deaisex_novel

【出会い系セフレ】セックスレスの美人若妻と即はめsex


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕は何時ものごとく出会い系アプリで激カワの女性を釣って、オフパコエッチをやってヤりまくっています(^0^)
 
さて、今回はセフレを量産できる詐欺でないであいけいマッチングサイトのピーシーマックスで出会ったセックスレスの奥さんと東京都あきる野市で会ってセフレにしていますぐオフパコセックスをしてきたのですが、ハメ撮り写メが多く撮れましたのでリポートします。
 
※この記事にはアダルトなsexのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系アプリのPCマックスで出会った女の子は若妻で、名前は知子さんといい、顔は二階堂ふみ似のものすごく美人でした(^^)
 
出会い系サイトPCマックスでのセックスフレンドの奥様のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCマックスでのセフレの奥さまの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
奥様とは、出会い系SNSのPCマックスで知り合ってラインでやり取りした後、秋川駅近くのおしゃれな串カツ居酒屋に飲みに行った後いつも通りラブホに行ってはめ撮りセックスをしました。
 
俺と人妻が東京都あきる野市の秋川駅周辺のラブホの部屋に入った。部屋に入るなり俺は欲求不満な人妻をじっと見つめながら、強く激しくオンナを求めた。30代の人妻の唇を押しつけられ、舌を差し込まれた。 僕を引き剥がそうとセフレの奥様は抵抗した。 僕はすでに衣服を脱いで、ボクサーパンツ一枚でセックスレスの主婦に抱きついてきた。30代の若妻は蟻地獄の流砂に巻き込まれるよう、引き返せない気分になってくる。(ううんっ、はああっ、頭がボウッとしてくる……いや、そんなこと言ってる場合じゃ、いやあ、服のボタンなんて外しちゃだめえっ!!) 俺の体温の高い指がセックスフレンドの奥様の服の白くきらめくボタンにかかった。情欲に駆られた忙しさなどまったくない。洗濯物を畳むようなのんびりしたペースで一つ、また一つと確実にボタンを外されていく。 俺の手を押さえると、チュパッと朱唇が離れて、唾液を滴らせながらスレンダーな奥さんの手の甲をペロリと舐める。「どうしたの? 何故、止めるの?」と言わんばかりの舌愛撫に貧乳の奥様は不覚にも心地よさで力を緩めてしまう。「いやっ、だ、駄目よ、ゆうきくん。や、やめて!」 貧乳の奥さんの上擦りは鼻にかかって、弱々しくなり、煽情させる効果しかない。おまけに手の指を一本一本、先端から丁寧に舐められて、小指を甘噛みされると、ぺちゃぱいの奥さんは味わったことのない甘い疼きが体の芯にポッと灯った。 すべての淫戯はスローペースで楽しむように進行していた。「トモコちゃん、好きなんだ、ああっ、いい匂いだなぁ」 キスが一段落すると、セックスレスの若妻は顔をペロペロと舐められ、ツツーッと舌を這わせられる。頬、鼻、額まで堪能されると、カリッと耳朶を軽く甘噛みされた。「あっ、やんっ……」 真っ赤に上気しているのをセフレの美人妻は認識していた。僕の愛撫は抜かりなく、キラキラと上品な白色を放つ主婦のシャツははだけて、濃紺のブラジャーを俺に晒していた。あられもない破廉恥な痴態を隠そうと、若妻は両腕で貧乳のおっぱいを二重に覆う。 
 
耳朶の内部をネットリと舐め尽くされ、深紅のうなじをペロッと舌でひと掬いされると、ぺちゃぱいの奥さまは「あ、あんっ」と反射的にいやらしいオンナの吐息が口から出てしまう。淫靡で猥褻な愉悦のいななきに、主婦は体が燃えあがりそうになった。「フフフッ、気持ちいい声で鳴いてくれると、ボクも嬉しいよ。別に悪いことをしているんじゃないんだから、知子さんも正直に体を委ねてよ」「そ、そんなこと、はあんっ、やっ……」 恥じらうセフレの若妻の表情は少しずつ、硬さがほぐれていった。人妻に纏わりついた高潔なプライドと清楚さを舐めとるように、俺は奥さんの肢体をゆっくり接吻してから、舌を這わせていく。美人の奥さまのホクロやシミのないきめ細かい肌は、かさつきもなく、みずみずしい潤いに富んで、ほどよく魅惑的な脂肪が薄っすらと張っている。 ブラジャー周りに組まれていたセフレの専業主婦の細腕は、俺の頭を引き寄せている。健気な奉仕をする僕の艶々した黒髪を撫でて、性感帯をなぞられると、30代の奥さんはギュッと抱きしめてきた。(やっぱり物臭な尻の重いオンナみたいだな。受け身の冷凍マグロタイプか) セフレの若妻は長らく単調なセックスだけの寝屋生活だったせいか、昂らせるまで時間がかかるようだと僕は思った。しかし、欲求不満な女盛りに火が付くと強く深い快楽をせがむタイプが多かったので、マイペースに陵辱できる分、味わい深かった。 若妻も言葉数さえ少なければ、魅惑溢れる妖艶な二階堂ふみ激似の奥さまには相違なかった。欲求不満な主婦の濃紺のバストトップブラジャーは布地が厚く、ピッチリぺちゃぱいのオッパイをガードしていた。むっちりと脂肉を丸くたわわにまとめたぺちゃぱいのオッパイは、本人が意識している程、締まりが緩んでいるようには思えない。「くううぅ、あっ、あっ! 専業主婦のオッパイまでしゃぶりたいのお、もお、しょうがないわねえ」 専業主婦は、案外あっさりと仮面を剥ぎ取っていく。きつめのブラジャーの刺繍模様は薔薇のように見えた。欲求不満な主婦のぺちゃぱいの胸のふくらみへ舌を這わせていくと、専業主婦の美貌が淫らに歪みだした。 疑問はすぐに氷解する。バックホックをカチャッと外すと、弾けるようにブラジャーが貧乳の胸から離れ跳んだ。みっちりと押しこめられたスキン微乳のオッパイは小さな西瓜のような大きさに変わる。高低差のある貧乳のオッパイの麓に僕の舌肉が触れると、セフレの奥様はギュッと瞳を閉じて顔を逸らし、何かを我慢するように奥歯をガチガチと噛みしめていた。
 
清純な専業主婦の薄い唇は半開きになり、端からタラタラと唾液が垂れて、ベッドシーツを濡らしていた。「乳首の感度が良好だねぇ」「や、やめて……はんっ、あっ、いいっ!」 ふるふると震えた奥さまの手に両頬を抱かれて、僕は乳峰の頂点にある苺乳首に小さな唇を吸い付かせた。強烈な刺激が、ツンッ、と人妻の頤をのけ反らせて、甘美に悶える愉悦の嬌声で、いやらしくいななかせる。 これだけの高い性感は、天然モノなのだろう。普段から隠れた専業主婦の貧乳の胸の乳首は淫乱な疼きをもたらしてしまうのかもしれない。ブラジャーを脱がせて、手に取るとふんわりアラサーの主婦の芳香、甘い体臭が僕の鼻腔をつく。布地は厚く、形状記憶用のガイドワイヤーが挿入されていた。(赤ん坊にお乳を飲まれると、微乳のおっぱいが小さくなると思っているんだな) keyword0は貧乳のおっぱいをセックスアピールと考えているらしい。そうでなければ、ここまで美乳に拘りを持たないだろう。今までの出会い系アプリのPCマックスで出会ったセフレの貧乳の胸と比較しても、どっしりした存在感はある。 余程、男を相手にしてきたのか、奥さんの乳首の感度が異常に高い。ふっくらとした脂肉に満ちており、微乳の主婦が嬌声をあげて体をよじらせると艶っぽく先端の尖りはゆらゆら揺れた。丸みのある綺麗な放物線を描く肉球に吸い付く僕の様子をチラチラと激カワの主婦は見つめている。「朋子さん、まさか乳首を吸われると微乳のおっぱいが縮む、なーんて思っていないよね? これだけ乳繰りあってきたのにさあ。レーズンピンクのチクビを拝むなんて久しぶりだからね。無駄な気遣いをしていたなら、誤解を解かないと」「あっ、あっ、はあぁんっ……子供が生意気言わないでぇ、いやんっ、んんっ、はああっ、ただ、乱暴に揉みしだかれるのが嫌なだけよ」
 
 過去に胸元へ触れてきた野獣たちは、欲のままに主婦の貧乳の胸をこねくり回し、形を卑猥に変えて感触を味わっていた。何人もの男たちが乳首に拘る気持ちまで推し量ろうとも思わない。ただ、陶酔感に悩殺されたような表情から、若妻は肌を重ねる度に微乳のおっぱいがセックスアピールとして非常にポイントが高いのだと自然に感じるようになっただけだ。 乳首を弄られても、初めは痛いだけだった。sexフレンドの主婦は時間と経験の積み重ねで少しずつ性的な悦楽を覚えるようになった。気が付けば、乳頭を着衣と布繊維で擦るだけでも変な気分に陥るようになり、しばらくオナニーだけで済ませるようにしていたのだ。(でも、あっ、あはうっ! 揉まれたりして、んも、もうっ、あぁん、オッパイは撓んだりヘタったりしないのかしらあ) 俺は掬い上げるように両手で貧乳のオッパイを揉み押し上げてきた。あっさり沈み込んだ柔らかく指は、微かに震えている。俺は滾りのぼる肉欲を必死に抑え込んで乳輪を舌先で舐めあげ、最小限の力でゴム微乳のバストを愛おしそうに撫でさすってきた。「ね、ねえっ、シンジ。オッパイは揉まれると垂れてしまうんでしょ、やっぱり? 赤ちゃんが出来て乳を吸わせれば、萎んでしまうんじゃない?」「ん? 鷲掴みされて滅茶苦茶揉まれまくればね。普通は乳腺を鍛えるために揉んでもらうんだよお。お乳が出るようになれば、オッパイは大きくなるの。そうじゃなければ、まろやかな脂肪なんて意味ないからね」「そ、そうね、あっ、そこ、だめぇ……」 乳朶からグッ、グッ、と谷間へ寄せられる。ドロリとした舌腹でコロコロと膨張レーズンを転がされて、若妻は深く脳髄を抉られるような衝撃にのけ反ってしまう。
 
生々しい接触から発生した快楽電気は肢体を恍惚感に浸らせ、セックスレスの奥さまは不安やおぞましさが弾き飛ばされていく。「こんなに張りとボリューム感のあるオッパイなら形は崩れないよ。その前に男の方がノックアウトだろうねえ。重厚で、一度じゃ味わいきれない奥深さがある」「い、いやっ、そ、そんなこと言わないでぇ」 仰向けになる専業主婦の裸体に、僕は覆いかぶさっていた。伸縮性がある清純な主婦の貧乳の胸は、揺れ弾みつつも、しっかり元の形状に戻っている。俺の頭を抱き寄せていた細腕はバンザイして、ベッドシーツを掴んでいた。 滑らかな孤を描く若妻の貧乳の胸に、俺は執拗に舌を這わせた。むちむちとした白肉が指の間からはみ出し、ツンと熟れた乳頭をバキュームすると、獅子頭を振るように奥様は悦楽の嬌声を放ち、高慢な美貌を歪ませた。 セフレの主婦の顔が左右に顔が振れる度、甘い香りが汗とともに飛ぶ。のけ反る頤の先に、弛緩した薄い唇が唾液に光り、小鼻がヒクつき、細い切れ長の瞳が閉じて、眉毛とともに情けない程垂れ下がり、激悦の涙を目尻に溜めている。(朋子ちゃん、溜まっていたんだな。一度、イカせた方がいいな) 若妻の肢体がうねりだす。俺の責めのリズムが変わったからだ。ぷっくり膨れた乳首を甘噛みされ、舌肉を捻りこまれる。もう一方の肉球は撫でまわされる力が強くなり、マッチを擦るように乳尖が摘まみ潰された。「あううっ! い、いきなり強くしないでぇ、はうっ! ああんっ、これっ、これ凄い、いいん……やんっ、やめてええっ!! イキたくない、ああぁっ、ひいぃ! ああ、凄、い、ひいい……う、あ! イク、イッちゃううう!」 マイペースな人妻は、受け身タイプのせいで緩急への耐性が弱かった。余計な心配が解消すると、潜在的に眠っていた肉欲が芽吹き、あどけない俺へ完熟ボディーを差し出していた。
 
性感帯のスポットを知る僕は、アクメへのいざない方も長けていた。チクビ両輪を摘まみ絞られて、熱いディープキスをされると、汗を浮かばせ始めた二階堂ふみ激似の奥様の肢体は、小刻みによじれ、波打たせながらも迫りくる快楽の極みを押しとどめられず、ギュッとベッドシーツを握りしめて、朱唇を全開にした。カッと瞳を開けて、肢体をしならせ、人妻は美貌を惚けたように弛緩させる。 ビクビクッと雷電に打たれたような細かく鋭い蠕動を繰り返す、セフレの若妻の肢体をなだめるよう、僕は綺麗に剃られた脇の下をペロペロと子犬のように舐めていた。(ふうっ……んんっ、久しぶりのアクメで失神してしまったのかしら) 。ふと、新婚の若妻の腹部を見ると、俺が顔を押しつけていた。上半身を淫らに晒していたsexフレンドの主婦は、ズキズキと体の芯に宿る肉欲の熱が引いていない。「ああ、眼を覚ましたんだ、知子さん。じゃあ、続きを始めようか」 あどけなく、キョトンとした顔の僕が喋っているとは到底思えない台詞だった。セックスレスの奥さんは、分別のある口調で諭すように語り掛けた。「ねえ、シンジ。もう、止めましょ。ここまでならなかったことにしてあげるわ。分かっていると思うけど、若妻は結婚して夫もいる人妻なの。娘もいるわ。これ以上、何をしようというの? アナタ、何をしているのか、分かっているはずよ」「分かっているよ。出会い系アプリのピーシーマックスで出会ったセフレと男遊びを隠する淫乱女。」俺の言葉に脅迫を加えられ、新婚の主婦は言い返せない。淫乱ぶりは見せつけてしまい、アクメに昇天してしまった。俺の行為が陵辱とは言えなくなっていた。「ともこちゃん、今はオトコとオンナだと思えばいいだけだよ? まあ、駄目だと言われても犯すけどねえ」 その時、微乳の奥さまは後ろ手に縛られていると知った。ゆっくり僕はやってきて一頻りディープキスを交わしてくる。
 
二階堂ふみ似の奥さまはあっという間に舌を絡み取られて互いの吐息を味わい尽くす。(ううっ……もう、引き返せないのね) 勝手にしなさい、と言わんばかりに美人妻は顔を背けて、瞳をギュッと閉じた。薄い唇を噛みしめて、辱めに遭う時間を堪える覚悟が感じられた。(ああっ、どこまでこの男はやろうとしているのお?) 拭いきれぬ不安と悦楽を望む肉欲は、かわいい主婦の肢体の感度を飛躍的に向上させた。スカートにそっと手がかけられると、静々と脱がされていく。一気に引き下ろすような無粋な真似はしてこない。シュルシュルッと玉ねぎの皮を剥くように、優しく布地を捲りおろしてくる。「へえ、濃紺のレースショーツに黒のメッシュの網タイツかあ。紐パンなのは有難いね。こっちは貧乳のオッパイより念入りに味わいたいから」 欲求不満な若妻のピッチリ閉じた内股は、手を差し込まれ、割開かれた。セフレの奥様の腰に結んでいたショーツの紐がほどかれる。スッとひんやりした空気が女体の股間に触れてくる。俺は薄っすらと茂る黒艶の陰毛を躊躇なく舐め始めた。小さな両手は内股をさすっている。(この男、マジでクンニリングスをしてくるつもりなのお) 色っぽい奥様の思惑は、容易く打ち砕かれた。奥様の表情は硬い。まだ、心が折れていない美貌にほくそ笑みながら、俺は若妻の濡れそぼる膣口を見た。真黒で縮れたビラ肉かと想定したが、奥様のマンコは、年齢相応の肉花弁であった。 ぽってりとした小陰唇が大陰唇からはみ出している。アーモンド色の肉ビラは左右非対称に長い縦線を作っていた。それは鯉の口みたいである。上の薄い口とは正反対に、滅多に開かない皺の寄ったおま○こは一度パックリ開ければ、はらわたにしっかり飲み込むまで閉じているような猥褻扉のようだった。「い、いやっ、み、見ないでぇ。ううっ……」 焦がすような僕の視線に、人妻は弱々しく反応した。もはや、暴れることも叱り飛ばすことも出来ないセフレの奥様は、萎えさせるぐらいしか抵抗する手立てはなかった。 完堕ちに近い若妻のすすり泣く声を聞いて、俺は興奮に心を打ち震わせていた。恥じらいにクネクネと体をよじらせる欲求不満な人妻。吊り上がっている、閉じたはずの瞳は薄っすら開き、こちらの様子を見ているようだった。(ううっ、見られてるぅ。人妻の一番恥ずかしい所を見られてるよお)
 
 人妻は恥辱感より、屈辱感の方が大きかった。相手はあどけない表情の僕である。黒々とした大きな瞳で既に開いている穴をじっと見られると、もう一つ別の膣道ができそうな気がする。 虫眼鏡で黒紙を焦がされるような火照りが色っぽい専業主婦の肢体に宿る。オマ○コの周辺でチリチリと火花が散り、セックスフレンドの若妻は視姦だけでもいやらしい潤みを感じてしまう。激カワの主婦は体の芯にうだる灼熱の疼きと相重なって、腰が勝手に動き出す。「ううっ、んんっ、はあっ、やあっ!」 ジックリと責められる前戯の経験は少ないようだ。免疫がないのか、美人妻は勝手に淫靡な声を弾ませている。卑猥に蠢き、ヒクつくマンコを指で開くと肉土手まで分泌液が溜まって、猥褻な潤みをきらめかせていた。華麗な薔薇肉の折り重なりにふっと僕の吐息がかかると、ピクリッとおまんこは敏感に引き攣った。「ああっ、シンジィ、も、もう、だめぇ。それ以上、だめよぉ。ああっ、ひ、引き返せなくぅ、なっちゃうのよぉ!!」 熱にうなされたような上擦り声で清純な主婦は言った。「トモコちゃんのおまんこを見るまでが理性の表裏? そんなことないよ。据え膳食わぬは男の恥っていうじゃない。諦めが悪いよ、朋子ちゃん。もう、引き返せないんだよ」「いやっ、やめなさい! やあああっ……」 粘り汁を「んじゅっ、じゅじゅう!」と俺が飲み干すと三十路の若妻は肢体をグンッとのけ反らせ後ろ手の無抵抗状態で、小刻みに震えた。小さく鋭い牝鳴きは、恐ろしく澄んでおり、甘美に俺の鼓膜を揺さぶった。 奥さんの秘粘膜を彩る肉真珠はぷっくりと膨らんでいた。開花前の肉豆を口に含むと小刻みな媚肉のうねりが大きくなり、白い肌はどっと汗を掻き始める。
 
出会い系アプリでの清楚な美人妻とのタダマンセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系出会える】新婚の奥さまとオフパコセックス

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex