deaisex_novel

【出会い系大人の関係】四十路のおばさんとタダマンセックス


 
こんにちは。ゆうきです。
 
管理人は飽きもせずであいけいコミュニティでかわいい女の子と即会いして、ただまんsexをやっています(^▽^)
 
さて、今回は出会いやすい評判の良い出会系コミュニティのピーシーマックスで出会った飯島直子似のセフレの美魔女と愛知県あま市で会ってセックスフレンドにして今からすぐタダマンセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メが沢山取れましたのでレポートします。
 
※この記事にはアダルトなsexのはめ撮り写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系サイトのPCMAXで出会った女は美熟女で、名前はりょうこちゃんといい、顔は飯島直子似の超美人でした\(^o^)/
 
出会い系サイトPCMAXでのかわゆい美魔女のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトピーシーマックスでのアラフォーの美魔女の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
セフレの美熟女とは、出会い系コミュニティのPCマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、木田駅近くのお洒落なフレンチレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホテルに行って即ハメエッチをしました。
 
俺と欲求不満な熟女が愛知県あま市の木田駅近辺のラブホの部屋に入った。ラブホテルの部屋で40代のおばさんは上着を脱いでハンガーに掛けた。「そっちで横になって待ってて」「うん」 ラブホテルの広さは8畳ほど。カーペット敷きの洋間に鏡台などがあり、あとはベッドでほとんど一杯だった。 僕はシャツを脱ぎながらベッドに腰を下ろした。上着に次いでセフレの熟女はズボンも脱いだ。すると、大きめサイズのTシャツが腰まで隠した恰好になる。おばさんのむっちりした膝裏におばさんの色香がただよう。 ところが、セフレの熟女はそれ以上脱ごうとしない。「見られるの恥ずかしいから、そっち向いてて」 しかも、欲求不満な美熟女は突然そんな乙女のようなことを言い出したのだ。 僕は意外だったが、熟女とはいえ、女のたしなみがあるのだろうと思うことにした。なによりセックスレスの熟女のTシャツをこんもりと盛り上がらせている巨乳の乳房の膨らみが目に刺さり、いずれあの代物が拝めるのだと思って、一時の我慢はやむを得まいと考えたのだ。「分かった。じゃあ、こっち向いてますから」 下着一枚になった俺は、素直に窓のほうを向いて横になった。 背後では、おばさんの静かな息遣いと衣擦れのかすかな音がする。「こっち向いたらダメだからね。お願いよ」「分かってますって」 欲情は高まる一方だが、こうした待つ時間も悪くない。やがて先ほどよりも近づいた声が言う。
 
「先にベッドに入っていて」「うん」 俺は言われたとおり、毛布をめくり横たわる。相変わらず視線は窓を向いたままだ。すると、暖かい体が潜り込んできた。 美魔女のむっちりとした太腿が脚に絡みついてくる。「うぅ、暗くなるとしゃっこいねえ」 照れているのか、巨乳の美熟女はわざとおどけたように言った。 僕は背中に温もりを感じながら答える。「でも、こうしてくっついていれば暖かいよ」「ゆうきくん、こっち向いて」「いいの?」「んもう、イジワル。こっち向いて」「わかった」 寝返りを打つと、間近にかわいらしい美魔女の顔があった。いつの間に塗ったのだろう、セックスレスのおばさんの唇には先ほどまでなかった濃いめのルージュが引かれていた。「りょうこさん──」 欲求不満な熟女のちょっとしたたしなみがいじらしい。僕は生唾を飲んだ。「ゆうきくん」 やがて40代のおばさんは目をつぶり、唇を差し出してきた。 俺が唇を重ねる。「ふぁう……涼子ちゃん」「んふぁ……レロッ、ちゅるるっ」 すると、躊躇なく舌が入ってきた。熟女の舌は熱く、たっぷりと唾液をたたえて口内を貪ってくる。「べろっ……びちゅるるるっ」「ふぁお……レロレロちゅる」 舌同士が絡み合い、互いの息を呑み込む。体の結びつきも激しさを増し、手足が忙しそうにもつれ合った。「ふぁう……ハアッ、ハアッ」 僕はキスをしながら清楚な熟女の巨乳のおっぱいをまさぐった。服の上から観察したとおり、欲求不満な熟女の巨乳のオッパイはボリュームたっぷりだ。揉みしだくほどに柔らかく、すっかり完熟の域に達している。 セックスレスの美熟女の巨乳のオッパイを指で弾くと、乳首が硬くしこるのが分かった。「ぷはっ──あんっ」 思わず四十路の熟女が声をあげる。感じているのだ。いい気になった僕は、背中を丸めて乳首にしゃぶりついた。「びしゅるるるっ」「んあああーっ」 激しい吸引に熟女が仰け反る。俺の髪の根に指を差し込み、胸に押しつけるようにしながらかき回す。 熟女の体は清潔な石けんの香りがした。「むふぅ、ちゅうっ、みちゅうっ」 無我夢中で吸い付く僕。舌の上で乳首は長く感じられた。表面は毛穴が立ってざらっとしている。角が立つほど勃起していた。
 
「ああっ、んはあっ、イイッ」 乱れるほどに、二人を覆う毛布がはだけていく。最初はあれだけ見られるのを恥ずかしがっていた美魔女だが、いまやすっかり熟した果実をさらけ出していた。 俺は、ともすれば重力に負けがちな美魔女の巨乳のおっぱいを両手でわしつかみ、揉みしだきながら交互に乳首を吸った。「びちゅ……ぷはっ、じゅぱっ、レロレロ」「んあっ、ひっ……あふうっ」 そうしている間にも、手は互いの肉体を這い回っている。四十路のおばさんのわななく手はチン○ンを逆手につかみ、裏筋をねっちりと擦っていた。「んふぅ、んんっ。ああ、カチカチで反り返ってる」「ぷはっ……ハアッ、ハアッ。おお、りょうこちゃん」 僕はアラフォーの美魔女の手つきに翻弄された。ただ握って擦るだけではないのだ。五本の指を開いたり閉じたりしながら、流れるように上下に扱くのだった。めくるめく快楽が股間から突き上げてくる。「はううっ、おお……」 こめかみがドクドクと音を立てる。僕はお返しにおばさんの割れ目に手を差し込む。「あっ……ダメ……」 とたんに美魔女は脚を閉じようとする。だが、そのときすでに俺の指は花弁を弄んでいた。ぬるりとした愛液が手にまといついてくる。 巨乳の美魔女の恥骨のすぐ下辺りに、ぴこんと飛び出たピンク色の突起を見つける。「リョウコさんのここ──ビンビンに勃っているよ」 僕は言いながら、指の腹で尖りを押し潰す。「ああっ……い、いいっ」 ついに高く声をあげ、おばさんはしどけなく背中を反らした。 もはや毛布は意味をなさなくなっていた。反り返った瞬間、セフレの美熟女は恥骨を突き出すようにし、恥丘を覆う草むらがつやつやと照り映えた。「ハアッ、ハアッ」 僕は息を荒らげつつ、二本の指をおまんこへとねじ込んでいく。「はううっ……」 美魔女がビクンと反応する。おのずと股を開いていった。 指はなんなく入り、中もグズグズに蕩けていた。「ハアッ、ハアッ。どう、気持ちいい?」 僕は横寝の姿勢でてこきに励む。おばさんのオマ○コに指を出し入れするたび、ぬちゃくちゃと粘った音がした。締めつけるまんこの入口に比べて、奥は広がっているようだ。「はひぃ、んはあっ、あ……ダメ……」「涼子ちゃんの感じている顔、すごくいやらしい」「あんっ、そう言うゆうきくんもなまらスケベな目をしてる」「うん、だってものすごく興奮してるから」「ああっ、ゆうきくん──」 おばさんはかき抱くように俺の顔を引き寄せて、唇を押しつけてくる。「みちゅ……レロッ……」「ふぁう……るろっ」 口内で熟女の舌がのたうち、這い回る。その性急な舌使いは美熟女の欲求不満を表しているようだ。 俺のマンコを探る手が激しさを増す。「んちゅ……ハアッ、りょうこさんのマ○コ、グチャグチャだ」「あっ……あうぅ、ダメよ。そこは感じちゃうから……んああっ」 マ○コの中でかき回すようにすると、美熟女は逃れるように寝返りを打った。セックスレスのおばさんの脂の乗りきった肢体が蠢くさまは、女の淫らな本性を見せつけられているようだ。 花弁から新たな蜜が噴きこぼれる。「あひいっ……あああーっ」 悩ましげに暴れるたび、完熟した巨乳のオッパイがゆっさゆっさと揺れた。「ハアッ、ハアッ」「ああ、もうダメ……ゆうきくんのチンコが欲しい」
 
 ついに巨乳の熟女が堪えきれず挿入をねだってきた。 一方、僕も高まる欲情を抑えきれない。「分かった」 すぐに応じると、あうんの呼吸で上になる。 一緒にセックスフレンドの美魔女も転がり仰向けになった。「きて」「いくよ」 脚の間に割って入り、反り返ったちんこを構える。口を開けたスタイルのいいおばさんのマンコは淫らによだれを垂らしていた。 僕は生唾を飲み下し、張り詰めたおちん○んを空ろへと挿していく。「ぬおぉ……」「んはあっ、ゆうきくん──」 入口でいったん阻むようだったまんこだが、中へ入ると楽になった。といって緩いわけではない。40代の美熟女のオ○ンコは柔らかく、全体を包み込むような感触だ。 根元まで挿入した俺はひと息つく。「すごくあったかくて、なんだか子宮に還ったみたいだ」 すると、見上げる美熟女が笑みを見せた。「うふふ、赤ちゃんみたいなことを言うのね。かわいいわ」 そう言って両手を差し伸べてくるので、俺はそれに応えてキスをする。「そう言う涼子さんだって、近くで見るとかわいいですよ」 俺が言ってのけると、巨乳の熟女ははにかみながらも睨む真似をした。「もう、生意気言って……好きよ」「俺も、遼子さんのことが好きです」「ああ、もうわやくちゃにしてっ」 すると熟女はふいにスイッチが入ったのか、尻を揺さぶりだした。「ぬあっ……」 隙を突かれた俺は愕然とする。しかしすぐに立ち直り、こちらから攻めてやろうと抽送を繰り出してみせる。「うおっ、ハアッ、ハアッ」「ああっ、イイーッ」 とたんに清純なおばさんはいなないた。オ○ンチンがお○んこを抉るたび、腹から息を吐き、悩ましげな表情を浮かべるのだった。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」 やがてリズムが整ってくる。僕は両手をついて、セックスレスの熟女を押さえつけるようにして腰を振っていた。 見下ろすsexフレンドの熟女の顔は快感に歪み、目尻や口の端に経験してきたなりの年輪が浮かんでいる。「ああっ、イイッ。ステキよ、ゆうきくん」 だが、決して醜くはなかった。少なくとも僕の目には、巨乳のおばさんの人生が刻みつけられた証として、愛でるだけの価値があるものと映っていた。「ハアッ、ハアッ、りょうこさん」「ああ、ダメ。どんだば……もう」 しかし、まもなくセフレの美魔女に変化があった。一瞬、顔を紅潮させたかと思うと、突然体を大きく波打たせ始めたのだ。「ああーっ、イイッ。イクッ、イクうっ」「ハアッ、ハアッ。おお、涼子ちゃん……」 快楽に浸る俺は止まらない。美魔女の変化には気付いていたが、ち○こに走る愉悦には勝てず、腰を大きく前後に振り続けた。 おばさんががくりと頭を仰け反らせる。「あひっ、イッちゃう……イイイイーッ!」 可愛い美熟女はいきなり叫ぶと、四肢をグッと突っ張らせた。さらに上に男を乗せているとは思えない力で腰を持ち上げ、きれいなブリッジを形作った。「ぐはっ……」 おちん○んの根元も締めつけられる。だが、俺は耐えた。 かたや欲求不満な熟女はもう引き返せない。sexフレンドのおばさんの下腹がガクガクと震えだし、喘ぎ声も途切れがちになりながら絶頂を貪る。
 
「んあああーっ、ああっ、イイッ」 飯島直子似の熟女は吠えるように喘ぐと、次の瞬間にはぐたりと動かなくなった。「ハアッ、ハアッ、ハアッ、ハアッ」「ひいっ、ふうっ、ひいっ、ふうっ」 イッたのだ。俺は紅潮したまま息を整えるセックスレスの熟女を眺めていた。美しい。熟女が前のダンナと別れた後のことは聞いていないが、よほど男に飢えていたのは確かなのだろう。熟女のイキざまの激しさからもそれは窺える。 ところで、まだオチ○チンはオマ○コに刺さったままだった。 美しい美魔女の呼吸もようやく落ち着いてくる。「わたしだけイッちゃった。ゴメンね」「ううん、全然。感じてくれてうれしいよ」 本心からの言葉だった。僕としては、年上の女を先に絶頂させたことで、自分の男としての価値が上がるような気がしていたのだ。 すると、ふいにsexフレンドの熟女が尻をもぞもぞと動かした。「ねえ、ゆうきくんのまだ元気っしょ。このまま続けよう」「え……うん」 もちろん俺にも異論はない。巨乳のおばさんの立ち直りの早さに驚いただけだ。「じゃあ──」 僕は調子を付けるように言うと、ゆったりと腰を振り始めた。「ハアッ、ハアッ、ハアッ」「あっ、あんっ、ああっ」 体位は正常位のまま変わらない。俺は床についていた手を四十路の美熟女の腰に持ち替えて深く浅く突き刺した。「ああっ、はぁん、あふっ」 清純な熟女の喘ぎ声も落ち着いたところから始まったが、ちょっとした刺激にも、絶頂前より敏感になっているようだ。 すでにラブジュースまみれとなったチン○ンは、オマンコの温もりに包まれて、いまにもふやけてしまいそうだった。「っくはあっ、ハアッ、ハアッ」 だが、実際にはそうならないことも知っている。膨れ上がった海綿体は、ザーメンを吐き出すことでしか萎えることなどないのだ。 僕は巨乳の熟女の柔らかい腰肉をつかみ、振り子の原理で太竿を繰り出す。「ハアッ。ぬあ……ハアッ、ハアッ」「ああ、イイッ。奥で抉れて……んああっ」 中の凹凸にカリ首が擦れて気持ちいいようだ。40代の美魔女の体が大きく波打ち、たっぷりした太腿が落ち着かなそうにもぞもぞと蠢いている。 やがて美熟女の脚が僕の腰に絡みついてきた。「あああっ……よ、リョウコさん」 勢いで奥まで突き刺さり、ち○ぽが悲鳴を上げる。なぜだろう、気がつくとお○んこの表面がうねるように締めつけてくる。「このまま……このままわたしが上になっていい?」「ああ、いいよ。分かった」 俺らはつながったまま身体を入れ替え、巨乳の美熟女は上半身を伏せるようにしてまたがってきた。「ハァン、このちんぽなまら好き」 淫らなことを口走ったかと思うと、おもむろに腰を揺り動かした。 ちんぽに押しつぶされるような刺激が走る。「ぬあぁ……俺も、涼子ちゃんのお○んこが大好きだよ」「ああん、うれしい」 俺の言葉で気分を良くした細身の美熟女は、うっとりとして尻を蠢かした。 巨乳の美魔女の緩みかけた肉体が体の上で踊る。そのしっとりとした肌触りがまた欲情をそそる。「ああ……清純な美魔女さぁん」 俺は頭がカッとなり、滅多矢鱈に腹上の巨乳の美魔女を揺さぶった。 しかし、小柄で華奢だった玲奈とは勝手が違う。オナホのように振り回そうにも、脂の乗りきった熟女では簡単にいかない。
 
「はあっ、ハアッ、ハアッ」 それでも俺はオチンチンを懸命に叩き込んだ。腰も使い、振り幅を稼ぎつつ、快楽を限界まで求めた。「あっひ……ああ、ステキ」 突っ伏しているせいで細身のおばさんの声はくぐもっている。俺の抽送に合わせて、浅い息を吐きながら、自分もへこへこと腰を動かしていた。 するうち、オチンチンが限界を訴え始める。「っくはあっ、うう……俺、もうダメかもしれない」「いいの。きて、わたしも──んあああっ、ダメえっ」 巨乳の美熟女も大波にさらわれつつあるようだ。しっとりとした清楚な美魔女の肌には汗が浮かび、予兆のようにあちこちの筋肉が痙攣した。「あああっ、イイッ。もうダメ……」 おばさんは搾り出すように言うと、体のバランスを崩した。「おうっ──」 滑り落ちる清純な美熟女を追って、俺も一緒に転がる。 気付くと、また正常位に戻っていた。「ハアッ、ハアッ。遼子さん、一緒にイこう」「うん、きて」 スタイルのいい熟女の蕩けた顔は壮絶だった。結婚離婚の経験も乗り越えて、大人の女がまるで甘えきった表情を見せているのだ。(かわいい……) 奮い立った俺は、飯島直子激似の美魔女の太腿を抱えておち○ちんを突き入れる。「うらあああっ」「んあああーっ、イイッ、イイイーッ」「ハアッ、ハアッ。遼子さん、涼子さんっ」「ああっ、ゆうきくん。わたし、イッちゃいそう──」「いいよ。俺ももう……」「あっ……ダメ。イイッ、イクッ、イッちゃううっ」 絶頂に至るまでそれほど長くはかからなかった。四十路の熟女はイヤイヤするように首を左右に振りながら、思い切り背中を弓なりに反らした。「あっふ……んあああーっ!」 絶頂に腰をうねらせ、清純な美熟女は全身を大きく震わせた。 同時にお○んこが不思議な蠕動を起こし、ち○ちんを締め上げる。「ぐはっ、イクうぅっ──」 身構える余裕はなかった。蠢く凹凸に裏筋を刺激されたとたん、俺が「で、出るぞっ!出るぞっ!」と言いながらおばさんのマンコの中に精液をたくさん中出しした。「あああ……」 先に絶頂した清純な美熟女は、身を任せたきりスペルマの噴出を受け止める。四十路の美熟女は口から長い息を吐き、緊張しきった体が弛緩していく。 だが、オ○ンコだけは名残惜しげに不規則な震えを見せた。「あふっ……ああ……」「うう……ハアッ、ハアッ、ハアッ、ハアッ」 全てを出し切った俺は、ゆっくりとペニスを引き抜いていく。「おふっ」「あんっ」 勃起が収まらず、抜いたときにはぷるんとお○んちんが弾かれ、愛液の混じった精液がしずくとなって跳ねた。 巨乳の美熟女は胸を波打たせながら、満足そうな笑みを見せる。「ゆうきくん、最高だったよ。」
 
出会い系サイトでの清楚な熟女との即はめセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



























































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系出会える】巨乳のマダムと即はめセックス

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex