deaisex_novel

【出会い系大人の関係】処女の美少女と中出しセックス


 
こんにちは。ゆうきです。
 
私は相も変わらず出合い系アプリできれいな女の子と出会いまくって、ハメ撮りエッチに励んでいます\(*T▽T*)/
 
さて、今回は即出会いできるサクラ無し出会系アプリのPCMAXで出会ったセックスフレンドの美少女と東京都町田市で会ってsexフレンドにしていますぐ即ハメsexをしてきたのですが、ハメどり写メがいっぱい撮影できましたのでご紹介します。
 
※この記事には過激なエッチのはめどり写メがありますので、18歳未満は閲覧禁止です。速やかに退出してください。
 
今回出合い系マッチングサイトのピーシーマックスで出会った女の子は美少女で、名前はさゆりさんといい、顔は浜辺美波似の半端なく美人でした(^○^)
 
出会い系サイトピーシーマックスでの可愛らしい美少女のプロフ
↓ ↓ ↓

 
出会い系サイトPCMAXでの清純な美少女の掲示板投稿
↓ ↓ ↓

 
激カワの美少女とは、出会い系サイトのピーシーマックスで知り合ってラインでやり取りした後、町田駅近くのおしゃれなフレンチレストランに食事に行った後ホテルOKとのことだったのでいつものようにラブホに行ってただまんエッチをしました。
 
美少女と東京都町田市の町田駅近くのラブホテルに入ったのは、アクシデントのようなものだった。「ごちそうさまでした」 町田駅近くの居酒屋を出ると、未成年のお嬢様は腰を深く折って丁寧にお辞儀をした。雨はあがっていた。湿気をたっぷりと孕んだ生暖かい風に顔をなぶられながら、僕は言った。「俺はもう一軒寄るから、キミは帰りなさい」 自称処女の美少女はまだ泣きやんでいなかった。ぐずぐずと涙を流していた。しかし、駅はすぐそこだし、ひとりで帰しても大丈夫だろうと判断した。 ところが、浜辺美波似のお嬢様はおとなしく帰ってくれなかった。千鳥足でふらふらとネオン街に入っていく僕の後ろを、涙を拭いながらついてきた。三メートルほどの距離を保ち、僕が足をとめると、可愛らしい美少女も足をとめた。歩きだすと、また歩きだした。 気がつけば、町田駅近くの飲み屋街に隣接したラブホ街に足を踏みこんでいた。迂闊だった。会社から近いので、同僚とばったり会ってしまう可能性があった。誰かに見られたら、どんな噂を流されるかわからない。ちょっと前までJKのお嬢様がまだ泣いているというのも、悪い噂に尾ひれがつきそうだった。
 
「頼むから帰ってくれないかな」 近づいて声をかけたときだった。背後から、聞き覚えのある声が聞こえてきた。会社の同僚の声だった。もともと声の大きい彼は、酒が入るとさらにボリュームが倍増するのだが、振り返って確認することは怖くてできなかった。 清純な美少女の背中を押し、ラブホに入った。下心なんてなかった。とにかく部長に見つかるわけにはいかないと、建物の中に逃げ場を求めただけである。(まいったな、まったく……) 溜息だけが、次々と口からこぼれた。町田駅近辺のラブホの建物はやたらと古く、エレベーターの遅さに閉口した。部屋の狭さは常軌を逸していて、キングサイズのベッドがぎりぎりで入っている有様だった。ソファもなかったので、ベッドに腰をおろすしかなかった。 バージンの美少女は座らなかった。目の前に立って、首の後ろに両手をまわしてワンピースのホックをはずした。「……なにやってるんだ?」 俺は冷めた眼つきで自称処女の美少女を見た。「えっ? だってここ、そういうことをする場所ですよね?」 美少女はいつの間にか泣きやんでいた。「入口のところで、会社の同僚の声が聞こえたんだよ。間違っても見つかるわけにはいかなかった。それで入っただけだ」「そうなんですか? わたしはてっきり、sexをするつもりなのかと……」「なにを言ってるんだ、キミは」「わたしなら、いいですから。ゆうきさんのこと好きなんで、遊ばれちゃっても怒りません」 微乳のお嬢様は服を脱いだ。ワンピースなのであっという間だった。とめる間もなく、白い下着姿になった。 僕の冷めた眼つきは変わらなかった。セフレの美少女は18歳の未成年。そういう事情ももちろん欲情の邪魔をしたが、それ以上にまるでそそらない体をしていた。
 
美少女の白いパンティとブラジャーは子供じみているし、胸が全然発育していない。10代のお嬢様は小柄で全体的に少女体形の薄っぺらいスタイルをしていて、おかっぱ頭と相俟って、エロくもなんともなかった。 ロリータ好きな男なら話は別だろうが、僕は若いころからグラマーな女ばかりを追い求めてきた。とくに巨乳は譲れない条件で、Cカップ以下の女は女にあらず、とさえ思っていた。「服を着なさい」 僕は年上男としての威厳を滲ませて言った。「キミは上京したてでよくわからないかもしれないが、世の中には悪い男がたくさんいる。そんなふうに無闇に服を脱いだりしたら、ひどい目に遭わされることだってあるんだぞ」「いいですよ、ゆうきさんにならひどい目に遭わされても」 美少女が意味ありげに笑ったので、俺は険しい表情になった。「なにがおかしい?」「世の中には悪い男がたくさんいるかもしれませんけど、悪い女もいるんです」「どういう意味だ?」「わたしにも打算がありますから」 僕は首をかしげるしかなかった。「わたし、処女なんです」 美少女はきっぱりと言い放ったが、言った瞬間に恥ずかしくなったようで、ふっくらした双ほおを赤く染めた。「エッチした経験がないんです。でも、そんなことじゃ、恋愛も楽しめないじゃないですか。自称処女なんてさっさと捨てたいんですけど、街でナンパしてくるような男の人は怖いし……二十代とかでギラギラしてる男の人とか、絶対やさしくしてくれないだろうし……だからゆうきさんみたいな人だったら……いいかもしれないなあって……」「これはチャンスと思ったわけか?」
 
 美少女が笑いながらうなずいたので、僕は釣られて笑ってしまった。なるほど清純な美少女はしたたかだった。ロスト・バージンの相手に指名されて、僕は悪い気分ではなかったことも事実である。しかし……。「それは光栄な話だが……残念ながら、俺はキミみたいな子供相手じゃ欲情しない。俺だって若いときはギラギラしてたさ。でもいまじゃ、すっかり脂が抜けきって、枯れちまってる。」「わたし、もう十九歳ですよ。子供じゃありません」「俺から見たら子供なんだよ。十九歳でも、大人っぽい子はいるかもしれない。でもキミは、実年齢よりもさらに幼く見える。美少女はセーラー服を着てたら女子高生のように見える。それも三年生じゃなくて、一年か二年だな」「……ひどい」 お嬢様が唇を?かみしめたので、「傷つけたなら謝る」 俺はそっと言葉を継いだ。「でも、バージンなんてあわてて捨てなくても、そのうち相応しい相手がきっと見つかる。僕の前で服を脱げる度胸があれば、運命の日は遠くない」「……ゆうきさんだから脱いだのに」 恨みがましい眼を向けてくる。「どうしても、わたしの処女、もらってくれません?」「すまんが無理だ」「あーあ、残念。作戦失敗」 美少女は泣きそうな顔になって、海に飛びこむようにベッドにうつ伏せでダイブした。「わたし、今日勇気を振り絞って会いに来て声をかけたのに……」 途中から、清純なお嬢様の言葉は俺に届いていなかった。うつ伏せになったことで露わになった美少女のヒップに、視線を奪われたからだった。飾り気のないコットンの白いパンティに包まれたセフレのお嬢様の尻は、そこだけが異様に立体的だった。丸みがすごく、桃の果実を彷彿とさせた。他のパーツは少女そのものなのに、ヒップだけが生々しいほど大人っぽかった。
 
 僕はむらむらとこみあげてくるものがあった。ここ最近、女体に興奮したことなんてなかった。自分はすっかり枯れてしまったと思っていただけに、それはひどく新鮮な感覚だった。「なに見てるんですか?」 かわゆいお嬢様が顔をあげて睨んできた。「わたしみたいな子供相手じゃ、欲情しないって言ってませんでしたっけ?」「あっ、いや……」 自称処女の美少女の視線が股間に向かってきたので、僕は焦った。俺はオチ○チンが完全に勃起して、ズボンの前がもっこりとふくらんでいた。スーツの上着を着ていなかったので、誤魔化すこともできない。「これはその……条件反射みたいなものさ」「本当はセックスしたいんじゃないですか?」「馬鹿言え」「十九歳で処女ですよ。?じゃないです。こんなチャンス、滅多にないと思うけどなあ……」 美少女にうりうりと脇腹を指でくすぐられ、「大人をからかうんじゃない!」 僕は怒声をあげて立ちあがった。だがそうすると、股間のテントが目立ってしまってバツが悪い。あわててもう一度座り直した。美少女の手が届かないあたりに……。
 
「じゃあわたし、オナニーしてもいいですか?」「はあっ?」 声がひっくり返ってしまった。まだあどけなさすら残る美少女の口から、「オナニー」などという言葉が飛びだしたことに仰天してしまう。「せっかくのラブホテル初体験だから、それくらいはさせてもらわないと」「いや、キミ、自分でしたりするの?」「ええっ? ゆうきさんまさか、処女には性欲ないって思ってます? しっかりありますから。毎晩オナニーしないと眠れないし……」 言いながら、処女のお嬢様は両膝を立てて四つん這いになった。丸みの強いヒップが突きだされ、よけいに丸みが際立った。そうなると、不思議なことに太腿までひどく肉感的に見えた。立っていたときは、細く見えたのに……。「んんっ!」 清楚なお嬢様が身をよじった。右手が両脚の間に伸びていた。パンティの上から、股間を撫ではじめたのだ。「毎晩オナニーするとき、男の人のこと考えてるんですよ……最初は絶対、正常位ですよね? わたし痛くて暴れちゃうかもしれないし、正常位ならしっかり抱きしめててもらえますもんね……でも、わたしの妄想の中では、いつもバックなんです……処女じゃなくなって、慣れてからでもいいんですけど、こんなふうに四つん這いにされて、後ろから入れられる……だって、顔見られるの恥ずかしいじゃないですか……女の子って、気持ちよくなってきたらすごいエッチな顔になるんでしょう? それを見られるのが超恥ずかしい……」 
 
sexフレンドの美少女の呼吸は、次第に荒くなっていった。指が的確に性感帯をとらえているからに違いなかった。やがて、右手がパンティの中に入っていった。四つん這いなのでよく見えなかったが、指の動きは激しくなっているようだった。「ねえ、ゆうきさん……」 美少女はハアハアと息をはずませながら、眼の下をねっとりと紅潮させた顔を向けてきた。漂ってくる匂いさえ、甘酸っぱくなったような気がした。エアコンの効きが悪く、部屋の中は蒸し暑かった。僕も汗をかいていたが、美少女もそうだった。生々しい女のフェロモンが鼻先をかすめていく。「わたし、可哀相じゃないですか? 勇気を出して告白したのに、子供扱いされて抱いてもらえず、自分だけオナニー……可哀相じゃないですか?」「そう言われても……」 僕は眼のやり場に困りながら言った。一人エッチに淫するほどに、浜辺美波激似の美少女の丸々としたヒップは左右に揺れた。刻一刻とエロティックな生気を帯び、眼のやり場に困りながらも眼を離せない。「ゆうきさんが欲情しないならしようがないですけど、ちょっとだけ……わたしがイキそうになったら、ちょっとだけお尻触ってもらえません?」「なんだって?」「ちょっとだけですよ。そうしたらわたし、ゆうきさんに後ろからされてるところ想像しながら、思いきりイケますから……処女は捨てられなかったけど、今日のこといい思い出にできますから……」「ダメに決まってるだろ」
 
 俺は言下に拒否したが、正直、浜辺美波激似の美少女の尻を触りたくてしかたがなかった。女の尻に、これほど悩殺されたことは生まれて初めてだった。(それにしても……イクまで続ける気なのかよ……) 美少女の旺盛な性欲に驚愕しつつ、口の中に溜まった生唾をごくりと?みこんだ。「あああっ……はぁあああっ……」 美少女はいよいよ、声をあげてあえぎはじめた。尻を振り、腰をくねらせ、真っ赤に染まった顔を、シーツにこすりつける。 あえぎ方が堂に入っていた。バージンだというのは嘘かもしれない、と俺は一瞬思ったが、すぐに打ち消した。 どこをどう見ても、清純な美少女の丸々とした桃尻以外は少女のようだった。なのにこれほどいやらしくあえぐことができるのは、毎晩オナニーに励んでいるからなのか? 経験したくても経験できない劣等感が、美少女を夜ごとの一人Hに駆りたて、なまじ経験のある同世代の女たちよりも、スケベになってしまったのか? 考えてみれば……。 俺自身、童貞時代がいちばん性欲が旺盛だった。頭の中がいやらしいあれこれでパンパンになり、毎晩どころか一日に二度も三度も射精することが珍しくなかった。 エッチを経験して失ったものは、童貞時代の想像力だった。現実は、童貞が思い描くような都合のいいものではなかった。一人エッチでは味わえない充実感を味わったことがないとは言わない。だがそれと同等かそれ以上に、エッチには厳しさがついてまわった。
 
 相手に気を遣わなければならないし、満足させなければならない……いくら頑張っても満足させられなかったときは、しばらく立ち直れない……結婚すればsexが半ば義務のようになり、その気がなくても抱かなければならないこともある。中折れするのは非常に気まずいので、必死に集中して射精まで辿りつかなければならない……。「……おっ、おいっ!」 俺はハッとして声をあげた。ぺちゃぱいのお嬢様がパンティを脱ごうとしたからだった。いや、すでに半分以上脱いでいて、満月のように白く輝く生身の尻丘が見えていた。「ぬっ、脱ぐんじゃない。それだけはダメだ。穿いたままでいなさい」「だって……」 微乳のお嬢様はねっとりと潤んだ瞳を向けてきた。半開きの唇でハアハアと息をはずませて、驚くほど色っぽい顔をしていた。「もうすぐイキそうなんです。お尻……触ってくれますよね?」「ダメだって言ってるだろ」 処女の美少女はパンティをさらにずりおろそうとした。これ以上おろせば、後ろからだって女の花が見えてしまう。「わかった! 触ってやるから、それ以上は脱ぐな。脱がないでくれ……」 処女のお嬢様は脱ぐのをやめ、すがるような眼を向けてきた。「早く……触って……」 俺はしかたなく右手を伸ばしていった。生身の尻丘に、触れた。
 
美少女の素肌がとき卵のようにつるんとして、想像以上に丸かった。ただ触るだけのつもりだったのに、気がつけば撫でまわしていた。この世にこれほどいやらしい触り心地のものがあったのかと、驚愕せずにはいられなかった。「ああっ……すごく気持ちいい……」 ?みしめるように、スリムな美少女が言った。「お尻を触られてるだけでこんなに気持ちいいなんて……なんだか夢みたい……あああっ……」 美しい美少女の指使いがにわかに激しくなった。見えていたわけではないが、音でわかった。ぴちゃぴちゃという音が、セフレの美少女の白いパンティの奥から聞こえてきた。(すごい濡らしてるんだな……) 俺の呼吸も荒くなった。桃尻の触り心地だけでも気が遠くなるほど興奮しているのに、指使いの音でトドメを刺された。(未成年って言ったって、清楚な美少女は18歳だろ。十八歳未満じゃない。抱いても犯罪にはならないんじゃないか。美少女のほうから求めてるわけだし……) 痛いくらいに勃起しきったおち○ちんがズキズキと熱い脈動を刻み、僕から理性を奪っていく。 それでも、当時の俺は娘のような年齢の部下を簡単に抱いてしまえるような、いい加減な男ではなかった。バレなければいいという論理で悪事を働けるほど、強い人間でもなかった。たとえ誰にもバレなくても、自分で自分は誤魔化せない。未成年の美少女のことを愛しているのならともかく、性欲に負けて処女を奪うような、最低な男にはなりたくない。
 
 しかし、だからといって、僕はこみあげてくる欲望からは自由になれなかった。むしろ刻一刻と切迫したものとなって、本能を揺さぶりたててくる。我慢にも限度があり、後先考えず細身のお嬢様から白いパンティを奪ってしまいたくなる。(ダッ、ダメだっ……それだけは絶対にダメだっ……) 美少女のの処女を奪ったりしたら、後悔と自己嫌悪で何日も眠れぬ夜を過ごすことになるだろう。いや、その重い十字架は死ぬまで背中から離れてくれないかもしれない。「ゆうきさん……」 清純なお嬢様が振り返った。「もうイキます……わたし、イッちゃいます……イッてもいいですよね?」 そんなことを訊くんじゃない! と僕は胸底で絶叫した。お嬢様の顔は生々しいピンク色に染まって、普段のあどけなさがうそのような濃厚な色香を放っていた。かわいい美少女は絶頂に達しそうなのだから当然かもしれないが、無口でおとなしい18歳とはあまりにもかけ離れていた。「イッてもいいから、こっちを向くんじゃないっ!」 僕は滑稽なほど甲高い声で叫んだ。「絶対にこっちを向くな。だいたい、顔を見られたくないからバックがいいとか、さっき言ってたじゃないか。振り向くな。眼をつぶってイケ」「……はい」 どういうわけかsexフレンドのお嬢様はひどく幸せそうにうなずくと、振り返るのをやめた。「眼をつぶりましたから、わたし、なにも見えません。ねえ、ゆうきさん。なにも見えませんからね……見えないから誰にも言いませんよ……」
 
 一瞬、可愛いお嬢様の言葉の意味が僕には理解できなかった。ただ単にこちらの要望に応えただけではなく、裏の意味がありそうだった。 なにも見えない……誰にも言わない……つまり、こちらがなにをしても、見なかったことにしてくれる……たとえばオナニーをしても……。 自称処女の美少女はまったく空恐ろしい女だと、僕は戦慄を覚えた。と同時に、たまらなくオ○ニーがしたくなった。ズボンの中で痛いくらいに勃起しているチ○ポをしごきたくて、いても立ってもいられなくなった。 世の中には、女に一人Hを見せる男もいるらしい。女から求められることもあるというが、俺には考えられないことだった。オナニーをしている姿ほど、恥ずかしいものはない。あれを見られるくらいなら、死んだほうがマシかもしれない。(いかん……いかんぞ……) 必死に自分を抑えようとしても、興奮に震える手がウエストに伸びていく。ベルトをはずし、ファスナーをさげて、ズボンとブリーフをおろしてしまう。長々と勃起しつづけていたオチンチンは、前触れの露を漏らしすぎて亀頭がテラテラと光っていた。握りしめると、眩暈にも似た快感がこみあげてきた。 その時点で、僕の思考回路はものの見事にショートした。射精以外のことを、なにも考えられなくなった。「ねえ、イッちゃいますっ……ゆうきさん、イッちゃいますっ……」 絶え間なくささやきつつ指を使っている自称処女の美少女の尻を左手で撫でながら、右手ではすさまじい勢いでち○ぽをしごきたてていた。こんなに必死にしごいたのは思春期の、それこそ童貞時代以来かもしれなかった。
 
自分の性欲はとっくに枯れたと思っていたが、間違っていたのかもしれない。こんなにも夢中になり、こんなにも熱狂している……。 左の手のひらに伝わってくる美少女の尻の丸みが、どこまでも興奮を高めていった。右の手のひらの中にあるオチン○ンは、限界を超えて硬くなっていった。サイズさえ、自分のものとは思えないほど長大になっている気がした。「あああっ、ゆうきさん、もうダメッ……もう我慢できないっ……わたし、イキますっ……イッちゃいますうううーっ!」 セフレの美少女の叫び声を聞きながら、僕も射精に到達した。ドクンッ、と音がしそうな勢いではじけた精子が、自称処女のお嬢様の尻にかかった。一瞬焦ったけれど、射精を途中でとめることなんてできるわけがなかった。喜悦に歪んだうめき声をもらしながら、オ○ンチンをしごきたてた。ドクンッ、ドクンッ、と続けざまに吐きだされる男の精を、一滴残らず美少女の尻にザーメンを漏らしきった。 不思議な関係の始まりだった。 それから俺と清純な美少女は、週に一、二度の割合でラブホで逢瀬を繰り返すようになった。 不倫でも愛人でも婚外恋愛でもなかった。自分たちの関係をどう位置づけたらいいのか、当の俺でさえわかっていなかった。おそらく、美少女だってわかっていなかっただろう。 最初の夜、尻にたっぷりと精子を浴びた処女の美少女は、しばらくの間、眼の焦点が合わなかった。放心状態というか、茫然自失としていた。もちろん、自分もオナニーで果てていたせいもあると思うが、十分以上動かず、口もきかず、同じく茫然としていた俺がようやく我に返って尻をティッシュで拭ってやると、初めて体を起こした。「わたし、なにも見てませんから……絶対に誰にも言いませんから……」
 
 自分に言い聞かせるように言って、小走りでバスルームに駆けこんでいった。あれほど饒舌だったのに、ラブホテルを出て町田駅で別れるまで、ほとんど口をきかなかった。 ショックを受けているのかもしれない、と僕は心配した。浜辺美波似のお嬢様の台詞を深読みして、こちらも射精してしまったけれど、美少女にはそんなつもりはなく、にもかかわらず大人の男の欲望をまざまざと見せつけられ、美少女は激しく動揺してしまったのかもしれない。 数日後、詫びるつもりで会社から離れた繁華街にあるレストランに呼びだした。美少女の口は重く、俺にしてもどう切りだしていいか計りかねていたので、会話ははずまなかった。 そのくせ、レストランを出ると、ぺちゃぱいのお嬢様はラブホテルに誘ってきた。険悪な雰囲気のまま別れるのも嫌だったので、俺は渋々応じるしかなかった。「あそこまでしたんだから、処女をもらってください」 18歳のお嬢様にそう言われても、首を縦に振ることはもちろんできなかった。
 
「わかってくれよ。僕は40代のまじめな男だ。そんなことしちゃいけないんだ」「じゃあ、こないだと同じやり方でいいです」 着ていた服を脱ぐより前にパンティを脚から抜いてしまい、ベッドにうつ伏せでダイブすると、スカートをまくりあげた。輝くような真っ白い桃尻が、?き身で露わになった。「一緒にオナニーしましょうよ。それならいいでしょ、わたし、処女のままですから」「まったく、キミって子は……」 そこだけが妙に大人びている桃尻の魅力に、僕の理性は敗北した。少し前まで女子高生のお嬢様の処女を奪うのはさすがにまずいと思ったが、お互いにお○にーをするのであればセフレのお嬢様を穢すことにはならないし、一度やっているのでハードルが低かった。「絶対に途中で振り返るなよ」 俺は何度も念を押した。さすがに自分で自分のものをしごいている姿を、18歳の美少女に見られるのは恥ずかしかった。お嬢様は約束を守ってくれ、俺は尻を撫でながら射精を果たした。美少女も尻を撫でられながら絶頂に達した。前回よりも激しいイキ方だった。 そこからは、なし崩しだった。 僕はぺちゃぱいの美少女との次の逢瀬のことばかり考えていた。女の尻を撫でながらおなにーをすることに、これほど嵌まってしまうとは思わなかった。寝ても覚めてもお嬢様の桃尻のことばかり考えていた。
 
 しかしひと月、ふた月、と時間が経過しても、僕とsexフレンドの美少女の関係は深まらなかった。 より正確に言えば、尻を撫でながら、あるいは撫でられながらオ○ニーをするより先に、肉体関係が発展することはなかった。 貧乳のお嬢様はパンティを脱いでベッドにうつ伏せになり、スカートをまくるだけで、それ以上の肌の露出をしなかったし、僕もズボンとブリーフをさげてチン○ンをしごいているだけだった。色っぽい美少女が振り返ることは禁じているので、視線が合うことすらない。キスもなければ抱擁もない。 sexフレンドの美少女はオナニーをしながら二度、三度とイクようになっていたから、それが変化と言えば変化だった。綺麗な美少女のイキ方も激しくなる一方で、四つん這いの体をビクンビクンと跳ねさせては、余韻の痙攣がいつまでもおさまらず、果てたあとは顔中が汗びっしょりになっていることも珍しくなかった。(処女のくせに、よくイク女だ……) 僕は半ば呆れながらも、それ以上に興奮をかきたてられた。
 
sexフレンドのお嬢様は最初こそ完全にパンティを脱いでいなかったものの、二回目からは脱いでいたので、四つん這いになると処女のおまんこがうかがえた。ま○このまわりが無毛に近い、清らかな花園だった。お嬢様のま○こはくすみのないアーモンドピンク色をして、綺麗なシンメトリーを描いていた。 見るからに純潔の処女地だったが、驚くほど大量の分泌液を漏らし、ぺちゃぱいのお嬢様はいつも内腿までベトベトにしていた。 匂いも強かった。処女は自分の股間を念入りに洗う習慣がないという話を聞いたことがあるが、興奮すると発酵しすぎたヨーグルトのような酸味の強い匂いが、熱気を伴ってむんむんと漂ってきた。美少女のマンコを舐めてみたい、と思わなかったと言えば嘘になる。 だがそれをしてしまえば、いまの関係が崩れてしまうだろうと思った。肉体関係があるのかないのかよくわからない曖昧な状態だから、僕は自分に言い訳できた。お互いにマスターベーションをするだけだからこそ、むしろ夢中になれた。 もちろん、清楚な美少女は決して納得していなかった。隙あらば処女を奪ってもらおうとチャンスをうかがい、クンニに興味があるとか、フェ○チオをしてもいいなどと餌を撒いてきたが、僕はきっぱりと断った。
 
 とはいえ、貧乳の美少女にしても、その曖昧な関係にある程度満足しているようではあった。ふたりはまだ、始まっていない。始まってしまえば、終わりがくる。それが男と女の関係だと理解しているようだった。 たとえば、俺がその場の勢いで浜辺美波激似の美少女の処女を奪ってしまったら、結局のところ後悔と自己嫌悪にのたうちまわることになる。もう会わないようにしようと、切りだす可能性は少なくない。sexフレンドのお嬢様にもそれがわかっているから、あまり執拗には先に進むことを求めてこなかった。 休みの日の昼間に会い、ラブホで事を終えると、僕は決まって美少女をデパートに連れていった。服やバッグや靴を買い与えるためだ。「そんなに気を遣わなくていいのに」 処女の美少女は言っていた。「そうでなくてもわたし、最近可愛くなったってよく会社で言われるんですよ。彼氏できたでしょ? とか。服なんか買ってもらったら、もっと可愛くなっちゃうじゃないですか」「ほんの気持ちだよ。高いものは買ってやれないけど、遠慮することはない」 美少女のの美麗な尻を好き放題に撫でまわし、おなにーとはいえ射精を遂げているのだから、僕には後ろめたさがあった。
 
出会い系での微乳のお嬢様との即はめsexのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓


















































 
続きを読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系セフレ】浜辺美波激似の美少女と中出しセックス

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex