deaisex_novel

【出会い系やれる】清楚なアイドルとタダマンエッチ


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は相も変わらず出逢い系マッチングサイトで美しい女の子漁りをして、オフパコエッチをやっています(^○^)
 
さて、今回は本当に出会えるきちんと退会できる出逢い系サイトのPCマックスで出会ったセックスフレンドの地下アイドルと東京都練馬区で会ってセフレにしていますぐオフパコsexをしてきたのですが、はめ撮り写メがいっぱい撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事には過激なエッチのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出逢い系マッチングサイトのPCマックスで出会った女は地下アイドルで、名前は陽菜さんといい相当美人でした(o^∇^o)
 
出会い系サイトピーシーマックスでの清楚な地下アイドルのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでのスリムな地下アイドルの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
斎藤ちはる似のアイドルとは、出会い系SNSのピーシーマックスで知り合ってLINEでやり取りした後、光が丘駅近辺の洒落た個室居酒屋に飲みに行った後sexしてもOKとのことだったのでいつものようにラブホテルに行ってハメどりエッチをしました。
清純なアイドルと僕が東京都練馬区の光が丘駅近くのラブホの部屋に入ると、俺がドアを内側からカチリとロックした。密室になると清楚な地下アイドルの緊張が増したように、ふんわりと甘ったるい汗の匂いが感じられた。 「先にシャワー浴びていいかな」僕が言って洗面所に入ると、「ええ、じゃこのタオルを」アイドルが棚からタオルを出してくれた。 俺は手早く全裸になった。バスルームに入ってシャワーの湯を出し、ボディソープで股間や腋、耳の裏を洗って放尿までし、念入りに口をすすいでから手早く出た。何しろ待ちきれないほどオチ○チンがピンピンに勃起しているのだ。 身体を拭き、脱いだ服を抱えて全裸のまま洗面所を出ると、「あ……」 思わず俺の股間を見た地下アイドルが小さく声を洩らした。「じゃ私も流してきます……」 アイドルは言って俺の横をすり抜けようとするので、俺は服を置いてヤリモクの地下アイドルにしがみつき、そのまま寝室へと連れていってしまった。
 
「あん、まだダメ……」「もう待てないし、ナマの匂いも知りたいから」 むずかるセックスフレンドのアイドルの服を脱がせながら、俺は興奮を高めて言った。「だって、ゆうべシャワー浴びただけだし今日も動き回ったのよ。それに食後の歯磨きもしていないから……」 息を震わせて言うセフレの地下アイドルからは生ぬるい匂いが悩ましく漂い、僕はなおも脱がせていった。 とうとう20代の地下アイドルも諦めたように、途中から自分で脱ぎはじめたので、俺は安心して先にベッドに横になった。 枕には、スレンダーなアイドルの匂いが濃厚に沁み付いていた。髪や汗や、涎などの混じり合った匂いが鼻腔をくすぐるたび、その刺激がオチン○ンに伝わってきた。 アイドルも、相当に期待と興奮を高めているのだろう。脱ぐとなるとためらいなく最後の一枚を脱ぎ去り、一糸まとわぬ姿になってくれた。 20代の地下アイドルは透けるように色白の肌で、胸元にもソバカスが窺えた。 ほっそりして見えるが着痩せするたちなのか、案外バストも尻も艶めかしく豊かな方だった。 アイドルがモジモジと添い寝してきたので、俺も清楚なアイドルを仰向けにさせてのしかかり、まずは薄桃色の乳首にチュッと吸い付いていった。「あん……」 スレンダーな地下アイドルがビクリと反応し、か細く声を洩らして肌を緊張させた。  
やはり男に初めて触れられるというのは格別なようだ。 俺は、地下アイドルのコリコリと硬くなっている乳首を舌で転がし、張りのある膨らみに顔中を押し付けて感触を味わった。 もう片方の乳首も含んで念入りに舐め回すと、ほんのり汗ばんだ胸元や腋からさらに甘ったるい汗の匂いが濃く漂ってきた。 両の乳首を味わう間も、斎藤ちはる似の地下アイドルは息を弾ませてクネクネと身悶え続けていた。 さらに俺はセフレの地下アイドルの腕を差し上げ、ジットリ湿った腋の下にも鼻を埋め込んで嗅ぎ、スベスベの肌に舌を這わせた。「あう、ダメ、くすぐったいわ……!」 アイドルが身悶えて呻き、さらに濃い匂いを揺らめかせた。 そのまま俺は微乳のアイドルの脇腹を舐め、スベスベの肌を味わいながら下降した。 形良いわきを舐め、張り詰めた腹部に顔を押し付けて弾力を味わい、腰骨を舐め回すと、「く……!」 そこもくすぐったいようで、アイドルが息を詰めて腰をよじった。 相当に感じやすいらしく、しかもすでに快感を知っている上、初の男の愛撫だから反応も激しかった。 腰から股間のY字になった水着線も腰をくねらせたが、僕は股間を後回しにして脚を舐め下りていった。
 
地下アイドルは体毛は薄いのかケアが行き届いているのか、脛もツルツルだが淡い汗の味がして、俺は足首から足裏に回った。 踵から土踏まずを舐め、縮こまった指の間に鼻を割り込ませて嗅ぐと、アイドルの清楚な顔立ちからは想像もつかないほどムレムレの匂いが濃厚に沁み付いて鼻腔を刺激してきた。 僕は充分に蒸れた匂いを貪ってから爪先にしゃぶり付き、汗と脂に生ぬるく湿った指の股を順々に味わい、もう片方の足も味と匂いが薄れるほど堪能し尽くしたのだった。 そして大股開きにさせて脚の内側を舐め上げ、白くムッチリした内腿をたどりアイドルの股間へと顔を迫らせていった。 微乳のアイドルの丘の若草も淡く楚々としていたが、おめこの割れ目は分泌液が驚くほど大洪水になっていた。 斎藤ちはる似のアイドルはさすがに処女らしく、はみ出した陰唇は小振りだったが、指を当てて左右に広げると、ピンクの柔肉はヌメヌメと蜜汁にまみれ、息づく無垢な膣口からは白っぽく濁る粘液も滲んでいた。「アア……」 アイドルは、陰唇を広げられ、奥まで見られているだけで熱く喘ぎ、白い下腹をヒクヒクと波打たせていた。「すごく濡れてる。でも綺麗な色だよ」「い、言わないで……」 アイドルは激しい羞恥で息も絶えだえになり、か細く言った。
 
「おま○こ舐めてって言って」「い、言えないわ、そんなこと……」 強烈な言葉を股間から言うと、微乳の地下アイドルは反射的にビクリと内腿を震わせて小さく答えた。「言わないと舐めてあげないよ。ほら、指より気持ち良くなりたいでしょう?」 僕は言いながら、ぬめり汁に濡れた指先で膣口の襞を擦り、小粒のピンク色の突起にも触れてやった。「あう……、お願い、意地悪しないで……」 アイドルは、指だけで果てそうなほど身悶えて呻いた。「さあ、言ったらいっぱい舐めてあげるからね」「お、お願い、オ、まんこ舐めて……、アアッ!」 とうとう口に出し、斎藤ちはる激似の地下アイドルは自分の言葉だけでヒクヒクと小さなオルガスムスを得ているように痙攣した。 もう俺も焦らさず、吸い寄せられるように顔を埋め込んでいった。 俺はヤリマンのアイドルの柔らかな恥毛に鼻を擦り付け、隅々に生ぬるく籠もった悩ましい匂いを胸いっぱいに貪った。 甘ったるい汗の匂いと、ほのかな残尿臭、そして処女特有の恥垢によるものか淡いチーズ臭も混じって俺の鼻腔をかき回してきた。「いい匂い。すごく濃い」「あう……!」 嗅ぎながら言うと、さらなる羞恥で貧乳のアイドルが呻き、ムッチリと内腿できつく僕の両?を挟み付けてきた。
 
 僕ももがく腰を抱え込んで押さえ、舌先で執拗にクリちゃんを刺激してやり、匂いで胸を満たしながら淡い酸味のヌメリをすすった。「アア、い、いきそう……」 ぺちゃぱいのアイドルが喘ぎ、何度かブリッジするように身を反り返らせ、ガクガクと腰を跳ね上げた。 さらに僕は可愛いアイドルの両脚を浮かせ、尻の谷間に迫った。 ピンクの蕾は可憐な形で細かな襞を息づかせ、ひっそりと閉じられていた。 鼻を埋めて嗅ぐと、蒸れた汗の匂いが沁み付き、舌を這わせてヌルッと潜り込ませ、滑らかな粘膜を味わった。「く……、いい気持ち……!」 するとアイドルが呻き、モグモグとアヌスホールで僕の舌先を締め付けながら、何とも意外なことを言ってきたのである。「ね、お願い、そこにこれを入れて……」 アイドルが言い、枕元の引き出しから何やら器具を取り出したのだ。 受け取ると、それは電池ボックスにコードでつながった、楕円形のローターであった。 僕は、充分に清楚な地下アイドルのおま○この蕾を舐めて濡らしてから、ローターをあてがい、指の腹で押し込んでいった。 細かな襞が丸く開いてローターをのみ込み、たちまち入って見えなくなった。
 
 あとはコードが伸びているだけで、僕が電池ボックスのスイッチを入れると、奥からブーン……と、低くくぐもった振動音が聞こえてきた。「アア……、いい気持ち、どうか、前に入れて、あなたのものを……」 地下アイドルが激しくおま○この割れ目を息づかせてせがんだ。 微乳のアイドルは前後の穴に何か入れられ、それでsexフレンドのアイドルは何度も絶頂に達しているのだろう。 まったく、これで処女というのだから驚くほかはない。「陽菜ちゃん、じゃ入れるけど、中出しは大丈夫なの?」「ええ、ピルを飲んでいるから……」 念のために訊くと、地下アイドルが息を弾ませて答えた。 俺も興奮を高めて身を起こし、股間を進めてチ○チンの先端をオ○ンコの割れ目に擦り付けた。 そしてヌメリを与えながら位置を定め、ゆっくりと膣口に挿入していくと、張り詰めた亀頭が潜り込み、あとはヌルヌルッと滑らかに根元まで吸い込まれていった。 何とも心地よい肉襞の摩擦と締め付け、熱いほどの温もりと大量の潤いがおちんちんを包み込み、さらにアナルに入っているローターの振動が、間の肉を通してち○ちんの裏側にも伝わってくるのである。「アア……、い、いきそうよ。突いて、強く……!」
 
 セフレの地下アイドルが処女らしからぬことを口走り、僕も妖しい刺激に高まりながら身を重ねていった。 アイドルが下から激しく両手でしがみつき、僕も小刻みに腰を突き動かして高まりながら、上からピッタリと唇を重ねた。 柔らかな感触と唾液の湿り気を味わい、舌を挿し入れて滑らかな歯並びを舐めると、「ンン……」 地下アイドルも舌をからめ、熱く鼻を鳴らしてきた。 互いの動きは激しくなり、股間をぶつけ合うようにピストン運動をすると、ピチャクチャと淫らに湿った摩擦音が聞こえてきた。ヤリモクの地下アイドルのオマンコからは大量の膣液が溢れ、揺れてぶつかる陰のうも生温かく濡れた。「ああ……、すごいわ……!」 アイドルが口を離して喘ぎ、俺は熱い吐息を嗅いだ。それは香穂に似て甘酸っぱい果実臭だったが、パスタの名残のガーリック臭も淡く混じり、悩ましく鼻腔が刺激されて興奮が高まった。 やはりケアして無臭に近いより、抜き打ちでナマの濃い匂いを感じる方が一種のギャップ萌えで激しく燃え上がるのである。 俺は地下アイドルの口に鼻を擦り付けながら、激しい律動に昇り詰めてしまった。「く……!」 肉襞の摩擦と湿り気、ローターの振動、唾液と吐息の匂いにより、俺は呻きながら快感とともに、熱い大量のスペルマをドクンドクンと勢いよく地下アイドルのマンコの奥深くにほとばしらせた。「あ、熱いわ。出ているのね、とってもいい気持ち……、アアーッ……!」 すると噴出を感じた途端、美しい地下アイドルも声を上ずらせながらガクガクと狂おしいオルガスムスの痙攣を開始したのだった。 やはりバイブは射精しないので、スペルマで奥を直撃される感覚が絶頂のスイッチを入れたのだろう。 それに人工物のバイブより、血の通ったちんぽの方が良いに決まっている。
 
 僕は心ゆくまで快感をかみ締め、最後の一滴まで精子を出し尽くしていった。 そして満足しながら徐々に動きを弱めてもたれかかると、「アア……、こんなに良いなんて……」 清楚な地下アイドルも満足げに口走りながら、肌の硬直を解いてグッタリと身を投げ出していった。 完全に動きを止めても、まだローターの振動が伝わっていた。 膣内の収縮も続き、刺激されたおちん○んが内部でヒクヒクと過敏に震えた。 僕は体重を預け、忙しげな息遣いの繰り返されるアイドルの口に鼻を押し込み、熱く濃厚な吐息を胸いっぱいに嗅ぎながら、うっとりと快感の余韻を味わったのだった。 しかしローターの刺激がうるさいので、呼吸が整わないうちに俺は身を起こし、まずはちんこを引き抜いてから、ローターのスイッチを切った。 もちろん処女喪失でも出血はなく、おまんこの割れ目は満足げに息づいていた。 ちぎれないよう注意深くコードを握り、ローターを引っ張り出すと、蕾が丸く開いて、ピンク色のローターが顔を覗かせてきた。 そしてヌルッと抜け落ちると、美しい地下アイドルのアヌスも見る見るつぼまっていった。 ローターに汚れの付着はないが、ティッシュに包んで置いた。「起こして……、もう浴びてもいいですよね……」 清楚な地下アイドルが呼吸を整えながら言うので、僕も支えて引き起こし、一緒にベッドを降りてバスルームに移動した。 そしてシャワーの湯で互いの全身を洗い流すと、また俺はモヤモヤと例のものを求めてしまったのだった。4「ね、ここに立ってオシッコしてみて」 俺が床に座って言い、清純なアイドルを目の前に立たせた。「そ、そんなこと無理です……」「少しでもいいからね」 尻込みする地下アイドルの腰を抱え、片方の足を浮かせてバスタブのふちに乗せ、開いた股間に顔を埋めた。 もう大部分の匂いは薄れてしまったが、余程良かったのか、また新たな分泌液が湧き出しはじめていた。 僕はヌメリを味わい、クリトリスに吸い付いた。「あう……、何だか出そう……」
 
出会い系サイトでの斎藤ちはる似の地下アイドルとのオフパコsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓







































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系やれる】斎藤ちはる似のアイドルと中出しsex

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex