deaisex_novel

【出会い系エロ】巨乳の主婦と中出しsex


 
この記事を最初から読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系ハメ撮り】新婚の奥さまと即はめsex
 
 おま○こにわざと「ちゃん」をつける言いかたが、卑猥さを増している。それが逆に俺の身体をも熱くさせる。 三十路の若妻の柔らかそうな大淫唇には、やや短めの恥毛がちらほらと生えている。花を包み込む萼のようなオマンコからは、程よく発達した花びらが二枚顔をのぞかせていた。「ああん、もっと見て。マンコちゃんをよく見てぇーっ」 奥様は熟れ尻をくねらせた。ヒップを揺さぶったことによって、ぴったりと重なり合った花びらがかすかに綻び、濃密なフェロモンの香りがさらに強くなる。 清楚な美人妻の指先が太腿のあわいへとゆっくりと伸びた。仰向けに横たわった俺にできることは、目の前であからさまになる神秘的な女花を凝視することだけだ。 広瀬アリス激似の人妻のやや日焼けした太腿よりも、その付け根はかすかにセピア色っぽい色合いで皮膚の質感も明らかに異なっている。太腿が皮膚だとしたら、太腿の付け根の内側の部分は粘膜に近い感じだ。「ああーん、こんなに濡れちゃってるっ」 sexフレンドの奥さまの唇から悩乱の喘ぎが洩れる。女らしい指先が濃いめの花びらを左右に割り開くと、ちゅんと口を閉ざした赤みの強い膣口が露わになる。 奥様の言葉のとおり、とろりとしたラブジュースがじゅくじゅくと溢れ出し、花びらだけでなく大淫唇の辺りまでぬめぬめとした輝きを放っている。 専業主婦は僕の視線を意識するように、繊細な女の蘭の上で指先をそろりそろりと踊らせた。それは触れるか触れないかの繊細なタッチだ。 男だけではなく、女だって満たされないときには自らの指先でおめこを慰めるということくらいは知っていた。 しかし、それを生で見るのは生まれてはじめてだ。俺は胸元を喘がせながら、セフレの主婦のひとり遊びを見守った。「はあ、見られてるだけじゃ我慢できなくなっちゃうっ。ねえ、たっぷりとチンポを舐め舐めしてあげたでしょう。今度はあなたが感じさせて」 奥さまは甘えた声を洩らすと、魅惑的な下半身を揺さぶった。俺と視線を重ねながら、少しずつ腰を落としてくる。アラサーの若妻のおま○この匂いが鼻腔に忍び込んでくる。
 
「ねっ、いいでしょう……」 独り言みたいに囁くと、セックスフレンドの主婦の腰の動きが止まった。牡を誘惑するフェロモンの香りを漂わせる秘唇と俺の顔の距離は五センチもない。 爆乳の主婦にここまでお膳立てをされては、逃げ出すことなどできるはずもない。僕は深呼吸を二度三度と繰り返すと、俺を誘い込むおまんこへと舌先を伸ばした。 舌先が欲求不満な美人妻の膣液にまみれた花びらに触れた途端、マ○コによって堰き止められていた愛液がとろりと滴り落ちてくる。 互いにシャワーなどを浴びてはいない。ホットパンツやショーツの中で蒸れていたのだろうか。甘酸っぱい愛液の風味が口の中いっぱいに広がる。「はあ、いいわ。舐め舐めされると感じちゃう。だって、お指とは感じかたが全然違うんだもの。舌で舐められると気持ちがよすぎて、お○んこちゃんが蕩けちゃうっ」 美人妻は聞いているほうが恥ずかしくなるような、はしたない言葉を口走った。 ここまできたら後に退けるはずもない。俺はぐんっと舌を伸ばすと、舌先を密着させるように三十路の奥様のまんこの二枚の花びらを下から上へとでろりと舐めあげた。 ゴムお○んこが左右に開き、とろりとした淫液が滲み出してくる。その源泉のありかを探るように舌先を丹念に操る。「ああ、いいわ。舌で舐められると感じちゃうの。もっともっと舐め舐めして。はぁんっ、クリちゃんも弱いの」 広瀬アリス激似の若妻は自ら弱点をさらけ出した。昂ぶりに二枚の花びらが、少しずつ厚みを増しているのがわかる。主婦のおめこの花びらが重なり合った部分には、春を待つ桜の蕾みたいな小さなしこりがある。 
 
おねだりをされるままに、俺は薄い肉膜に隠れるように潜んでいたクリトリスを舌先でつっ、つっと刺激した。「はあ、いいっ、そこっ、感じちゃう。クッ、クリちゃん感じちゃうっ」 若妻は熟れ腰を左右にくねらせて、快美の声を迸らせた。突き出した胸元が上下にふるふると弾んでいる。 主婦が乱れるさまが、俺を煽り立てる。俺はセックスレスの人妻の太腿の付け根に両手を伸ばすと、大淫唇を左右にぱっくりと割り開いた。恥毛が生えていない部分は粘膜の色が鮮やかだ。 僕は奥様のオマ○コの花びら目がけて、尖らせた舌先を伸ばした。身体の芯からの昂ぶりに厚みを増したオ○ンコの花びらを一枚ずつじっくりと舐め回す。「あーんっ、感じちゃう。オマ○コちゃんがじんじんしちゃうのっ。ねえ、クリちゃんも可愛がってえっ」 僕の頭部に膝立ちになったセフレの若妻は、一番感じる淫核に舌先が触れるように小刻みに尻を揺さぶった。舌先を追う腰の動きに、美人妻の強欲さが滲み出ている。「ああん、我慢できなくなっちゃう。舐め舐めされるだけじゃ、我慢できないの。硬いので、チンコで思いっきりされたくて、たまらなくなっちゃうっ」 とうとう、ぽっちゃりの若妻は人妻が口にしてはならないはずの言葉を口にした。爆乳の人妻の口の中に一度たっぷりとスペルマを放出しているが、俺のオチン○ンは少しも力を失ってはいなかった。 むしろ、新婚の人妻が演じる痴態にち○こは熱い血潮を蓄え続けている。「ねえ、いいでしょう? おちんちんを頂戴。ま○こちゃんがお○んちんを欲しくて欲しくて、どうにもこうにもたまらなくなっちゃってるのよ。ねえ、上に乗ってもいいでしょう?」
 
 新婚の奥様はそう言うと、膝立ちのままいざるようにして僕の腰の辺りへと移動した。専業主婦の指先が、まるで銃身のような硬さを見せるチンコをしっかりと握り締める。 若妻は牡杭目がけて、完熟したヒップの割れ目をゆっくりと落としてくる。そこは甘酸っぱい匂いを放つ淫液だけではなく、僕の唾液によってしとどに濡れまみれていた。 ぬるっ、ぬちゅっ……。 三十路の主婦のおまんこの真上でオチン○ンがうわすべりをする。しかし、爆乳の若妻はその感触さえも楽しんでいるみたいだ。「ああん、クリちゃんがチ○ポでこすれてる。ああん、ぐりぐりされると感じすぎておかしくなっちゃうっ」 膝立ちになった若妻は、充血した花びらのあわいに牡杭の先端を押しつけた。体重をゆっくりとかけるようにして、ち○こを少しずつ飲み込んでいく。「ああ、いいわっ、オ○ンチンが、おちん○んがぁ……オマンコちゃんに挿入ってきちゃうっ」 奥さんは背筋をのけ反らして、貫かれる快感をじっくりと味わっている。爆乳の若妻のおまんこは肉感的な肢体に相応しく膣肉がもっちりとした感じで、細かな肉襞がチンコにまとわりついてくる。「あっ、すごいっ、締めつけてくるっ……」 僕の唇からも切なげな吐息がこぼれる。俺にとっては生まれてはじめての騎乗位だ。それ故に、自ら腰を振るという発想がなかった。「んんっ、いいわあ。まるでチ○チンで串刺しになっているみたい」 巨乳の主婦は感極まった声を洩らすと、俺の胸元に両の手のひらをついた。床の上に膝をついたセックスフレンドの奥さまは前後左右にゆっくりと腰を揺さぶる。 まるで膣壁をかき乱すように腰を軽くあげると、円を描くようにスローなテンポで腰を振り動かし、今度は深々とち○ちんを埋め込んでいく。 人妻の腰使いは僕の想像をはるかに超えている。下半身の鍛錬とばかりに、若妻は上下左右にと自在に腰を振り動かす。 深く浅くと、媚肉でち○ぽを蹂躙されているみたいだ。「あっ、ああっ、そんなふうに動いたら……」
 
 俺は狂おしげな声を洩らした。「大丈夫よ。だから、先に一度たっぷりと抜いておいたんでしょう。じっくりと楽しませてくれなくちゃ」 欲求不満な主婦は腰を巧みに操りながら、蕩けるような表情を浮かべた。「ああん、いいわ。オマンコちゃんの中をまるでずりずりされてるみたい」 下腹部で深々と?がりながら、ムッチリの奥さまはこれ見よがしにヒップを揺さぶってみせる。チン○ンに密着し、やわやわと締めつけてくるオマンコの感触に仰向けに横たわった僕は喉元をのけ反らした。 三十路の主婦の口内で一度ザーメンを放っていなければ、あっという間に射精してしまっていたに違いない。それほどに柔らかさと弾力に満ちた欲求不満な主婦の女体は魅力的だ。「ねえ、こんなに深く挿入っちゃってるのよ」 奥様は腰を浮かせると、牡の本能を直撃するような台詞を口にした。その言葉に、俺は広瀬アリス激似の人妻と?がっている部分へと視線を注いだ。 鬱血した二枚の花びらの中心に、青黒い血管を浮きあがらせたちんぽが深々と取り込まれている。濃いピンク色の粘膜同士がこすれ合うさまが、これ以上はないほどに卑猥に思える。「つながってるところを見て、もっともっと見てえっ」 清純な主婦は前のめりになると、俺の口元に唇を重ねた。ほんのりと青臭い香りが漂うのは、爆乳の奥さんの口中に大量の精子を撃ち込んだからに他ならない。
 
 自身が放出したザーメンの匂いさえも気にならないほどに、僕も興奮していた。かすかに精子の匂いが漂う奥さまの舌先に、自らの舌先を巻きつけると、ずっ、ずずぅっと音を立てて吸いしゃぶる。「ああん、こんなに感じちゃうなんて。オマンコちゃんがヘンになっちゃうっ」 専業主婦は名残惜しそうに唇を離すと、俺の胸板に手をついた。セフレの主婦は、膝をあげてつま先だけで踏ん張る格好になった。 ちょうど和式の手洗いで用を足すときを思わせる格好だ。膝立ちよりもつま先立ちのほうがはるかに不安定なのだろう。両足を踏ん張ったために、人妻のま○この締めつけがいっそう強くなる。「まっ、由里子さんっ、きっ、きついっ……。あんまり締めつけたら」 俺は喉の奥に詰まった声を洩らした。「だっ、だって……感じたいの。思いっきり感じさせて」 つま先立ちになった清楚な主婦は僕の胸元に手をつきながら、熟れ尻を振りたくる。その姿はなにかに取り憑かれているかのようだ。 美人妻に負けてばかりはいられない。そんな思いが頭をもたげてくる。俺はセックスレスの美人妻の両膝をしっかりとつかむと、ゆっくりと前後に揺さぶった。「ああん、おま○こちゃんの奥が……オチン○ンでぐりぐりされちゃうっ……。ああんっ、おかしくなっちゃうっ。気持ちよすぎるうっ」 広瀬アリス似の人妻は甲高い声をあげて、髪を振り乱した。人妻の両膝は俺ががっちりと支えている。
 
 sexフレンドの主婦は込み上げてくる快感に身をよじるように、30代の若妻の爆乳のバストを手のひらでつかむと、指先を食い込ませて揉みしだいた。 乳首が感じるのだろう。両手の人差し指の先で、痛いくらいに突き出したセフレの主婦の乳首をくりくりと刺激している。 感じれば感じるほどに、ポチャの主婦の女の洞窟の中は蜜汁で溢れ返ってくる。ようやっと少しだけ余裕が出てきた僕は、尻の辺りに力を蓄えると、専業主婦の深淵を穿つように腰を跳ねあげた。「ああん、いいっ、突き刺さるっ、奥まで突き抜けちゃうっ……」 ムッチリの奥さまはうわ言のように繰り返しながら、僕の突きあげに身を委ねている。 くぢゅ、ぐちゅっ……。 深くつながったお○んことオチン○ンの結合部からは湿っぽい音があがり、白っぽく泡立った蜜液が滲み出していた。「はあっ、気持ちいいっ、頭がヘンになっちゃいそう」 俺の上に騎乗した若妻は背筋を大きくしならせた。両膝は僕がしっかりと握り締めているが、駆けあがってくる快感に身体が不安定になるのはいかんともしがたいようだ。 肢体を大きくのけ反らせた巨乳の若妻は左手を床についた。身体が反り返ったことで、結合部がますます露わになる。「いいのっ、すごく、いいのぉっ……」 主婦の右手が、俺のオチ○チンを咥え込んだ若妻のま○こへと伸びる。「ああん、ぬるんぬるんのぐちゅっ、ぐちゅになっちゃってるっ……」 あまりの濡れ具合に驚いたように、右手の指先の動きが一瞬止まる。しかし、次の瞬間、右手の人差し指で、充血して大きさを増したクリトリスを小さく円を描くように刺激しはじめた。「はあ、クリちゃんもこんなに大きくなっちゃってる」 普段は薄膜に覆い隠されている奥さんのピンク色の突起は勃起したおち○ちんのように大きさを増し、薄いフードから半分ほど顔を出している。
 
 美人妻は俺の突き上げを喰らいながら、人差し指で一番敏感なところを刺激している。淫らな悦びを味わい尽くしたいという、広瀬アリス激似の人妻の執念みたいなものが伝わってくる。「ユリコちゃんって本当にいやらしいんですね」「だっ、だって……久しぶりなんだもの。ペニスが奥まで当たって、頭の芯までずんずん響くみたいなの……。クッ、クリちゃんも気持ちいいっ……」 奥さまは僕の下腹部に跨ったまま、なよやかに腰を振りたくった。指先で一番敏感なところを刺激するたびに、マンコがきゅん、きゅんと甘やかにオ○ンチンを締めあげてくる。 セックスレスの若妻の口の中に一度発射しておかなければ、きっと秒殺で暴発していたに違いない。ぽっちゃりの主婦の熱く煮蕩けた膣壁が細やかな肉襞をさざめかせながら、お○んちんに取り縋ってくる。 赤っぽく充血し、大きさを増した陰核をまさぐるセフレの主婦の指使いが激しくなる。下から上へと、まるで薄い肉膜をつきあげるみたいな動かしかただ。「ああ、いいわっ、はあっ……」 最初は緩やかなタッチだった指使いが速さを増すとともに、新婚の専業主婦の息遣いが短く切羽つまったものに変化していく。「んんっ、もっ、もう感じすぎちゃう。おめこちゃんがおかしくなる。おかしくなっちゃうのぉっ……」 わずかに頭をもたげた俺の視界からは、年下の男の腰の辺りに騎乗し、自らのクリを指先で激しく弄る奇麗な奥様の痴態が丸見えだ。「はあっ、ぼっ、僕だって……」 俺も狂おしげな声を洩らした。一度精子を射精しているはずなのに、いん嚢の表面が波打つようにうねうねと蠢き、身体の深い部分から湧き出す歓喜を訴えている。
 
「ああ、ぼっ、僕だって我慢ができませんっ」 僕は前歯をくっとかみしめた。奇麗な美人妻のまんこに埋め込んだおちんちんがびくびくと蠢き、射精が近いことを伝えている。「あんまり締めつけないでください。もっ、もう限界ですぅ」 主婦の膝をつかんだ指先に、知らず知らずの内に力がこもる。「わっ、わたしだって気持ちよすぎてダメになっちゃうっ……。はあっ、イッ、イッちゃいそうっ……」 俺に身体の芯を貫かれながら、人妻は爆乳のおっぱいを突き出し、半開きの唇から短く息を吐き洩らす。 ふたりはほんの一時間前までは、見ず知らずの関係だった。それなのに、今はこんなにも互いの体温を感じあっている。 内なる昂ぶりにsexフレンドの美人妻のほおや胸元がうっすらと紅潮している。それがたまらなく艶っぽく思える。 僕は大きく息を吸い込むと、渾身の力で腰を跳ねあげながら両手でしっかりとつかんだ若妻の肢体を前後に激しく揺さぶった。「ああっ、すごすぎるぅっ、チンポの先が子宮口にもろに当たってるっ。ああん、奥まで入っちゃいそうなほどよぉ」 牡の本能を煽るような言葉を口にしながら、セックスフレンドの美人妻は自らも腰を揺さぶった。まるで身体の中心部をぶつけ合っているみたいだ。まんこと色っぽい主婦の卑猥な淫液が交ざり合い、ぐちゅっ、ぢゅくっと卑猥な音色を奏でている。
 
「はあっ、いいっ、いいのぉっ、イッ、イッちゃいそうっ……、あーん、いい? イッちゃってもいい?」「ぼっ、僕だって……とっくに限界を超えてます」「イッて、一緒にイッて……。わたしのオ○ンコちゃんをザーメンでいっぱいにしてっ」「だっ、発射すよ。由里子ちゃんのま○この奥に思いっきり中出ししますよ!」「いいわっ、発射してっ。濃いザーメンを思いっきり中出しして。ああんっ、イクッ、イッちゃうーぅっ!」 セフレの若妻が射精をねだるみたいに熟れたヒップを左右にくねらせた瞬間、これ以上奥までは入らないほどに深々と突き入れたチンポの先端から、熱いスペルマがびゅっ、どびゅっと荒々しく噴きあげてくる。「ああんっ、熱いのが……熱いのが……いっぱいきてるっ!」 つま先立ちになった不安定な姿勢のかわいらしい主婦はわなわなと身体を震わせながら、法悦の喘ぎを迸らせた。 エクスタシーを迎えた奥さんのおまんこは不規則なリズムで、これでもかとチ○チンを締めつけてくる。まるで一滴残らず精子を搾り取ってやると言っているみたいだ。 後ろ手で身体を支えていた奥様はよろけるみたいに、俺の胸元に倒れ込むと愛おしげに唇を重ねてきた。 にゅっ、にゅぷっ……。 銀色の唾液を口移しで飲ませ合うみたいに、僕と若妻はふたりはつながったまま舌先をねちっこく絡め合った。 しばらく余韻に耽った後、美人妻は晴れやかな笑顔を浮かべると、俺の耳元に唇を寄せ、「上のお口と下のお口にたっぷりとザーメンを飲ませてもらったから、お肌が艶々になっちゃったわ」 と人妻とは思えない淫猥な言葉を囁いた。
 
出会い系サイトでの広瀬アリス似の美人妻とのタダマンsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓



















































 
今回セフレの若妻と今すぐただまんエッチ出来た出会い系はハピメです。
 
なおハッピーメールを利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないと即セックスさせてくれる美人の女と出会ってセフレにしてオフパコsexできませんので、ハピメに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメールのような出逢い系コミュニティで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで詳しく解説していますので参照してください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex