り返る。 「ダメェええええ! 目隠しを取っちゃダメェえええ!」  慌てて俺の上から逃げようとするヤリモクの看護師の腰をしっかりと掴む。 「看護士! 僕はもう我慢できないんです! ビッチな看護士の奥をいっぱい突きたい! 下からいっぱい突き上げたいんです!」
 
 強引にかわゆい看護婦の体を引き寄せ、下からナースを突き上げる。 「ぁあん! ダメェ! ぁあんっ! ああああんっ!」  突くほどに、看護婦の口から快楽の吐息が漏れる。 「もうどうなってもいい! 嫌われてもいい! だけど今は看護師と思い切りエッチしたいんです! 綺麗な看護士もそうなんでしょう? だから内緒で僕のチ○ポを入れたんでしょう?」  下からズンズンと突き上げながら爆乳の看護士に尋ねる。 「ぁあん…恥ずかしい…あああん…でも…あ、あ、ああん…我慢できなくて…ぁあん、こんなに大きくて…硬くて…太いのを入れたら…私…どうなっちゃうんだろうって…ぁあん」 「嬉しいですよ清楚な看護師。いっぱい試してください。僕のち○こいっぱい試してください」  セフレの看護師のお尻を掴み、上下に動かしながら下から巨乳のナースの中にズブズブとち○こを突き刺す。 「あ、あ、すごい! 奥まで刺さっちゃう! あ、あ、ああんっ! すごい! こんなの初めて!」 「僕もこんなに気持ちいいのは初めてですよ! ほらっ! ああっ! セフレのナースの奥、すごくいいっ! ああっ!」 「ぁあん! こんなに奥を突かれるのが気持ちいいなんて! ぁあんん、すごい!」 「旦那さんは奥を突いてくれないんですか?」 
 
「ああっっ…こんなに強く奥を突かれるなんてないです…主人のは…あん、ゆうきさんほどおっきくないし…ああん、ああんっ、硬くて太いのが奥に当たって…はぁあん! おかしくなっちゃう!」 「おかしくなっていいですよ! 看護婦のおかしくなった姿を見てみたい!」 「ぁああん、ダメェ! それだけはダメェ! 見ないで、絶対に私の体を見ないでぇ!」 「どうしてですか? 見たいですよ。看護婦の体も感じている顔も見てみたい!」 「ダメェ! 私、自信ないから…そんなにいい体じゃないから…それに…顔を見られるのは恥ずかしいです…あ、あ、も、もし見たいってうなら…抜いちゃいますよ…あ、あ、ああん」 それは嫌だ。絶対に嫌だ。 「分かりました。でも…ハメてるところは見たいです。後ろから色っぽい看護師の感じているところは見たいです!」 「う、後ろからなら…ぁあん、でも、あんまりじっくり見ないでくださいね、恥ずかしいから…ぁああんぁああん」  後ろから見ることは許してもらえた。可愛らしい看護士の感じている顔は後でじっくり見ればいい。だって、セフレの看護師の向かいには、スマホをセットしているのだから…。 「ああっ、嬉しい。もっと感じてください! ほら、もっといっぱい聡美ちゃんのまんこの奥を突きますよ」  清純な看護婦の腰を掴みながら、下から突き上げる。前のめりになっているので、看護士の割れ目が俺のおち○ちんを咥え混んでいる様子がバッチリ見える。
 
 「ぁん、すごい! すごい! すごい…ああんっつ! 奥までいっぱい当たっちゃう! ああん、すご?いっ!」  僕の突き上げに、波多野結衣激似の看護婦が腰をくねらせる。くねらせる度にチンコがキュッと締め付けられ、心地よい感覚が僕を襲ってくる。 「ああっ、最高です! 20代の看護婦のおめこ、最高です!」 「ああっん、嬉しい…私も…ああん…ゆうきさんの…お○ん○ん…すごく…ああっあん、好きです」  ビッチな看護師がそんな事を口にしてくれた事に驚き、そして興奮する。 「ああ、嬉しいです。巨乳のナース…いっぱい突いてあげますよ。このチ○ポでセックスフレンドの看護師のこといっぱい気持ちよくしますよ」 「ああん、嬉しい…いっぱい突いてください。奥を、いっぱい突いてください!」  波多野結衣激似のナースの腰がクネクネと動く。それに合わせるように下から激しく突き上げる。スリムな看護士の体が浮き上がるほどに強く、何度も何度も…そして…  「ああああん! ダメェっ! すごい、すごい、すごい! ぁあん、おかしくなっちゃう! ぁあんあん、気持ち良すぎておかしくなっちゃう!」 「僕もおかしくなりそうですよ! 波多野結衣似のナースのオマンコが気持ち良すぎておかしくなりますよ!」  快楽が二人をおかしくさせる。団地内、周りに聞こえるほどの声でお互い快楽の言葉を放ち合う。もうどうでも良かった。今、この瞬間が最高に気持ちいいなら。 「ああっん、もうダメェえええ! イキそう! あ、あ、あ、あだめっ、だめぇっ、いく、いく、いく」 「ああ、僕ももう…ああっ、出る、出る、出る…ああああっ」 「イッちゃう! イッちゃう! いく、いく、いく、いく…あ、あ、あ、いく、イク、イク…あ、あ、あ、あああああああああああんっ!」  身を大きく仰け反らせながら、ヤリモクの看護師が絶頂の声を上げた。 「あ、あ、ああああああああ!」
 
 それを見ながら俺も絶頂を迎える。ち○この先端からドクドクと精子が飛び出し、看護師のマンコの中に、その精子を大量に生中出しする。体をびくつかせるセフレの看護士。ちんこが抜けたそのおまんこの割れ目から、ドロリとしたザーメンがダラリと溢れ出す。僕たちは快楽の余韻に浸りながら、息を荒らげたまま、ぐったりと床に寝転んでいたのだった。   「中出しエッチしちゃいましたね…僕たち」  お互い服を着ながら、ちょっと照れ臭い雰囲気に包まれる。 「そうですね…しちゃいましたね。まさかこんな事になるなんて…」  看護士がはにかむ。チラリと覗く八重歯が可愛い。 「本当に。あの時、看護師が勘違いしなかったらこんな事にならなかったですよね」 「そうですね。あんなことがなければね」 「でも、波多野結衣激似の看護師の下着だったら欲しいかも」 「ええ? もうやだぁ…」 「いやいや、本当ですよ。看護士の下着なら喜んで」  俺が言うと、ナースはちょっと考えた顔をした後、僕に背を向けた。服をめくり上げる。清楚なナースは背中に両手を回すと、ブラのホックを器用に外した。 「ちょっと目を瞑っててくれませんか?」  腕で胸の辺りを押さえ、顔だけでこちらを振り向くと、爆乳の看護師はそう言った。
 
 「わ、分かりました…」  看護師に言われた通りに目を瞑ると、程なくして目のあたりに、ほのかなナースの匂いと共に生地が当たる感触があった。 「もう…変態なんだから…」  決して嫌ではない口調。親しみを込めた憎まれ口を叩いたすぐ後、唇に柔らかな感触が襲う。俺たちはお互いの感触を味わいながら、何度も唇を重ねた。看護婦との初めての求め合うキスにドキドキする。 「私、ちょっとお買い物に行かないといけないので帰りますね。下着を使ってエッチなことしちゃダメですよ!」 爆乳の看護士が 言った後、チュッと一度キスしてくれた。スレンダーな看護婦が玄関の方へと向かい、一度こちらを振り向き、胸の前で小さく手を振った後、再び玄関へと向かう。ドアが閉まる音がした後、僕はセットしていたスマホを手に取った。  さてと…もらった下着を使ってエッチなことしようかな…sexフレンドのナースの感じているこの顔。口を半開きにし、八重歯を覗かせながら感じている顔をたっぷりと拝みながら…。
  「んん…ぁああんっ! ねぇ…聞いてますか? ぁああ…他の女の人の事考えてたの?」  俺に抱きつき、自ら腰をくねらせながら爆乳の看護婦が尋ねる。 「えっ? ち、違いますよ。爆乳のナースとこんな関係になったきっかけを思い出してたんですよ」 「本当に? 本当に私のこと考えてたの?」 「もちろんですよ…だって看護士とエッチするのは最高に気持ちいいんだから」 「あん…私も…です…あの…さっきから言ってるんですけど…キスしながら、いっぱい突いてください」 「いいですよ。いっぱいキスします。キスしながらいっぱい奥を突いてあげますよ」 「あ、あ、あ、あっ! いいっ! あぁん、すごい、すごい、すごい! ぁあん、もっと突いて! 突きながらもっとキスしてぇ!」  快楽の笑みを浮かべるセフレの看護士を強く抱きしめ、下から激しく奥を突き、舌を絡ませ合う。舌でヤリモクのナースの可愛い八重歯を舐め回しながら、看護師の口をたっぷりと味わう。口元をお互いの唾液で淫らに汚しながら、僕たちは快楽を貪りあっていったのだった。
 
出会い系アプリでの爆乳の看護士との中出しsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

















































 
今回セフレの看護師といますぐ即ハメsex出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐセックスさせてくれる綺麗な女性と出会ってsexフレンドにしてオフパコsexできませんので、ハッピーメール(happymail)に登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出会系サイトで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳細に解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハッピーメール(happymail)は18歳未満は登録できません。


 

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex