deaisex_novel

【出会い系セフレ】処女で清楚なアイドルと中出しエッチ


 
こんにちは。ゆうきです。
 
僕はせっせと出逢い系コミュニティで可愛らしい女の子と即会いして、ハメ撮りセックスをやってヤりまくっています(^▽^)
 
さて、今回は匿名で出会える大手の出逢い系SNSのハッピーメールで出会った生駒里奈似のアイドルと東京都東久留米市で会ってセフレにして即オフパコセックスをしてきたのですが、はめ撮り写メが多く撮影できましたのでレポートします。
 
※この記事にはエロいセックスのハメどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出会い系SNSのハッピーメールで出会った女はアイドルで、名前は菜々子ちゃんといい、顔は生駒里奈似のとても美人でした(^▽^)
 
出会い系サイトハッピーメールでの清楚なアイドルのプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトハッピーメール(happymail)での清楚な地下アイドルの掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
ぺちゃぱいの地下アイドルとは、出会系コミュニティのハピメで知り合ってLINEでやり取りした後、東久留米駅近くのお洒落な串カツ居酒屋に飲みに行った後ホテルOKとのことだったのでそのままラブホテルに行って即ハメエッチをしました。
 
僕とセックスフレンドのアイドルが東京都東久留米市の東久留米駅周辺のラブホテルの部屋に入った。 俺のゴクリと生唾を飲む音が部屋に響く。地下アイドルの振り返った瞳は笑っている。ふくらはぎに手を置き、白肌に触れた。「フフフッ、ゆうきくん。触りたいのは、そんなところじゃないでしょ?」「でも、一度エッチ始めたら、僕なりに最後までやるよ。いいの?」「うん。いいわ」 俺の顔から、セフレのアイドルは根拠のない高を括った。「じゃあ、エッチやるからね」 最終通告のように俺は言った。チラチラとスカートカーテンから18歳のアイドルの美尻が垣間見える。段々と牡の血が猛々しくたぎってきた。「うっ、くふううっ、ちょっと!」 もう、諫めることも留めることも出来ない。分かりつつも、アイドルは困惑の吐息をもらす。俺に両手で尻朶を揉みしだかれる。同時に、清純な地下アイドルはネットリと生温かい感触でピクッと躰が反応した。舌肉で尻肉をなぞられていた。(まるで、牝肉に飢えた獣みたい。やあんっ、舐め方がいやらしい!) 小さな朱舌は太腿からツーと押し付けてきた。18歳の地下アイドルの尻丘にたどり着くと、キスと織り交ぜて舌愛撫される。その間も、僕にギュッと柔肉を掴まれた。もう、俺にはスカートなど眼中にないようだ。「ククク、こんな大きくて色っぽい尻じゃ、スカートの丈を長くしても痴漢されるよ。柔らかいのに、筋肉質な張りもある。あまり、嬲られていないようだけど、何人の男にこの尻を見せたの?」 予想外の質問をされて、スタイルのいい地下アイドルは押し黙ってしまう。恥ずかしさに躰が熱くなる。
 
たかぶる熱はチンコへとゆっくり移動していた。「そ、そ、そんなの答えられないわ!!」 パシンッと耳障りのいい音が響いた。アイドルは一瞬、何が起こったのか理解できず、躰を硬直させる。ジンジンと桃尻の頬から熱が伝わってきた。ようやく、俺にスパンキングされたのだと分かる。「な、な、何てことするの!! や、あ、あううっ、いたいっ!!」 きれいな地下アイドルの桃尻の尻朶が左右からビンタされる。スパアンッと張りのある音が響くたび、ちょっと前までJKの地下アイドルは哀願の目付きで振り返った。左右に振れた尻肉は、ゆらりと濃艶に波打ちもとに戻る。「質問に答えるんだ、ななこさん。何人のオスに、この尻を晒した?」 冷酷な問いかけをしながら、俺はセックスフレンドのアイドルのスパンキングした尻を撫でる。愛おしそうな擦り方は、揉みしだく時とはまったく異なっていた。色っぽい地下アイドルのスカートは翻り、生尻がむき出しにされている。「さ、三人よ。ゆうきくんを除いてね。あ、あううっ!」 舌とは違う感触に生駒里奈激似の地下アイドルは声をあげた。ボクサーパンツ一丁の僕のチンポが桃尻に擦りつけられている。テントは張っていない。反り返ったお○んちんはパンツからちんぽをはみ出させ、、腹にくっついている。赤黒い鎌首の裏筋で丸尻はひしゃげられていた。(あ、熱い。それに、硬くて、太い。ううんっ、おまけに長いいっ) 予想外だった。俺のチ○ポも、何もかも。処女のアイドルは裸体の抱擁で終わると信じて疑わなかった。処女喪失時の相手も、並のおちんちんだった。出会い系アプリのハッピーメールで出会った男に串刺しされるとは考えてもいない。
 
「ナナコさん、やっぱり、陵辱されるとは思っていないでしょ? 小学生の女の子を貫いたらさあ、初潮もきてないマンコだから、壊れちゃったみたい。大丈夫。菜々子ちゃんのは壊れないし、壊さないようにやるよ」 ウフフフフと笑う僕を見て、清純なアイドルは背筋が凍った。悪寒が躰を襲い、無様な程に汗をかかせる。アイドルはゾワゾワッと肌が震えた。「鳥肌なんてたてないでよ。大丈夫、気持ちよくさせるからさ」 パチパチと小さな手で尻肌を叩かれる。自称処女のアイドルは恐怖と不安のどん底に堕とされて、思考が停止してしまう。(逃げようとしたら、多分、一気に貫かれる。いやああっ!!) 小さな手が尻肉から離れた。次の瞬間、思いっきりバージンのアイドルのショーツを引き絞られる。尻間に食い込んでいた布地が更に食い込まされる。余った布地が桃尻から離れて、宙に浮いた。「へえ、やっぱり尻の谷間が深すぎて良く見えないや。でも、フフフッ、お尻の孔はヒクついているな。ひょっとして、アナル責め、されたいの?」 持ち上げられた布地は一気におろされる。セフレの地下アイドルの一糸まとわぬ尻間に、ひんやりとした空気が流れてきた。微乳のアイドルはショーツとともにスカートまで剥がされる。(恥ずかしいから、下手に声がだせない。でも、アナルなんていやあ!!) お尻の孔の皺に触れる小さな指を振り払おうと、きれいなアイドルは桃尻を左右に揺する。同時に、いやいやと前を向いて顔を左右に振った。「冗談だよ、奈那子さん。怖くて声も出ないか? まあ、嫌でも鳴きせざるを得ない時はくるから、せいぜい、余計なエネルギーを溜めておくんだな」 アヌスの指が移動する。その時、アナル責めのフェイントは桃尻を開帳させるためだったのだと悟る。俺は立ち膝の姿勢でセフレのアイドルの尻肌へ顔を押し込んできた。
 
(や、止めてえっ! オ○ンコをペロペロ舐めちゃ、いやあっ!) バージンのアイドルはヌメッとした感覚におぞましさを覚える。しかし、下手に抵抗すればちん○んを捻りこまれるかもしれない。アイドルは尻肉をち○ちんでひしゃげられたショックが甦った。「へえ、マンコの綺麗なピンク色のビラ肉。程よく濡れてきてる。ふーん、まるで処女の酸味がするな。ま、下手に弄られてたら興ざめするし、いいか」 バージンのアイドルはオマ○コを左右にグッと広げられる。オマ○コの敏感な肉ビラに僕の荒れた息がかけられ、舌先でノックされる。ジクジクと甘痒く、疼きだした。「ぬ、濡れてなんかいないわよ! ふうっ、んうううっ!」 女として小坊に感じてなどいない。清純なアイドルが示せる最後の抵抗だった。 ピチャリと淫靡な水音がするたび、セフレの地下アイドルのおまんこは熱を持った。俺は猪突猛進におま○こを責めたててこない。舌休めにゆっくり指を突っ込まれる。おまんこの花弁のヒダ肉へ指腹を吸い付かせて、なぞられていた。微妙で不規則な刺激は、生駒里奈似の地下アイドルの温度をたかぶらせていく。吐息がもれる。「いい反応だ。心も躰も快楽にはまれば、余計なことは考えなくなる、よっ!!」「ひぎいっ、あっ、うぐぐっ!! いきなりっ、止めてええっ!」 蜜汁に濡れた俺の中指が、突如少し前まで女子高生の地下アイドルのお尻の孔に突き刺さった。どこかを指さすような直線状の指棒に禁所を貫かれる。
 
膣口に意識を集中していた自称処女のアイドルは頭が真っ白になる。くんっと顔があがり、躰がしなった。(この男、異常だわ。尋常な精神状態じゃ、ないわ。それにタイミングが凄い) 痛覚が脳へ知らせる前に、指棒を引き抜かれた。結果的に、一瞬の埋没感で清楚な地下アイドルの女体の疼きは増してしまう。「まあ、冗談はこれくらいにして。本格的な前戯に入るかな」「い、いやあっ、だめえっ、ゆうきくん。もう、許してえっ」 かわゆいアイドルが振り向いて、哀願の言葉を口にする。僕はただ、フフフフッと不敵な笑みを浮かべるだけだった。(一体、アタシはどうされてしまうの……) 僕はスタイルのいい地下アイドルのお○んこにある、肉豆へ触れてきた。指腹でマンコをなぞられて、陰核でピタリと止まる。磁石のように指腹は突起に張り付いた。ピタッピタッと撫でながら叩かれる。肉豆の皮は剥がされ、ちょっと前までJKの地下アイドルの敏感な場所が丸裸にされた。「ジンジンするのぉ。陰核なんて、いじらないでぇ、あううっ!」 指腹で転がされただけで、スレンダーな地下アイドルの一番敏感なところは硬直した。トンッ、トンッと規則的にノックされる。未体験ゾーンが性感帯にされていく。 クンニなどされたことはない。sexの範疇にあるのも知らなかった。だから、地下アイドルのはどう責められるのかは全くの未知数だった。(これで、終わりなのかしら。それなら、でも、熱くなるよぉ、ひゃうんっ!)パクッと蕾に吸い付かれて、美臀が震えた。アイドルの白いもち肌の太ももが朱色に染まり始める。プックリと硬直する一番敏感なところをバキュームされて、ジクジクとチ○コは淫乱な肉欲の熱で炙られていく。「ちょっと! ゆうきくん、そんなのどこで、くううぅ、あっ、あっ!」 敏感な突起から俺の舌先を感じる。
 
狡猾ながら、貪欲すぎない舌さばきにsexフレンドの地下アイドルのチンコへポッと炎がともされた。太ももを抱きかかえるようにして、僕はパックリとセフレのアイドルのおまんこへ吸い付いた。幼い朱唇に発育途上真っ盛りの粘り汁がポタリ、ポタリと流れ始める。「やっぱり奈那子ちゃんは男日照りだったんだねえ。フフフッ、こんなにドロドロの淫液を一杯したたらせて。何ていやらしいんだ。まだ、感じていないって言い張るつもり?」舌でマンコへ侵入される。バージンのアイドルのマンコの肉ビラへ擦りこむように、チロチロと青虫のように這わせられた。収まりのつかない疼痒さに、ショートヘアのアイドルの膣口は蕩けていく。「ふうっ、んんんうっ! いやっ、止めなさいっ。刺激されて起こる、一時的な生理反応よ。くううぅ、あっ、あっ! ゆうきくんが止めてくれれば、時間と共に収まっていくのよ」 抜き差しならぬ疼きに、生駒里奈激似の地下アイドルは歪んだ声で抵抗する。時に上擦り、甘いすすり泣きをもらしても、譲れないものがあった。(出会い系アプリのハピメで出会った男に後背位で犯されるなど、あり得ない)俺は卑猥な笑みを浮かべていた。ボクサーパンツは脱いでいる。巨大なオチ○チンを右手で握りしめていた。先端の赤黒いおち○ちんは、ヒクヒクと我慢できないと揺らめている。「駄目だよ! 奈那子ちゃん。やりたいようにやらせてくれるって言ったばかりじゃん!! だって、処女じゃないんでしょ? もしかして、怖いの? それとも、今日は危険日とか?」 膨張した亀頭をセックスフレンドの地下アイドルの桃尻に押し付けられる。鎌首はあっさりsexフレンドの地下アイドルの尻肉をひしゃげていく。鋼鉄の雁首は尻頬にグリグリ食い込んできた。カリまで包み込む柔肉から、ヤケドするような熱が伝わってきた。恐ろしい太さだと躰は震える。「そういう問題じゃ、んも、もうっ、あぁん、ないのよ!! アナタは小学生でしょ? ゆうきくん。本当に我慢できない?」 チンチンはすでに処女のアイドルのおま○こをなぞっていた。淫液は溢れる程出ており、マンコから垂れている。赤いオ○ンチンは淫液をすくい取っていた。(今日は安全日だけど、ダメダメ、そういう問題じゃないの、ああんっ!)
 
「うん、我慢できない。じゃ、行くね!!」 えっ? と問いかける間もなく、アイドルは貫かれた。「あっ、あっ、あうううっ! 入れちゃだめええっ!!」 何もかも後の祭りだった。膣口にオ○ンチンを埋められる。ビリビリとコンドームおまんこは甘怠い快感をもたらす。肢体の背中に電気がはしり、地下アイドルの脳髄は悦楽に酔い始めた。 マ○コの花弁は亀頭を飲み込むよう、受け入れてしまう。(ダメなのよ。まだ、早すぎるわ。あああっ、気持ちいいと感じてしまうのぉ)「フフフッ、いい顔になってきたね、奈那子ちゃん。ボクの大好きなななこちゃんの表情だよ。気持ちいいんだぁ。言わなくても、それくらいは分かる。じゃ、もっと気持ちよくしてあげる。ボクも気持ちよくて堪らないから」 無意識にアイドルは尻丘をせり上げていた。処女の地下アイドルのオマンコからトロトロと淫液が太ももをつたう。淫液はベッドシーツに淫靡なシミを作っていく。 僕はセフレのアイドルの動きに合わせて立ち上がる。両手はふくらみのある尻頬に置かれていた。はち切れんばかりのチン○ンは、膣口の肉ビラで絡めとられている。(ああっ! 何で躰が勝手に動くのぉ。これでは、まるで誘っているみたい) アイドルが振り向くと、僕はじっとしている。ゆっくりと、尻朶を撫でまわされた。小さな裸体が円を描くように動く。おめこをグチュグチュとかき回される。 ジンジンと甘痒い疼きが広がる。アイドルのオマンコの花弁に渦巻いた熱は膣奥の疼きと繋がっていく。段々、膣全体にうねるような熱を帯びていった。「うーん。亀頭が揉み潰されそう。腰が痺れるほど気持ちいいよ。うん、ナナコちゃんも気持ちよくしてあげる。尻もあげてもらったしね」「いやあっ! 違うのよぉ。うっ、あっ! あああ……はっ、はっ、んんう!」
 
地下アイドルの嬌声は何もかもかき消してしまう。ただ、静々と背後からちん○んで串刺しにされていった。清楚なアイドルは窒息感に襲われる。それほど、巨根だったのだ。(うぎいっ! こんな大きいの入らない。壊れちゃうよぉ) 侵入されぬよう、膣を窄める。カチカチのち○こは力ずくで押し込んできた。チ○チンのカリエラで膣襞を削られていく。分泌液に媚肉は蕩けていた。卑猥な音が羞恥心を増幅させる。悦楽に屈する躰は快感に痺れていく。セフレの地下アイドルの理性は、肉欲に揺さぶられた。(痛気持ちいい。ああんっ、何とかしなければ……) まさか、中出しまではされないだろう。そんな希望的観測はあっさりと打ち砕かれる。亀頭にポルチオへキスされたからだ。「やああっ! 長すぎるぅ。奥まで届いちゃってるぅ! あっ、あはうっ! んも、もうっ、あぁん、いやああっ!」 ベッドの上で僕が動くと、スプリングのきしむ音が響いた。その音を聞いて、不覚にも清純なアイドルはゴクリと生唾を飲み込んだ。(えええっ! まだ侵入されてるのぉ。ふ、太いいいっ!) へそ下まで極太に捻じこまれ、埋没感に襲われる。すっと疼痒さが引いていく。再び大波となって、疼きはやってきた。 チ○コはググッとマンコの子宮口まで押し込まれる。バージンの地下アイドルの甘美な痛みは、新たな性感帯になってしまう。一度、引こうとするチンチンへ膣襞を絡めていた。「膣奥もいい食いつきだな。吸い付くように膣のヒダ肉が貼りついてきやがる。ちょうど、カリエラに引っ掛けるような膣壁の締まり方がいい。思いっきり削ってやるよ、そうすれば、お互い、もっと気持ちよくなれるからな、オラよっ!」 俺の口調は猛々しくなる。引かれかけたペ〇スにドン突きされる。パンッと肉と肉のぶつかる音が響いた。子宮をひしゃげられる勢いに、地下アイドルは目を白黒させた。
 
四つん這いポーズのアイドルは躰を硬直させてしまう。引きちぎれるほど、強くベッドシーツを握りしめる。ぶるぶると震える桃尻に、噴き出た汗が尻頬を流れる。(うぐうっ! 奥まで来てる。か、硬いい、ひいんっ!) ビリビリと躰中に疼きは伝わる。セフレの地下アイドルは恐怖や羞恥心に肢体の震えが止まらない。何より、ショートカットのアイドルは膣奥を突かれる快感に女体は酔っていた。 ち○ちんの形が脳裏にやってくる。埋め尽くされる被虐感すら、快楽になりつつあった。ゆっくりと腰を引かれていった。「うううっ! ゴリゴリとヒダに押し付けないでぇ! 削られると、はあんっ! 気持ちよくなっちゃうよぉ! ううっ、くううぅ、あっ、あっ!」 マン汁は痛みを抑える潤滑油にしかならない。カリエラでヒダを削られていく。その感触、ショートヘアの地下アイドルの快楽は打ち消しようがなかった。 チンポに貫かれる悦楽の嬌声を発し始めていた。理性は段々と置き去りにされていった。アイドルの唇からは快感の咆哮しかでない。「んっ、どうしたのななこちゃん? 何、固まってるのさ。ひょっとして、挿入されただけで軽くイッちゃった? それとも、まだ抵抗する気があるのかな。ハハハ、ボクの声も聞こえていないかな」 スリムなアイドルは赤銅色のオ○ンチンに全神経を注いでいた。地下アイドルの媚臀は朱く染まりつつ震えが止まらない。俺のち○こはスリムな地下アイドルのの心にも爪を立てていた。(大きすぎるううんっ、これじゃ、一突き一抜きで二回イッちゃう!!) 激しい抽送をされたらと想像しただけで、セフレのアイドルは脳髄を真っ白にされる。一粒で二度美味しいなどとだけは牝鳴き出来なかった。 ゆるゆるとチンポを引かれていく。硬く太いマツタケのオチ○チンは、重かった。釣り鐘型に熱膨張したチン○ンは、ズシリとチ○チンに痕跡を残す。 掘削された地下アイドルの膣道は、元の狭さに肉壁を戻している。ゴリンゴリンッと雁首でヒダごと掘り返された。線状の凹凸が削られる快感を余すことなく掴んだ。「ヘヘッ、それだけ感度が高いと嬉しいねえ。んくっ、お、おお……両手で雑巾絞りされているみたいに、強烈な力で掴んでくる。ここまで名器だと、僕の方もピストンする前に射精しちゃうなぁ」
 
射精と言われて、地下アイドルは慌てて振り向いた。ジュポンッと亀頭が膣唇から抜ける。テラテラと分泌液に光るちんぽから、先走りの汁が出ているのではと凝視してしまう。(ああ、そういうことか。どうしようかな……) 自称処女の地下アイドルはまだ中出しに怯えている。性感のたかぶりに乗じて一気に犯そうと俺は思っていた。動きかけたチンポが止まる。 セフレの地下アイドルも一皮剥くと、淫乱ぶりを丸出しにした。いきなりおめこへ貫いてみれば、牝鳴きを繰り返す。 俺は生駒里奈激似のアイドルの尻肉にチ○コを押し付け、甘えた声で懇願する。「ねえ、ななこちゃん。いいでしょう? ダメなのぉ?」「うっ、ぐうっ! ダメよ!! 絶対ダメ!!」 抜けるほど白い肌を火照らせて、スリムな地下アイドルは叫んだ。濡れた瞳の光は強い。一方で長い睫毛と唇は震えていた。陰唇からはだらしなくラブジュースが垂れている。パクパクと物欲しそうにヒクついていた。(一気に押し込むと絶交されそうだな。仕方ない)背面騎乗位で羽交い締めした状態から逃げられれば地下アイドルの勝ち。逃げられなければ僕の勝ちというものだった。要はベッドから逃げれば自称処女の地下アイドルは助かるというものである。「何か……本当に陵辱されるって感じになってきたわね」「でも、譲歩しているつもりだけどな」 分かったわよ、と地下アイドルはカーディガンを脱ぎだした。まだ、上肢は服をまとっている。裸体になるのが絶対条件だった。(筆休みにはなるか、フフフッ、いい躰だな)
 
生駒里奈似のアイドルのカーディガンのボタンが外されていく。18歳の地下アイドルは膝立ちで白い指を動かす。ボタンが一つ外れるたび、貧乳のバストが大きくなるように見えた。 白いブラウスに白いブラジャーが張り出していた。パツパツのサイズの理由はプロポーションにあるらしい。アイドルの胸丘から山肌のような皺が出来ている。端麗で妖艶な雰囲気が増した。セフレのアイドルの髪の毛が揺れると甘い匂いが漂う。プチプチと中ほどまでボタンが外れる。ハーフカップブラジャーに包まれた生駒里奈似の地下アイドルの貧乳のバストの白肌が見えた。ゴクリと俺は生唾を飲み込んだ。(そんなにななこのカラダ、いやらしく見えるのかなぁ) 僕の粘りつく視線は気になる。アイドルはビクビクと揺れるチ○コを見つめていた。ボタンを一つ外すと、歓喜の俺叫びを上げているようだった。 シャツを脱ごうと18歳の地下アイドルは躰をしならせる。ぺちゃぱいのオッパイがゆらりと微妙に動く。(いやいや、形も大きさも凄いな。これじゃイジメられるかもしれない) 俺は後ろ手をついてスタイルのいいアイドルの躰を見ていた。肌の露出を嫌がるせいか、シミや日焼けの跡がまったくない。アイドルのきめ細かい肌はみずみずしい。 触れれば吸い込まれそうなもち肌に見える。柔らかい肉は円錐形の貧乳のオッパイにまとまっていた。
 
寄り添う乳朶がくっきりと谷間を作る。 レースの柄は複雑で、美の奥ゆかしさを物語っているようだ。バックホックが外される。地下アイドルは手ブラの姿勢で前のめりになった。 谷間の濃線が浮かび上がる。弾力性のあるコンドームおま○こはむっちりと締まっていた。オ○ンチンを疼かせる双曲線の先に朱蕾が見えた。 うなじ、微乳の胸は汗が光っている。ゆらゆらと丸みのある乳頬が左右に揺れた。セフレのアイドルは一筋の汗が流れ、貧乳のおっぱいを濡らして谷間へ消える。 立ち膝でアイドルは俺にもたれるような体位になった。「じゃれ合うのはいいけど、乱暴はしないで」 羽交い締めになりながらショートカットのアイドルは言った。勝負はすぐに終わるだろうと高を括っていた。 ショートヘアの地下アイドルの予想外の形で、勝負はすぐに終わった。「じゃ、始めるわ。せーのっと」 俺の手はあっさりほどける。起き上がった地下アイドルの背中はトンと押された。フラフラと安定を失い、前のめりになる。両手を着くと犬のポーズになった。 そして、地下アイドルは後背位で再びおち○ちんに貫かれた。「あっ、あはうっ! んも、もうっ、あぁん ダメえっ、そんなに早くしちゃ、いやあっ、止めなさい、止めてえっ、お願いいっ!」 背後の僕は何も言わない。アイドルはクビレを掴まれて、一直線にちん○んを捻りこまれる。さっきよりも数倍強く押し込まれた。(いやあっ、な、な、何とか逃げないと) sexフレンドの地下アイドルが前に逃げようとすると腕を掴まれた。上向きにしなった躰にちんぽを叩きこまれる。パンパンパンッとショートヘアの地下アイドルの桃尻が鳴る。肢体は、脳と共に揺さぶられた。
 
(ううっ!! す、凄いいっ、何も考えられなく、きゃやああんっ!!) アイドルの躰が急に熱を帯びだす。疼痒さの次元ではなくなる。ジクジクジンジンする膣を癒してほしい。少し前まで女子高生の地下アイドルは肉欲の一念に憑りつかれていく。「んくっ、お、おお……一突きするとヒダ肉が微妙に絡みついてくる。フフフフフッ、ぬめり汁でドロドロになっちゃって。結局、陵辱されるシチュエーションが一番気持ちよくなれるんじゃないの? ったく淫乱だなあ、菜々子ちゃんは。オラオラ!」 パッと腕を離されたスレンダーな地下アイドルはベッドに倒れこむ。桃尻が高く上げられる。ズブリとチン○ンを差し込まれた。肢体はよがり、淫靡な汗にまみえる。 セフレのアイドルは手を伸ばしシーツを掴む。シーツは皺を作るだけだった。抽送に耐えるだけで精一杯になる。逃げることは出来なかった。「ふうっ、くううっ! 乱暴にしないで、いいんっ、あっ、あんっ!」 上擦った牝鳴きは澄んでいく。無抵抗の意思に納得したのか、僕は乱打を止める。リズミカルなピストン運動に変わっていった。 強いだけの刺激からメリハリある抜き差しをされる。単調な快感に波を作られ、無意識に清楚なアイドルの腰は動く。(ダメなのにいっ、勝手に腰が動いちゃう。いやあっ、ううっ) ちんぽの先端で膣奥を突かれる心地よさ。グラインドで引かれ、雁首に膣襞が爪をたてられる快感。埋没感と空虚感が生み出す肉欲の嵐。
 
出会い系サイトでの生駒里奈似のアイドルとの即はめsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓










































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系体験談】生駒里奈激似の地下アイドルと即やりエッチ

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex