deaisex_novel

【出会い系やれる】未成年の女子高生と即やりセックス


 
この記事を最初から読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系エロ】10代の女子高生と即はめエッチ
 
 未成年のロリJKは両手でGカップの巨乳のおっぱいを寄せ上げ俺のおちんちんを挟み込み、身体全体を上下させ、こすりあげる。頭ひとつ飛び出した亀頭の先端を舌先でくすぐり、穿る。 ロリ女子高生は亀頭を口に含み舌全体でレロレロとしゃぶる。 さらにカリ裏とくびれにも舌を這わせて擦り立てた。「おいひいよぉ…ゆうきさんのオチ○チン、おいひいよお……」 女子高生のポンパドゥールスタイルの性技に、俺の頭はしびれ、手足の感覚も朦朧としたものになっていく。 ただ、下半身だけがギラギラと灼熱し、何かに叩き付けたくなるほど疼いていた。「く、く…くうぅッ!」 再び僕の下腹部の内側が、射精直前の愉悦に痙攣を始める。 このまま、女子高生の巨乳のおっぱいにこねくられ、口淫されるだけで射精して、胸や顔をスペルマで汚すことになってしまうのかと思われた瞬間――――ぢゅぽんッ! 「んぷはぁッ! ゆうきさんせーし出ちゃいそう?」 音を立てて未成年のロリJKの口が亀頭から離れ、チンチンが巨乳のバストの締め付けから開放された。「ああぁ、りなさん……」 絶頂を中断されて、思わず情けない声色でセックスフレンドのJKの名をつぶやく僕にウィンクをして、ベッドに上がる処女のJK。「ゆうきさん、せーし出すんなら、あたしのおめこに出して」 くぱぁッ!  膝を立て大きく開いた両足の付け根に両手を置いて、セフレのロリJKは自ら秘肉の谷間を割りひろげた。「あたしのまんこに、ゆうきさんのペ〇ス挿入して、あたしのオマンコをゆうきさんのせーしでいっぱいにして……」 顔を真っ赤に染めて、はあ、はあ、息を荒げ、生での挿入と中出しを懇願する18歳のロリ女子高生に、俺は鳩尾辺りがキュウゥッと絞り上げられる感覚に襲われる。 いたいけなピンク色の媚粘膜の奥からトクトクと溢れる淫液が、色っぽいロリ女子高生のオマンコを濡らし、ア○ルへ伝い落ち、尻穴のシワ一本一本を光らせている。 ときおり不規則にヒクヒクと収斂する括約筋群の動作が、オマンコをより一層淫らなものにしていた。 セフレのロリJKが自らひろげ晒している処女のまんことその周辺には出血の跡すらなく、自称処女のJKが心配していた喪失の疑いは、僕には限りなくシロに思えた「あぁん、ゆうきさんはずかしいよぉ…そんなに見つめないで……早くチンチン入れてよぉ」 バージンのJKが、フェラや乳交奉仕で性的興奮を増進させ勃起させたち○ちんを自らおま○こに誘い中出しをおねだりするというシチュエーションに、チンコが脈動して体積と硬度を増していく。「ああ、李奈さんのここ、とってもきれいだ。生えてなくって、小っちゃくって、ピンク色で……もうッ!」 ペニスをビクビクと痙攣させながらも、目の前のキュートなロリ女子高生のマンコへの挿入欲求を横に置いて、僕は自身の拳を丸呑みできそうな口で10代の女子高生の稚い秘割れにむしゃぶりついた。「んああぁんッ! だ、だめぇッ、そこ、汚……い」 ついさっき、料亭の奥の座敷でキモ中年のチンコをあてがわれ、危うく挿入されかかった未成年のロリ女子高生のまんこに、俺が口をつけて舐めている。(あぁん、こんなことなら、ここに来てすぐにお風呂に入ればよかったよぉ) ぴちゃッ! ロリJKの一番敏感な陰核に、僕の舌先が触れる。「……ッひぃッ! んひぁ……あ、あ、あ、あッ、あッ、あッ! んあああああッ!」 後悔の渦に飲み込まれようととしていたロリ女子高生の思考は、おまんこを舐め始めた俺の熱い舌が与える刺激に停止したのだった。「ひにゃああああッ! あ、あ、あ、あ、あ……んあッ、あッ、あッ! ゆうきさんッ! それぇッ、きもちいいよおぉッ!」 僕の舌がもたらす快美があっという間に巨乳の女子高生を陶然とさせ、あれこれと考えることを放棄させるのに僅か数瞬しかかからなかった。 そこには、女子高生の僕に対する思慕の念が深く関わっていたからだったが、快楽を求めることにイッパイイッパイなセフレのロリJKたちには、感度が何倍にもなっていることさえ分かっていなかったのだった。「なあぁ……ぉ兄ちゃぁん……もっとぉ……もっとスタイル抜群のJKをきもちよくしてぇ……」 細身の女子高生はさらなる快感を求めようと、自らの身体を自然に開いていった。 ぴちゃ、ぴちゃッ、ちゅる、くちゅッ、ちゅっ、ちゅっ、ちゅるるるっ! JKは俺が舐めやすいように自ら膝を抱え上げ、股の付け根のお○んこの割れ目を両手で開いてサーモンピンクに色づいた鼻粘膜の谷底を晒す。「ふはぁ……りなさんのまんこ……むはぁ……マン汁美味しいよ理名ちゃん」「あ、あ、あ、あッ、あッ、あッ……いやぁ……ほのかぁ、ゆうきさんにおまんこなめられてきもちいいよぉ……」 女子高生の小作りな股間全体を口腔に収めた俺は、マンコの始まりあたりを引っ張り、クリトリスを露出させる。「んひいいいいぃん……一番敏感なところがむけちゃってゆうきさんの舌でなめられちゃってるぅッ! うあぁ、あッ、あッ、あッ、あぁんッ!」
 
 舌先で過敏なオマンコをくすぐりながら、俺人差し指を清純なロリ女子高生のまんこの穴に挿し入れていく。「は、あ、あは、はああぁんっ、入って、く……るぅ! ゆうきさんのお指が、あたしのオマ○コの穴に入ってくりゅうううッ!」 スタイル抜群の女子高生の膣内はたった一本の指でさえキュウキュウときつく締め付ける。 それは、まさしくバージンの締め付けだったが、これまで、処女のおまんこの締め付けなど味わったことのない俺には、これが処女なのかどうなのか判らなかった。「あ、あ、あ、あ……んあああああッ! あああああッ! 」 だが、チンポの何分の一かの太さの指。たった一本をこれほどの圧力で締め付けるのは処女のま○こしか考えられなかった。セフレのロリJKは紛れも無く処女だ。 快美にヒクつくロリJKの括約筋につられてヒクヒクと震える凝り勃起した一番敏感な豆をめちゃくちゃな舌使いで舐りまわす。「ッあ、あ、あ、あッ、あッ、あッ、あ、あ、んあああぁッ! いぃ、いッ、い、イッちゃうイッちゃうぅッ! そんなにきもちよくされたらぁいっちゃうよぉッ!」 俺は舌全体でセフレのロリ女子高生のオ○ンコをまんべんなく舐り、淫液を舐めつくし味わう。 もはや包皮を引っ張り続けなくても、完全に勃起した剥け切った清純なJKの一番敏感な豆は薄い肉フードを捲くりあげサーモンピンクに濡れ光っている。「んひぃいいッ! あ、あ、あ、あんあああぁああッ! わ、わかるよぉほのかのくりとりすがおにいちゃんになめられてんぼっきしてりゅのぉッ! うぁッ! も、もうすぐイッちゃうよぉッ! ゆうきさぁん!」 コリコリとしたメンヘラのロリJKの一番敏感な豆を俺は舌先でくすぐり、さらにそのすぐ下の尿道口を穿る。 僕の舌先にsexフレンドのロリ女子高生の尿道口がクパクパと金魚のように穴を痙攣させるのが伝わってくる。「あああああ……ああっ、んあああああぁ! ら、らめぇッ! おしっこなあなほじっちゃいやぁッ! お、おしっこでちゃうッ!」 色っぽいJKの肉豆やその周辺をなめ穿りながら、処女膣に挿入した指先をマクを傷つけないようにしずかに抽送する。「あ、あ、あ、あんあああぁああん……んあああああッ! い、い、い、イッちゃう、イッちゃう……っと、ほんとイッちゃうよぉッ!」 手のひらを上に向けて返し、巨乳のJKの処女のまんこに挿入した指を折り曲げ、指の腹で膀胱を押すようにザラついた膣壁前部をこすり立てる。「あ、あ、ああっ! んああああぁっ! あ~~~~~~~~っ!」 身体の内側から肉芽を擦られる感覚に、女子高生のぎゅっと閉じたまぶたの裏に火花が弾ける。「っちゃう……イッちゃうぅっ! ああっ! んあああああぁっ!」 ビクビクと背中が不規則に収斂して、両手でベッドのシーツを掴みアクメにうち震える処女のJK。「イグっ! イグっ! イグううううううぅっ! んあああああああああああッ!」 JKはオルガスムスの快感で背中を弓なりにしならせ痙攣させ、生意気そうに形のよいあごが上を向く。 大きく口を開け舌を突き出し、絶頂に身体をよじる女子高生だった。 「……んはぁ、はぁ、はぁはぁ……ああぁん……ゆうきさん……きてぇ」 くぱぁ……ッ! みちゃぁ……ッ。 女子高生が自ら大陰唇を割り開く音が、淫靡な響きで俺の鼓膜を揺すった。 そしてまた、清楚なJKも、己の股の付け根の柔らかく恥ずかしい肉を割り開いた音が思いの他大きかったことに羞恥していた。「ゆうきさぁん……は、はやくぅ……あたしのいちばんおくまでうばってぇ……」 恥ずかしさを、さらに恥ずかしいセリフで上書きしてロリ女子高生は俺に挿入をおねだりする。「ねえ……」「ああ、理名さん、いくよ……」「うん、きて」 巨乳のロリ女子高生はベッドの上で太腿を自分の腕で抱え上げ腰を浮かせ、身体を丸めるようにして肉谷の底を俺の眼前に晒し、陰裂を両手でおおきく開いた。 正座から半膝立ちになって腰を浮かせた体勢の俺が自身のオ○ンチンに右手を添えてにじり寄る。「ああ、李奈ちゃん……」「ゆうきさん……」 くちゅっ!「んッ!」 小さな膣口に先端が押し当てられ、かわいらしい女子高生は軽い痛みを感じて声を出してしまう。「一回イッて、力が抜けてるから、きっとスムーズに入るよ」
 
 僕の豊富ではないエッチ体験からも、導き出せる簡単な経験則で、セフレのロリ女子高生を安心させようと語りかける。「あ、あ、は、はぁ……あ、うんッ! ゆうきさん……あ……いい…よ…くぅっ!」 だが、女子高生と見まがうほどに小造なJKのおまんこは、僕のチンコにすっぽりと隠されてしまうほどに小さかったから、アクメに緩んだ括約筋でも俺のち○ちんはすんなりと通過できそうになかった。「んくううぅッ……っはぁ、あ、あぁ…い、い…いたぁ……」 メリメリと音を立てるように、赤黒い亀頭が永野芽郁激似の女子高生の清廉な処女孔を割り広げ、めり込んでいく様は、年端も行かない幼女の未発達なマ○コに無理矢理挿入するかのような眺めだった。「李奈ちゃん、大丈夫?」 僕にとってそれは、萎えな要素ではなくむしろ萌えであったから、俺はオチン○ンをさらに大きく勃起させる事になってしまう。「ふぐっ…うぅ、だい…じょう…ぶ……くううぅッ」 けなげに答えるロリJKの笑顔は明らかに苦痛にゆがんでいた。 ロリ女子高生のクリちゃんや大陰唇を巻き込みながら、亀頭がようやく半分ほど入ったところで、僕のおちんちんは強烈な摩擦感を感じ、前進を中断する。「んくふッ…ふ、ふうぅ」 みっちりと亀頭を詰め込まれ、痛々しくひろがったセフレの女子高生の処女のまんこはヒクヒクと断末魔の痙攣をしている。 いくらロリコンの気がある俺でも、セックスフレンドのロリJKの身体を傷つけることは本意ではなかった。「李奈ちゃん……」 もうやめようと、口にしかけた俺の腰にロリ女子高生の脚が巻きつき、グイグイと引き寄せるように力が加えられる。「やめちゃいやだよ…いまここで、奪って……あたしを女にしてッ!」 セフレのロリJKが目に涙を浮かべて訴える。意地でも僕に処女を捧げる覚悟。 俺の胴が巨乳の女子高生の巻きついた脚で締め付けられ、腰が引き寄せられる。 鉄壁の処女膜に前進を阻まれたちん○んが、後方からの圧力と前方からの圧力にミシミシと悲鳴を上げ折れ曲がっていく。「りなさんッ!」 僕は意を決して、根コブに力を込め、折れ曲がったチン○ンをまっすぐにして、腰を押し出しオチン○ンの穂先をロリJKの体内に埋め込んでいく。「ひぎぃッ! ……っくはぁッ! ゆうきさんッ!」 ブチブチと処女が無理矢理引き裂かれいく。「も、もう少し、力抜いて!」 歯を食いしばり、こくこくと頷くパイパンのロリJK。 ミリミリミリィッ!  一番太いカリがセックスフレンドのロリJKの膣を限界を超えて裂き拡げる――――そして。 ぶちッぶちぶちッ!「かはッ……!」 息を肺から全て吐き出したような音が口から吐き出された。 ズリュウウゥッ! ぶッちぃんっ! 可愛いロリJKの体の中でなにかが大きなモノで引きちぎられる音がする。  次いで、体の中心に太い柱のような何かが打ち込まれたような衝撃に驚いて、清楚な女子高生は目を見開いた。 それが、僕のチ○コが女子高生の胎内に侵入を果たしたのだと理解するまでに数瞬、処女膜が破れた音を聞いたのだと理解するのに数秒、そして、股間から全身に激痛が走るまでに数十秒を要した。「………………………………っ!」 JKはショックと痛みに大きな瞳が見開かれ、声にならない叫びを上げる。 ぶびゅうッ! びゅぶぶッ! ボタボタボタッ! 膣内を潤していた大量の分泌液が行き場を失い、股間の幅いっぱいに広がったチン○ンとおまんこの結合部から勢いよく押し出され飛び散り、シーツをビショビショにしていく。「んぎ……っ、あぐぅ!」 自称処女のロリJKのビクンビクンと破瓜した膣口が脈動している。 僕の太いお○んちんで広げられた膣口から噴出し、会陰を流れ伝うぬめり汁に処女の証が混じってベッドに鮮血の染みをひろげていた。「あ、あ、あ、あぁ……ゆうきさん……」
 
 股から身体を引き裂かれるような喪失の痛みにカッと目を見開き、呻くセックスフレンドのロリJKの両目にはいっぱい涙が溜まっていたが、それは、痛さからの涙だけではなく、処女を捧げられた喜びの滂沱でもあった。「き、来てゆうきさん……あたしの一番奥に……」 ちん○んの一番太い部分を体内に受け入れることで、急激に侵入への抵抗がゆるめられたセックスフレンドの女子高生の処女膣だったが、依然として僕をきつく締め上げ、容易に奥地への侵攻を許そうとはしていなかった。「ぅ、うん! い、行くよ。李奈さん……」 細かく腰を前後させ、ペニスを抽送する余裕を少しずつひろげていく俺は、パイパンのロリ女子高生の膣内が微妙にヒクつきながら締め付けてくる感触に気がつく。 が、かまわずに助走を付けるため腰を後ろに引いて、思いっきり突き入れた。「かはッ!……はあぁッ!」 、僕の先端がチ○チンを締め付けるJKのオ○ンコの肉襞をかき分け奥へ奥へと突きこまれる。「…………っはぁ、あは、はあぁ、あ、あ、ああはぁッ!」 不意に膣壁の抵抗が無くなり、チ○チンの半分ほどをセフレのJKの体内に収めたところで、一番奥のコリコリとしたデッドエンドに先端が行き着いた。「くふッ……ふうぅ、うふぅん……っはあぁ……」(来てる、ゆうきさんのチ○チンが子宮にとどいてるよぉ) ヘソの裏側に感じる異物感と生き物の体温に、セフレのJKは本当に俺に捧げることができたんだと自覚した。「んふッ……ぐずッ、ゆうきさんにあたしをあげられたよぉ…」 18歳のロリJKは涙でかすんで愛しい人はもう見えていなかった。しかし、体内にオ○ンチンはたしかに存在している。俺の脈動を子宮に感じる。 瓜の幸せに女子高生は体中の毛穴が開いていくのを感じていた。「はぁ、はぁ……はああぁん」 処女の女子高生のバージンを完全に貫ききった俺は、せめて、破瓜の傷口を擦ることで生じる痛みをロリ女子高生に与えまいと、己の欲求のままに抽送することを止めていた。 ただ、挿入してじっとしているだけでも、俺を包み込むロリJKのお○んこの壁がヒクヒクと蠢動して、深い愉悦を僕にあたえてくれていた。「あ、あ、あああぁん……僕さぁん……」 破瓜の痛みに慣れたのか、俺を呼ぶロリJKの声が甘味を帯びる。 同時に起きた、セフレのロリJKの膣内での劇的な変化に、俺のチ○ポが翻弄される。「くはぁッ! ほ、理名さん…そ、そんなにしたら、俺、俺ッ!」 チンポをぎゅっと手で握り込むように、細身のJKの肉襞がまとわりつき、雑巾を絞るように締め上げ、ピッタリと吸いついた肉壁がビクビクと蠕動して揉み回す。「あ、あ、あふぅッ……は、ああぁん……ぉ兄ちゃぁん、せーし出してぇ」 ゴリュゴリュと亀頭がセックスフレンドのJKの膣奥の子宮口で嬲られ、おちん○んが絞り上げられ擦られる。ロリJKのそこは別の生き物のように蠢いて、僕の精を搾り取ろうとしていた。「くふッ……お、あ、くううッ」 出会い系アプリで出会ったセフレとのエッチで鍛えられていたチ○コだったが、セックスフレンドのJKのマ○コは全く別次元の快感を俺に与えていた。「お、おふ……っくうぅ……で、射精るッ、や、やば……ッ!」 ぴったりと隙間無く吸いつく、ゼラチンでできたミキサーのようなロリJKのマ○コで僕のお○んちんはこね回され、締め上げられ、擦りたてられる。「だ、だめだよリナちゃん、俺、俺……も、もう」 急激に高まったきた射精欲求に、これまで堪えてきた抽送を開始しようと腰を引いていく。「んあッ……ひ、ひはぁッ! んぁひぃいッ! うら返っちゃうよぉッ!」 ぴったりとまとわりついた膣肉がチ○コに追従してセフレの女子高生の結合部分が盛り上がる。「くあああぁッ……」 仮首がロリJKの膣から抜けるか抜けないかほどまでおち○ちんをひきぬいた俺は、そこからチ○チンのベクトルを逆転させる。 勢いをつけて腰を突き出し、亀頭冠まで引き抜かれたチンチンが再び自称処女のロリJKの秘裂を割り裂きながら奥深くにめり込んでいく。「うぁあああッ! き、きてるよぉおにいちゃんが、ほのかのいちばいいおくまできてりゅうッ! 子宮とキスしてるうッ!」 コリコリした子宮口に突き当たり、亀頭を清純なロリJKのオマンコに嬲られ、狭くきつくて熱い粘膜におちんちんを絞り上げられる愉悦に腹をヒクつかせながら、ふたたびズルズルとオチンチンを引き抜き、抜け切る前に、さっきまで処女だった未成年のJKの狭い膣肉を割り開きながら、細やか意破裂音とともに再び最奥へと押し込んでいく。「あ、あ、んあああぁッ……ああああぁッ、い、痛いけどヘンなのおッ…オマンコが、おま○こが熱いよおっ!」 ずぶぶッ…ぶじゅッ、じゅぷぷぷッ、ずぷんッ…ぎぢゅッ!「うあああぁ…あああッ、もっとぉ、もっと来てぇッ、もっと深くきてぇッ」
 
 sexフレンドのロリJKのおねだりに応えるように、はぁはぁと息を荒げながら、僕の抽送が徐々に早くなる。 バージンのロリJKの子宮を自身のザーメンで満たそうと、エクスタシーを得るために、長いストロークで肉のピストンを往復させる。「っあ……あ、あ、あ、んああああっ! い、いいよゆうきさん! ザーメンを出したくなったらいつでも出していいからぁっ……っ!」 女子高生の柔らかなオマンコ締めつけられながら、ついさっきまで男を知らなかった膣粘膜をごりごりとこすり立てる。「あ、あ、あぁッ…んあああぁッ! あたし、しあわせだよおっ、フワフワしてマンコきゅうぅんってして……ああッ、きもちいいよおっ!」 ロリJKの膣圧がさらに俺を締め上げる。 それを受けながらも、俺のチ○ポが抽送できるのは、処女の女子高生のラブジュースが非常に多く分泌されていたからで、それは、清純なロリJKが心から僕のちんぽを受け入れていたからに他ならなかった。「あッ、あッ、あッ、あひぃいん、ひああああぁッ…ま○こが、おまんこがすごいよぉ、熱くて、勝手にヒクヒクしてるよおっ……かってにヒクヒクして……ああああああああぁッ! だめ、だめッ……もう、あたしッ!」 JKの表情からはすでに破瓜の苦痛は立ち去り、エッチの快美を貪ろうと恍惚に瞳を潤ませた雌の貌がそこにあった。 永野芽郁激似のロリ女子高生の股間は痛々しく割り広げられ、結合部からはまだ出血が続いていたが、そこから滲み出し溢れる淫液はチンコとの摩擦に白濁して泡立ち、破瓜の証と混じり合ってピンクの飛沫を撒き散らしていた。「んあああぁッ! ああああッ……ゆうきさん、ゆうきさん、ゆうきさんんッ!」 自分勝手にヘソの裏側が蠢動「う、うおおおッ!ほ、李奈ちゃん、理名さんのッ、キツくてグネグネして締まって、くはぁッ、俺ッ! も、も、もうッ!」 僕の射精衝動は我慢の限界に達していた。一刻も早く可愛いJKの胎内に子種を注入しようと律動が早まる。「きて、きてッ…清楚なロリJKのマンコをせーしでいっぱいにしてぇッ!」 僕がチン○ンを突き入れるタイミングで、腰に巻きつけた脚を思いっきり自分へと引き寄せる。「あひぃん、きてるよぉッ ゆうきさんのおちんちんがロリ女子高生の子宮にきてるぅ!」 半分までしか入らなかったおちん○んが三分の二までがめり込み、sexフレンドのロリJKの膣の奥の奥までみっちりと詰め込まれ、子宮口を押し開く。 JK自身の意識とは関係なく、お腹の中身がきゅうぅんと切なくなって、フルフルと波打つ。 ロリJKの処女膣がぎゅうぅっとチン○ンを絞り上げ、子宮口がコリコリと亀頭をこねくり回し、気が遠くなりそうな愉悦感を俺にもたらした。
 
「で、出る、スペルマが出る、出るでるううぅッ!」 腰がガクガクと震え、ロリJKのお腹の中でパンパンに膨れ上がったおちん○んがビクンビクンと暴れ回る。 「…っく、いくッ、いくッ、いくぅッ、いぐううううぅッ!」 俺は尿道口に粘膜でできた吸盤を当てられ、亀頭を真空ポンプに吸い込まれ、中身を吸い出されるような感覚を味わう。「…しちゃうぅッ、妊娠するッ、赤ちゃんできちゃううううぅッ!」 ビクビクッ、ビクッビクンッ! 俺の腰が大きく打ち震える。 ドビュっ、ビュッブビュッ…びゅぶぶッ! 子宮口に密着した尿道口から熱い精子が打ち出され、処女のロリ女子高生のおまんこに大量に中出しされる。「熱ッ…うああああぁッ、あああああああぁッ、んああああああああああああッ!」 火傷しそうなほど熱い精子が、メンヘラのロリ女子高生のま○こに大量に中出しされるのを感じて、スタイル抜群のロリJKの背中が海老反りに曲がり、ビクンビクンと痙攣する。 受精への期待感がスリムな女子高生を高いエクスタシーに押し上げ、子宮を不規則に収斂させ、ザーメンを一滴も漏らすまいと吸い上げる。 ロリJKの蠢くオマンコは俺のチ○コを根元の方から尿道口へと順に締め上げ、尿道内に残っている精液を搾りだし、色っぽい女子高生のま○こへと中出しした。 五回目の収縮から後は、何回ザーメンを打ち出したか俺は判らなくなっていた。ただ、生まれて初めての射精のときよりも、たくさんのザーメンが俺の尿道口から射出されたことはたしかだった。「う、うおおおおぁ!」 眩暈を起こしそうなほどの強烈な射精快感に咆哮し、息を切れ切れに腰をヒクヒクと痙攣させる俺。「くあぁ……あ、あ、あ、あぁ……」 長い長い至福の時が終わり、俺のち○ぽは色っぽいロリ女子高生の中で力をみるみる失っていく。僕の胴体を締め付けていた脚が弛緩して、だらしなくベッドに投げ出される。 急速に硬直を失いつつあるオチ○チンは、ロリ女子高生のきつい膣圧にそこにとどまることを許されなくなり、楽園から排泄された。「……ッああぁん! もっとぉ……」 俺のチ○コが膣から抜け去ったのは、自分のま○この締め付けのせいだとかけらも思っていないバージンのJKが、僅かな不満を声に出したが、それは甘い甘い睦言だった。 ごぽッ…びゅ、ぶびゅ……!「んはひぃん……ひいいぃん…………はあぁん」 エクスタシーの余韻に、ヒクヒクと不規則な痙攣を続けるセフレのJKのオマ○コからは、処女の証の鮮血と俺の大量のザーメンがまるで永野芽郁激似の女子高生自身が射精しているように噴き出し、シーツにきれいなマーブル模様をコラージュしていた。
 
出会い系サイトでの処女のロリ女子高生とのオフパコエッチのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓




















































 
※画像はイメージです。

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex