deaisex_novel

【出会い系セフレ】小池栄子激似のグラドルとオフパコセックス


 
この記事を最初から読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系セフレ】清楚なグラドルと即やりsex
 
「いやン。だめだめ。やめてください、ゆうきさん。あああ……」 暴れるヤリマンのグラドルを獰猛な力で押さえこみ、パンティごしにマンコに何度も舌を擦りつけた。だがやはり、快感よりも恥じらいが勝るらしいパイパンのグラドルは、「い、いや……舐めないで。こんなかっこ、だめ。は、恥ずかしい。ああん……」 必死になって身をよじり、俺の責めからの脱出を試みる。(ああ、麗華さん) 上質なシルク素材の布ごしに、甘酸っぱさいっぱいのマ○コの香りがふわりとした。 鼻腔いっぱいに染み渡る、セックスフレンドのグラドルのマンコの禁断の香りと、舌で舐めれば舐めるほど、フニフニと艶めかしくひしゃげるマンコの感触に、ますます俺は興奮する。「はぁはぁ……レイカちゃん……麗華ちゃん……」 ──ペロペロ。ペロペロペロ。「ひいぃん。いや。舐めないで……そんなに舐めないでぇ。ああん、いや……」「恥ずかしがらないで。舐めちゃいます。れいかさんのことが好きだから……大好きな人の身体だから……こんなにいっぱい舐めちゃいます……」「ああん、やだ。だめえぇ……」 俺はペロペロと、たっぷりの唾液とともにパンティの上から小池栄子激似のグラドルのおまんこを舐めた。勢いをかって左右の白い内腿にも、唾液をまぶしながら何度も舌をしつこく這わせる。「やぁぁん。やああぁん」(……うん? 脚を舐めた方が、声の感じが……) まんこの割れ目へのクンニより、内腿を舐めた方が幾分声が艶めかしさを増す気がした。 やはりM字開脚姿でのクンニは、グラドルには恥ずかしさが強すぎたか。 セフレのグラドルの声に煽られるように、むちむちした美脚を解放する。 しかし引きつづきれろれろと、セックスフレンドのグラドルの健康的に肉の乗ったフルフルの太腿をしつこく何度も舐めしゃぶる。「や、やん……やん、やん……ど、どうしてそんなとこを舐めるのですか。ああん」「んっんっ……舐められたことないですか、麗華さん……んっ……」「な、ない……舐められたことなんて。いやん、だめ……そんなに舐めないで」「だめです。舐めちゃいます。れいかちゃんはもう、俺の飴です。最高の飴です……」 ──ペロペロ。ペロペロペロ。「きゃああ。だめえぇぇ……」 調子に乗った俺は、グラドルの太腿から膝へと舌を下降させ、膝裏の窪みをピチャピチャと舐めた。「きゃん。ヒイィン……」 膝から脹ら脛へと何度も舌を下降させると、時折グラマーなグラドルは思いがけず、ヒクンと身体を痙攣させる。「や、やん。あっ、ヒィン。舐めないでください。汚いです。そんなに、身体……いっぱい舐めたら……」「汚くない。全然、汚くなんか……んっんっ……れいかさん、いっぱい感じて……」「ひはあぁ……」 飛び出させる舌に、ブヂュブヂュと大量の唾液が分泌した。 俺はそんな舌を卑猥な刷毛にして、ねっとり、べっとりと巨乳のグラドルの艶やかな脚に、生臭い唾液を塗りたくっていく。「あああ、?でしょ。そんなとこまで……ヒイィン……」 脹ら脛から足首、くるぶしまでをも夢中になって舐めた。そしてついにはヤリマンのグラドルの足の指を、一本一本丹念にしゃぶって唾液まみれに穢していく。「ああ、玲香ちゃん、かわいい指。んっんっ……」「か、かわいくないです。指なんて……やだ、だめ、ゆうきさん……あああ……」 自己申告の言葉通り、小池栄子激似のグラドルはこんな風に執拗に舐められることは経験がなかったのだろう。 驚き、とまどい、恥じらいながらも、僕がピチャピチャと音を立てて足の指を舐め立てれば、「ひうう。うー。んんぅぅ……」 次第にセフレのグラドルの喉からは、それまでとは趣の違う艶めかしい声がこぼれだす。(少し感じてきた……?)「ううっ、麗華さん……指と指の間のここ……感じませんか……?」「えっ、ええっ……」 ──ねろねろ。ピチャピチャ。「ヒイィン。ああん、やめて……く、くすぐったい……」「くすぐったいだけ? んっ……」 ──れろれろ。ピチャピチャ。ぢゅるぢゅ。「アアァン、だめ。やん、鳥肌が……ああ、どうしてそんなところまで……」
「かわいいからです、玲香ちゃんが……かわいくって、かわいくって……んっんっ……」 ──ピチャピチャ。ねろねろねろ。「んああっ。や、やだ、私ったら……変な声……!?」「いいんです。気にしないで。そのまま自分を解放して。んっ……」「いやっ、だめ。あああ……」 たっぷりの唾液と愛情とともに、爆乳のグラドルの両脚をその指まで一本残らず時間をかけて舐めしゃぶった。そのかいあって巨乳のグラドルの身体からは、ぐったりと弛緩した気配が感じられるようになってくる。(……よしっ)「ああ、れいかちゃん……」「きゃっ。えっえっ、ええっ?」 僕は次の行動に移った。 すばやい動作で爆乳のグラドルの肢体を回転させ、四つん這いのポーズを強いる。つづいて自分も位置を変えた。グラドルの身体の下に身を潜らせ、シックスナインの態勢になる。「チ、ゆうきさん、きゃん」 目のまえに、挑むように突き出された小池栄子激似のグラドルの豊艶なヒップがあった。俺はパンティに包まれた臀肉をわっしと両手で鷲づかみにする。「玲香さん、お願いです。俺のチンコ……握ってください」「えっ……ええっ?」「握って……握ってください」「はうう……」 熱っぽい口調で懇願され、セフレのグラドルはしかたなく俺のちんぽを握りしめた。(あああ……)「ヒィィン、熱い……」「そ、そうです。熱いです。しかも、硬いですよね……玲香ちゃんのことを思うと、こうなってしまいました。男はその人をかわいいと思うと、チンチンがこんなにバッキンバキンに硬くなる生き物なんです。そして──」 僕は指を伸ばす。セックスフレンドのグラドルのパンティのクロッチを、クイッと脇にやった。甘酸っぱい匂いをふりまいて、大陰唇から肉ビラを飛びださせた生々しい牝割れが露になる。「きゃああ……」(ああ、見えた。とうとう麗華さんのマンコが)「そ、そして、女の人のおま○こにこうしたくなります。こんな風に、なにもかも忘れてむしゃぶりつきたくなるんです」 とうとう露出したセフレのグラドルのまんこに浮き立ちながら、今度は直接パイパンのグラドルの牝華に荒々しく吸いついた。「あああああ」 その瞬間、この日一番の艶めかしい悲鳴がグラドルの朱唇から迸る。可愛いグラドルはビクンと痙攣し、背筋をしならせてヒップを跳ね上げた。「や、やだ……なんて声、私ったら」「それでいいんです。麗華さん、しごいてください。僕のチ○チン……僕はレイカちゃんの、オ、オ、おめこを舐めます。わかりますよね、シックスナインです。んっ……」 ──ピチャピチャ。「ああん、や、やん……やんやん……だめ、恥ずかしい……ああ、そんなとこ……」「恥ずかしがらないで……れいかさん、しごいて……お願いです、しごいてください」「うーうー」「レイカちゃん……」「じょ、上手じゃないんです……へたくそだって……うちの主人が……」「いいんです。しごいて……」「はうう……」 ──しこしこ。しこしこしこ。「うおっ。おおおお……ああ、麗華さん」 ──ピチャピチャ。ねろん。ねろねろ、ねろん。「きゃああ。ああ、だめ、ゆうきさん、恥ずかしい……あああぁん……」 強い調子で求められ、ついにビッチなグラドルはしこしこと僕のチ○ポをしごきはじめた。 たしかに本人も言う通り、技巧などとは無縁のテコキだった。ぎくしゃくとぎこちなく、とまどいと恥じらいに満ちている。 しかし俺はうれしかった。 職場での堅物そのもののむちっとしたグラドルを思い出すと、ますます淫らな興奮が増す。 出会い系アプリのハピメで出会ったグラドルが、恥じらいながらもいやらしいテコキまでして見せてくれているのだ。「そ、そうです。しごいて……もっともっとしごいて。ああ、玲香ちゃん、気持ちいい」
「ひうう、ゆうきさん……」「麗華ちゃんはどうですか。おま○こ、気持ちよくないですか。んっんっ……」「はぁぁん。ああ、だめ、はああぁ……」 ちん○んから湧きあがる得も言われぬ快さにうっとりとした。 俺はグラドルのマンコにむしゃぶりつき、ピチャピチャと音を立てて花芯をあやす。「はうう、ゆうきさん……だめ、汚い……そんなとこ……」「汚くない。全然汚くなんか……ああ、玲香ちゃん。んっんっ……」「ヒィン。ヒイイィ……」 むちっとしたグラドルの秘丘にもやる恥毛は、どこまでも淡く儚げだ。刷毛でひと梳き流したような佇まいの茂みは薄く、猫毛を思わせる繊細さである。 そんな秘毛の園の下に、ビッチなグラドルのまんこはあった。初めて目にしたグラドルのお○んこはまだなお硬く、ほぐれきらないままである。 ふかふかとやわらかそうな大陰唇が、こんもりと左右から盛りあがっていた。 そんな小池栄子激似のグラドルの大陰唇を押しのけようとするかのように、貝肉を思わせるエロチックなビラビラが、ぴょこりと中から飛び出している。 縦に走る亀裂は、複雑そうな稜線を見せていた。ぴたりと閉じたグラドルのオ○ンコのあわいからは、マン汁らしき淫靡な潤みもほんの少しだけ見てとれる。 だがそこが、淫らな発情からまだほど遠いことは、一目瞭然だった。 そうした牝肉をれろれろと、俺はさかんに舐めほじる。セフレのグラドルのお○んこの割れ目の狭間に舌をすべりこませ、上へ下へとクンニした。「きゃん。ああン……」 秘割れの真上に鎮座するクリトリスにも舌を擦りつける。 さすがにグラドルの声も、一段と艶めかしさを増した。舌とピンク色の突起が戯れあうたび、ビクン、ビクンと半熟の火照った身体を痙攣させる。 ぱっくりと割れたヤリモクのグラドルの尻の谷間の奥底に、淡い鳶色をしたお尻の穴が見えた。皺々の卑猥なアヌスは、見られることを恥じらうように何度もヒクヒクと穴をすぼめる。「はうう、ゆうきさん……ごめんなさい……ご、ごめんね……」 しこしこと、ぎこちない手つきでオチン○ンをしごき、俺の舌舐めにエロチックな喘ぎをこぼしながらムッチリのグラドルは謝罪した。「ど、どうして……謝るんですか。んっんっ……」「あっはあぁ。だって……気持ちよくないでしょ……私なんかに、こんな風にされたって。私、へたで……どうしようもなくて……」「そんなことないです。そんなこと考えなくていいんです。僕……麗華ちゃんにこんな風にしごいてもらえているだけで、夢みたいです」「ゆうきさん……」 俺の言葉に心揺さぶられたのかもしれなかった。ぎくしゃくとしてはいながらも、グラドルはそれまで以上に一心に、猛る勃起をしこしことしごく。「おおお、よ、よかったら……亀頭を擦ってもらえませんか……」「こ……こう? ねえ、こう……?」 ──しこしこしこ。しこしこしこ。「おおお、き、気持ちいい。レイカさん、さっきよりもっと気持ちいいです。ねえ、もっと。もっともっと……」「はうう、ゆうきさん……あっあっ、いやん、だめ、ああ、そんなに舐めたら……」 グラドルは僕に乞われるがまま、少し大きく開いた指の輪で、カリ首の出っ張りを擦過した。 そのたび僕は「ううっ。うわあ」と歓喜を露にして身体を痙攣させる。 そんな僕の反応にもちょっぴり母性をくすぐられたか。sexフレンドのグラドルはフンフンと鼻息を漏らし、いっそう熱烈にチンチンをシュッシュと何度も擦り立てる。「ああ、レイカちゃん……玲香ちゃん……んっんっ……」「きゃああ。あっあっ……だめえぇぇ……」 甘酸っぱさいっぱいの電撃が、くり返し鈴口から火花のように閃いた。 俺はお返しのようにして、さらに熱っぽい怒濤のクンニで、sexフレンドのグラドルのお○んこを舐めしゃぶり、莢の中に姿を隠した敏感な一番敏感なところをねろねろと舐める。「ああん、やだ、だめ、困る……はああぁ……」 時間をかけた丹念な、ビッチなグラドルの美脚への舐め奉仕がいくらか効果的だったのか。グラドルは次第に少しずつ、エロチックな声を上げてくれるようになってくる。 しかも──。「ああ、れいかちゃん……感じてきてくれましたか? 少しずつ、膣液が……」 れろれろと、舌であやしつづけるグラドルのお○んこの割れ目の下部。子宮へとつづくマンコの穴が、ヒクヒクと何度も開口と収縮をくり返すようになってきた。 そのたびグラドルのオ○ンコの穴の奥からは、少しずつではあるものの粘りに満ちたぬめり汁が、甘酸っぱい匂いとともに溢れ出すようになった。「い、いや……知らない……そんなこと言わないで……ああん、ゆうきさん……」「れいかさん……ああ、かわいい……麗華ちゃん……麗華さんっ」
「あああん、だめ……こんなの困る……困ります……ひううぅ……」「うおおお……」 sexフレンドのグラドルの女体はじわじわと、当初とは異なる淫靡な昂ぶりを示しはじめた。 自らの身体の変化に本人がとまどい、恥じらいをおぼえているのもわかったが、そんな爆乳のグラドルの究極湿地を、僕はさらにねろねろと、息つく間もなく責めつづける。「はぁはぁ……はぁはぁはぁ……んっんっんっ……」「あはあぁ、ゆうきさん……やだ、だめ……あっ、ヒイィン……」「おお、麗華さん……き、気持ちいい。もう出ます。俺、もう射精します」「んあぁぁ、ゆうきさん……」 僕の射精宣言を聞き、巨乳のグラドルのテコキは一気に速まった。 拙いながらも愛情溢れる一心な手つきでしこしこと、射精寸前のちんちんを上へ下へと擦過する。「うおお、気持ちいい。ほんとに気持ちいい。麗華さん、ほんとに出ます。んんぅ……」 おち○ちんが射精へのカウントダウンを開始した。 チンチンにしびれるほどの快美感をおぼえつつ、最後の力をふり絞って爆乳のグラドルに猛烈なクンニをお見舞いする。 ヌメヌメ感を増したグラドルのマ○コの割れ目は、ローズピンクの粘膜をじわじわと露出しはじめていた。そんな亀裂をさかんにこじり、グラドルのオ○ンコの穴をグリグリと舌先でほじくる。「あああああ」 肉の莢から飛び出させんばかりの勢いで、真珠の色をした大きな陰核を舌でコロコロと何度も転がす。「ヒイイ。やだ、私……!? はうう……んはあぁ……」 ──しこしこしこ。しこしこしこしこ。「あああ、だめ……もうだめです。出る出る出る……ああああ……」「はああ、ゆうきさん……あん、ゆうきさん。うあああああっ!」 ──どぴゅどぴゅ! びゅるる、ぶぴぴぴっ!「きゃあああ」「ああ、レイカちゃん。す、すみません……」 ついに俺はオルガスムスの頂点へと突き抜けた。 決壊したちんこがビクビクと痙攣し、煮こみに煮こんだ精液を、荒々しさで、どぴゅり、どぴゅりと飛び散らせる。 そんな無作法なザーメンは、火照ったグラドルの美貌をたたいた。 グラドルの鼻やほお、口のまわりにまで、湿った音を立ててぬめらせていく。 てっきりよけるかと思ったのに、セフレのグラドルはそうしなかった。 そんなパイパンのグラドルのふるまいにいささか驚きながらも俺はなんだかちょっとうれしい。「はううッ……ゆうきさん……あぁん、す、すごい……はああぁ……」「麗華ちゃん……おおお……」 狂ったようにち○こをしごいていたグラドルは、ようやくその動きを止め、噴き出す汁を受け止めた。 生臭い栗の花のような異臭が見る見るひろがる。匂いは無数の霧のようになって、俺の内腿や腹にまでべっとりとシミのように粘りついた。 射精をはじめたペ〇スは、セフレのグラドルの指の中で何度もドクドクと脈動した。 グラドルの白く美しい指がドロドロの精液でいやらしくぬめる。それでもヤリマンのグラドルはどす黒いオ○ンチンをギュッと握りしめている。「ああ……すごい。はぁはぁ……こんなにいっぱい、出して。はうう……」「て、玲香さん……」「ほんとに……気持ちよかったのですか? 私なんかの、こんなしごきかたで……」 乱れた息をととのえながら、恥ずかしそうな声でグラドルは俺に聞いてきた。「は、はい。メチャメチャ気持ちよかったです。最高でした」「ゆうきさん……」 僕の答えを耳にしたグラドルは、むっちりのグラドルは恥ずかしそうな、それでいてどこかうっとりと幸せそうな顔つきになって、プリプリと大きな尻をふり、ようやくチン○ンから指を放した。 残念ながら、アクメに達したのは自分一人。セフレのグラドルをめくるめく絶頂まで導いてやることはできなかった。 しかし俺は射精の悦びに酔いしれながら、一人密かに確信していた。(やっぱり……やっぱりレイカさんは不感症なんかじゃない)「はぁはぁ……はぁはぁはぁ……」 セフレのグラドルは背筋を上下させ、なおも荒い呼吸をつづけた。 グラドルの顔からはとろけた糊のようなスペルマを滴らせていた。
 
出会い系アプリでの爆乳のグラドルとの中出しセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓










































 
今回ヤリモクのグラドルと今からすぐタダマンsex出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと今すぐセックスできるキュートな女性と出会ってセフレにしてただまんエッチできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのようなであいけいコミュで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで丁寧に説明していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex