deaisex_novel

【出会い系大人の関係】ビッチな受付嬢と中出しsex


 
この記事を最初から読む場合は以下のリンクをクリックしてください。
⇒【出会い系ヤリモク】清純な受付嬢と中出しsex
 
そう簡単にイカせるわけにはいかなかった。 べつにイカせてもいいのだが、セフレの受付嬢はマゾヒスト。焦らしてやったほうが、よりいっそう燃えあがるだろう。「勝手にイクのは許さんぞ」 再び両手で、スパンキングの一ダース攻撃だ。「ひっ、ひぃいいいいいーっ!」 絶頂を寸前で取りあげられ、平手の嵐に襲いかかられた白石麻衣激似の受付嬢は、半狂乱になってよがり泣いた。狭い洗面所に甲高い女の悲鳴が反響し、陶酔を誘うほど淫らな空気になっていく。 俺はじっくりと楽しんだ。余裕のある40代の男と、イキたがりの20代の女──これぞ、年の差sexの醍醐味だろう。受付嬢がイキたがればイキたがるほど、俺は的確にセフレの受付嬢を翻弄する。絶頂寸前で宙づりにし、生殺しの快楽地獄でのたうちまわらせる。「もっ、もうイカせてっ……ああっ、イカせてくださいいいっ……」 絶頂をねだる清楚な受付嬢の顔は、汗だくになって生々しいピンク色に染まっていた。鏡越しではなく、振り返って肩越しにその顔を向けてくる。類い稀な桃尻と悶え顔の競演に、口の中に生唾があふれてきてしようがない。 俺はすでに、五回ほどオルガスムス寸前で愛撫の手をとめていた。焦らし抜かれた美しい受付嬢の頭の中は、もはや思いきりイクこと以外になにもないだろう。 そろそろ頃合いか。
 
 俺は隆々と反り返ったチンコを握りしめた。 その様子を横眼で見たヤリモクの受付嬢は、せつなげに眉根を寄せつつも、濡れた瞳を期待に輝かせた。いよいよ貫かれる──そう思ったに違いない。 それは間違っていないのだが、次の瞬間、「ええっ?」という表情になった。 俺が受付嬢の体を反転させたからである。 洗面台に両手をついている立ちバックの体勢から、顔をこちらに向けさせて正面から向きあう格好になった。向きあった状態で、受付嬢の尻を洗面台にのせた。 清純な受付嬢が不思議がるのも当然だった。 僕はヤリモクの受付嬢の尻を過剰なまでに褒め称えた。スパンキングプレイまでした。尻好きの男なら当然、そのまま立ちバックで貫いてくると思ったはずだ。 しかし、それはメインディッシュ。受付嬢ほどの桃尻を、たったひとつの体位でしか味わわないなんて愚か者の所業である。 洗面台の上で、両脚をひろげさせた。アーモンドピンクのまんこはすでにぱっくりと口を開ききり、小判形の陰毛は愛液にまみれて海草のように恥丘に張りついている。「いくぞ」 勃起しきったチンコの切っ先を濡れた花園にあてがうと、ヤリマンの受付嬢は欲情に焦点を失いそうな眼を必死に凝らして見つめてきた。
 
僕も見つめ返す。自然と唇と唇が接近していく。舌をからめあうディープキスをしながら、俺はゆっくりと腰を前に送りだした。「んんんっ……」 巨乳の受付嬢の顔が歪む。苦悶の表情に見えても、細身の受付嬢は悦んでいる。待ちに待ったものをようやく与えられたと、心の中では小躍りしているはずだ。 まだ先っぽしか入れていないのに、オマンコの吸いつきがすごかった。迎え入れる側の受付嬢のほうから、おち○ちんを咥えこもうとしている。 僕は焦らなかった。舌のしゃぶりあいをじっくりと楽しみながら小刻みに腰を動かし、時間をかけて結合を深めていく。 ずんっ、と最奥まで突きあげると、「あああっ!」 sexフレンドの受付嬢はキスを続けていられなくなり、すがるような眼を向けてきた。なにか言いたげにパクパクと口を動かしても、言葉は出てこない。早く動いてほしいようだったが、僕は真逆の行動に出た。 受付嬢の腰を両手で抱き寄せた。ピストン運動ではなく、オ○ンチンを深く埋めたまま、先端で子宮をぐりぐりと押しつぶした。「くっ……くううっ……」 受付嬢が眼を白黒させる。期待していたのと別の刺激に戸惑いつつも、顔がみるみる真っ赤に染まっていく。発情しきった体中を震わせて、子宮への刺激に悶えはじめる。「動いてほしいか?」 僕は子宮をぐりぐりしながらささやいた。
 
「ああっ、ちょうだい」 受付嬢が涙眼で見つめてくる。「オッ、マンコッ、突いてくださいっ……思いきり、突いてっ……」「よーし」 僕はうなずいた。だが、そのやり方は、またもや受付嬢の予想を裏切るものだったろう。 俺はセフレの受付嬢の両脚を抱えて、持ちあげたのだ。いわゆる駅弁スタイルである。体力がある最初のうちに、この体位をやっておきたかった。「はっ、はぁあああああーっ!」 僕の首根っこにあわててしがみついてきた受付嬢は、宙づりの状態でしたたかにのけぞった。パンパンッ、パンパンッ、とピストン運動を始めると、髪を振り乱してよがりによがった。 喉を突きだしたその姿もたまらなく悩殺的だったが、俺の視線は鏡に向かっていた。駅弁スタイルで貫かれている、受付嬢の後ろ姿が映っている。バニーガールの格好で、尻だけが?きだしだった。丸々とした桃尻が、ピストン運動のリズムに乗って、プリン、プリン、と揺れている。(こっ、これだ……この光景が見たかったんだよっ!) 僕は胸底で絶叫した。尻を愛でるには、sexフレンドの受付嬢を四つん這いにしたバックスタイルがうってつけだ。しかし、鏡があれば、駅弁スタイルもたまらない。体力の衰えとともに最近はめっきりやらなくなっていたが、今夜の相手は最高の桃尻。腰痛を怖がるなんてナンセンスだろう。40歳でも、十回や二十回は突ける。いや、三十回でも四十回でもいけそうだ。「ダッ、ダメッ! ダメダメッ……」 セフレの受付嬢がのけぞって首を振る。「イッちゃうっ……そんなにしたら、イッちゃいますうううーっ!」
 
 もう焦らすつもりはなかった。僕が怒濤の連打を送りこんでやると、セフレの受付嬢は甲高い悲鳴をあげた。「イッ、イクッ! イクウウウウーッ!」 桃尻を淫らなまでに震わせて、セフレの受付嬢は絶頂に達した。美しすぎる桃尻がエクスタシーに痙攣している姿は、想像を超えていやらしかった。快楽をかみしめるため、尻丘の丸みが凹んでは戻る姿に悩殺されてしまう。(いいものを拝ませてもらったよ……) 眼福のお礼をするために、僕は白石麻衣似の受付嬢の尻を洗面台におろした。すかさずその場にしゃがみこみ、股間に口を近づけていく。舌を差しだし、イキたてほやほやの割れ目に這わせてやる。ツンと尖った生意気そうな肉豆を、ねちっこく舌先で舐め転がす。「はっ、はぁおおおおおおーっ!」 白石麻衣似の受付嬢が激しく首を振った。「ダッ、ダメッ……そんなことしたらっ……そんなことしたらっ……」 僕はかまわず、右手の中指と人差し指を受付嬢のマ○コに沈めこんだ。ヌメりながらひくひくと収縮している肉ひだの中で鉤状に折り曲げ、Gスポットをぐりぐりとえぐった。もちろん、舌先は巨乳の受付嬢の肉豆を舐め転がしつづけている。女の急所を内側と外側から挟み撃ちにされ、20代の受付嬢はもう、悲鳴をあげながらジタバタすることしかできない。
 
(またイキそうじゃないか……) 僕は連続絶頂の手応えを感じていたが、そのままイカせるつもりはなかった。頃合いを見計らい、二本指をスポンと抜くと、「いっ、いやああああーっ!」 セックスフレンドの受付嬢は恥辱にまみれた悲鳴とともに、大量の潮が吹きだした。まるで失禁のような、すさまじい勢いだった。僕の顔と体にも容赦なくかかり、激しい興奮へといざなわれた。「あああっ……ああああっ……」 駅弁スタイルで一度イキ、その後、続けざまのクンニリングスで潮まで吹いたsexフレンドの受付嬢は放心状態に陥っていた。洗面台からおろすと両脚までガクガク震えていたので、僕はスリムな受付嬢の手を取り、ベッドに向かった。 もちろん、洗面台の鏡には後ろ髪を引かれた。潮まで吹いたのは想定外だったけれど、クンニでイカせたら再び立ちバックで結合し、フィニッシュを目指そうと思っていたのだ。 しかし、何事も柔軟に対応することが大切だ。とくにsexは、相手を気遣う必要がある。無理やりゴールを目指すより、巨乳の受付嬢を少し休ませてやったほうがいい。 ベッドカバーをはずして、シーツの上に横たわらせた。俺もその隣で横になった。
 
「恥ずかしい……お漏らししちゃって恥ずかしいです……」 セックスフレンドの受付嬢は両手で顔を覆って羞じらいに身をよじっている。「でも、気持ちよかったんだろう?」「……はい」 巨乳の受付嬢は桃色吐息を振りまきながら身を寄せてきた。「こんなにすごいの……わたし初めてかも……感動してます……」 甘い褒め言葉を、俺は薄笑いを浮かべるだけでスルーした。感動するのはすべてが終わってからにしていただきたい。「そんなことより、ずいぶん暑いみたいじゃないか?」 バニーガールの格好のまま絶頂に達したり、潮を吹いたりした清楚な受付嬢は、顔も体も汗まみれだった。甘ったるい汗の匂いを、いやらしいほど全身から漂わせていた。 俺は背中のファスナーをおろし、レオタードを脱がせてやった。ついでに破れた網タイツも爪先から抜いてしまう。 これでsexフレンドの受付嬢の体に残っているのは、頭につけたウサギの耳、白い襟と黒い蝶タイ、そして白いカフスだけだ。もちろん、全裸でいるよりエロティックな姿と言っていい。「うううっ……」 セフレの受付嬢はすかさず両手で胸を隠した。砲弾状に迫りだしたおっぱいは、尻に勝るとも劣らない美しさだったが、ひどく恥ずかしそうな顔をしている。 理由は明白だった。先端の色が濃いめのあずき色なのだ。コンプレックスなのだろう。
 
「見せてみろよ」 僕は奇麗な受付嬢の両手をつかみ、強引に胸からぬがした。 女のコンプレックスをあざけるようなことは、普段なら絶対にしない。むしろ見て見ぬふりをしてやるのが男のやさしさだと思っているが、受付嬢はマゾヒスト。あざけり、辱められることにこそ、悦びを覚えるはずだ。「ずいぶん黒いんだな」 乳首を指差して嘲笑まじりにささやくと、「言わないで……」 受付嬢は泣きそうになって顔をそむけ、唇を?みしめた。「乳首の色だけは……見逃してください」 見逃してやってもよかったが、マゾヒストがあえてそんなことを言うなんて、裏がありそうだった。本当はいじめてほしいのかもしれない。「男に舐められまくって、そんなに黒くなったのかい?」「生まれつきです!」「本当かな? 乳首を舐められるのが大好きなんじゃないか?」 俺は汗ばんだ清純な受付嬢の体を抱き寄せると、オッパイをやわやわと揉みしだいた。ずっしりと重みがあるのに柔らかい、極上の胸だった。 しかし、乳首には簡単には触れてやらない。ふくらみに軽く指を食いこませたり、隆起の裾野をフェザータッチでくすぐるだけだ。「あああっ……」 焦れたヤリマンの受付嬢がキスを求めてくれば、それに応えた。舌と舌をねっとりとからめあい、唾液と唾液を交換しながら、左右のふくらみと戯れる。
 
まだ触れてもいないのに、あずき色の乳首が物欲しげに尖りきっていく。 つまんでやりたい衝動をぐっとこらえ、俺はソフトな愛撫を続けた。「くぅうっ……くぅううっ……」 くぐもった声をもらして身悶えているセフレの受付嬢は、二重の意味で焦れていた。乳首を刺激されたがっていたし、股間にもオチ○チンを欲しがっていた。こらえるように太腿をこすりあわせている姿が、発情丸出しでいやらしすぎる。 俺はどちらも与えてやらなかった。 ゆきずりのエッチでもバニーガールの格好を披露する女の欲望は、底なしのようだった。 白石麻衣似の受付嬢は駅弁スタイルで一度イキ、その後にクンニで潮まで吹かされたのに、まだ貪欲にオルガスムスを求めている。 僕はそういう女の扱い方を心得ていた。男が責めるばかりがsexではない。巨乳の受付嬢が発情しきっているのであれば、しばしイニシアチブを渡してやるのも悪くない。「上に乗るんだ」 やわやわと乳房を揉みしだきながらささやくと、清楚な受付嬢は濡れた瞳を輝かせた。まるで、餌を見せつけられてちぎれんばかりに尻尾を振る牝犬のようだった。「失礼します」 浅ましいほど素早い動きで、僕の腰にまたがってきた。「なるべくいやらしい格好で咥えこむんだぞ」 僕の言葉に、ビッチな受付嬢はハッと息を?んだ。二秒ほど眼を泳がせてから、両膝を立てて、M字開脚を披露した。
 
(まったく……) なるほどいやらしい格好だと、僕は感心した。これなら、こちらからすべてを見渡せる。黒い草むらの下でだらしなく口を開いているセフレの受付嬢のアーモンドピンクのおま○こも、その奥でつやつやと濡れ光っている薄桃色の粘膜も、そしてそこにずっぽりとチンコが咥えこまれるところまで……。「恥ずかしい……恥ずかしいです……」 そむけた顔を真っ赤に染め、唇を震わせている受付嬢は、本気で恥ずかしがっているようだった。マゾヒストのくせに、と僕は胸底で苦笑したが、極端な恥ずかしがり屋だからこそ、ドMになったのかもしれない。恥をかかされることにこそ、快感を覚えるのだろう。「全部見えてるぞ……マンコが涎垂らしているところが……」 僕の言葉に、受付嬢はますます横顔を紅潮させていったが、震える手指でペニスをつかみ、自分の股間へと導いていく。羞じらいながらも、欲望には抗えない。「あああっ……」 両脚をM字に開いたまま、腰を落としてきた。ずぶりっ、と亀頭が割れ目に沈む光景に、俺は胸を高鳴らせた。いくつになっても、この光景には全身を熱くさせられる。ちん○んが芯から硬くなっていく。
 
「くぅうっ……っんんんーっ!」 セフレの受付嬢が根元までちんぽを咥えこむと、俺は両手でセフレの受付嬢の両膝をつかんだ。M字開脚をさらに強引にひろげていくと、セフレの受付嬢は上体を起こしていられなくなり、股間を出張らすような格好で、両手を後ろについた。そこにはちょうど、僕の太腿がある。「ああっ、いやっ……」 受付嬢は長い黒髪を揺らして羞じらった。たしかに、これ以上なくあられもない格好だった。 いまの姿に比べれば、鏡の前の立ちバックなんて優雅なものだった。ましてや、セフレの受付嬢はあのとき、バニーガールのレオタードを着けていた。 いまはほぼ全裸。ち○ぽを咥えこんだ結合部も、浅ましく尖りきった乳首も、オマンコもさらしきっている。 僕は自分からは動かなかった。騎乗位であっても、下からピストン運動を送りこむことはできる。だがあえて、受付嬢の好きなようにさせることにした。「うううっ……」 大股開きでのけぞっているヤリマンの受付嬢は、結合部をさらけだした格好を羞じらいつつも、じっとしていることはできなかった。 最初は遠慮がちにもじもじと腰を動かしているだけだったが、それだけでも、ずちゅっ、ぐちゅっ、と汁気の多い音がたった。濡らしすぎているのである。「いっ、いやっ……」 やがて、股間が上下に動きだした。女の割れ目でチ○コをしゃぶりあげるような要領で、腰を使ってきた。
 
(すげえな……) 俺は熱い視線でビッチな受付嬢を見上げた。sexフレンドの受付嬢はそれなりの美人である。純和風の細面、切れ長の眼、艶やかな長い黒髪と、男好きする容姿の持ち主と言っていい。 そんな女が、きりきりと眉根を寄せながら騎乗位に没頭していく姿は、エロティックとしか言い様がなかった。しかも、マンコとお○んちんの結合部が丸見えのM字開脚で、大胆に股間を上下させ……。「ああっ、いやっ……いやいやいやっ……」 清楚な受付嬢は恥ずかしそうに首を振っていても、腰の動きは激しくなっていくばかりだった。股間を上下に動かすだけではなく、おち○ちんを深く咥えこんで、子宮を亀頭にぐりぐりと押しつけてくる。「とっ、届いてるっ……いちばん奥まで届いてるうううーっ!」 手放しでよがりはじめると、俺はヤリマンの受付嬢の腰をつかんだ。その前に、下から攻撃するため、自分の膝を立ててあった。ずんずんっ、ずんずんっ、と下から突きあげると、「はっ、はぁおおおおおおおーっ!」 白石麻衣激似の受付嬢は獣じみた悲鳴をあげ、紅潮した顔を限界までひきつらせた。ひどく焦った様子で、自分の腰に視線を落とす。 僕がぐいぐいと引きつけているから、受付嬢が自分で動くより、強烈な摩擦感がある。内腿がひきつっている。それ以上の勢いで、純和風の美貌もひきつっていく。「ダッ、ダメッ……ダメですっ……」 またもやイキそうになったので、俺は両手を伸ばした。セックスフレンドの受付嬢がそれをつかむと、こちらに引っぱって上体を覆い被させた。 長い黒髪がさらさらと顔にかかるのが心地よかった。
 
しかし、そんなことより乳首である。双乳を両手ですくいあげると、白石麻衣激似の受付嬢のコンプレックスらしき黒い乳首を、満を持して舐め転がしてやる。「はっ、はぁあうううううーっ!」 ビッチな受付嬢は悲鳴をあげ、ジタバタと暴れだした。僕はもう、下から突きあげていなかった。ヤリマンの受付嬢はまるで壊れたオモチャのように、ガクガク、ガクガクと、腰を動かしてオマ○コとチ○ポをこすりつけてきた。いやらしいほど切迫した動きで、オルガスムスに駆けあがっていこうとする。 まったく貪欲な女だった。貪欲な女は嫌いではないが、きれいな受付嬢はマゾヒスト。思い通りにイケないほうが興奮するに違いない。 僕は腰を大きく跳ねあげて、スポンとちん○んを抜いてしまう。「あああっ……」 白石麻衣似の受付嬢がやるせない声をもらしたが、それも一瞬のことだった。僕は本格的に乳首を愛撫しはじめた。舐めたり吸ったり甘?みしたり、ねちっこく刺激してやる。「くぅううっ……くぅうううっ……」 受付嬢がうめく。男の上で四つん這いになった体を、せつなげにくねらせる。 僕は結合をといた状態で、左右の乳首だけを執拗に刺激した。セフレの受付嬢は辛抱たまらないとばかりに、股間を腹にこすりつけてきた。「むううっ……」 僕は唸った。細身の受付嬢の股間は驚くほど熱を放ち、人間の体の一部とは思えないくらいヌルヌルしていた。「ください……おちん○んください……」 細めた眼に涙を浮かべて哀願してくる。
 
「イキたいのか?」「イッ、イキたい……イキたいです……なんでも言うこと聞きますから、イカせて……」 セフレの受付嬢はいまにも感極まりそうな表情で、ヌルリ、ヌルリ、と腹に割れ目をこすりつける。「じゃあ、入れてもいいぞ」 俺がうなずくと、細身の受付嬢はあわてて股間に手を伸ばし、チ○コの先をマ○コの割れ目にあてがった。滑稽なまでの必死さが、限界を超えた欲情をひしひしと伝えてくる。「くぅううっ……」 ずぶずぶと股間にオチンチンを咥えこみながら、受付嬢は上体を起こした。今度は両膝を前に倒していた。背筋を伸ばし、三つ指をつくように僕の腹に両手を置く。行儀のいい姿勢が、かえっていやらしい。「あああっ……」 受付嬢が眉根を寄せて、腰を動かしはじめた。クイッ、クイッ、と股間をしゃくるような前後運動だ。それもまた、奥ゆかしささえ感じさせるやり方だったが、表情だけがどんどん浅ましくなっていく。一足飛びに獣の牝に近づいていく。「あううっ!」 白石麻衣激似の受付嬢が突然悲鳴をあげたのは、僕が左右の乳首をつまんだからだった。上体を起こして腰を振っているから、受付嬢の丸々とした双乳は上下に揺れはずんでいた。乳首をつまめば、揺れはずんだぶんだけ刺激が訪れる。「ああっ、いやっ……いやいやいやっ……」 髪を振り乱して、腰振りに熱を込めていく。ずちゅっ、ぐちゅっ、と卑猥な肉ずれ音がたつ。それでも受付嬢はもう、羞じらうことさえできない。
 
 僕は上体を起こして、対面座位に体位を変えた。「あああっ……」 受付嬢が首に両手をまわし、濡れた瞳で見つめてくる。「イッ、イキそうっ……もうイキそうっ……」「イキたいのか?」「イキたいっ……イキたいですっ……」「もっと焦らしてほしいんじゃないか?」「そっ、そんな……」 泣きそうになったキュートな受付嬢の尻を、僕はスパーンッと叩いた。「はぁうううっ!」 
 
ヤリマンの受付嬢がのけぞってガクガクと腰を揺らす。オルガスムスに駆けあがるためのリズムを、容赦ないスパンキングで中断させる。 スパーンッ、スパパーンッ、と俺は受付嬢の尻を叩いた。腰の動きをとめておいて、乳首をねちっこく舐めまわした。強く吸いたてては、歯を立てて甘?みした。「あああーっ! はぁあああーっ!」 色っぽい受付嬢は汗まみれの体を激しくくねらせたが、乳首への刺激だけでイクことはできない。 だから腰を動かそうとするが、僕のスパンキングがそれを遮る。どこまでも絶頂を延長させ、快楽の宙づり状態で白石麻衣似の受付嬢から脂汗だけを絞りとっていく。いよいよメインディッシュをいただくときがやってきた。 ベッドで四つん這いにするのも悪くなかったが、やはり最後は鏡の前でフィニッシュしたい。 僕は、絶頂欲しさに涙さえ流しているスリムな受付嬢の手を取り、再び洗面台に向かった。 立ちバックで尻を突きださせ、結合の体勢を整える。自分の意思で焦らしていたとはいえ、俺にしてもこみあげる欲望を我慢していたのだ。この期に及んで、のんびりしていることはできなかった。逸る気持ちのままに、ずぶりっ、と亀頭を埋めこんだ。「あううっ!」 鏡に映ったセフレの受付嬢の顔がぐにゃりと歪む。 僕は険しい表情でそれを見つめながら、一気に最奥まで貫いた。 受付嬢の中は、奥の奥までよく濡れていた。ヌルヌルして気持ちよかった。そのくせ締まりは増していて、ち○ちんにぴったりと吸着してきた。(肉ひだが……からみついてくるじゃないかよ……)
 
 俺は唸りながら、ゆっくりと動きだした。こんなに時間をかけて女体を責めたのは久しぶりだったが、まだ息はあがっていない。パチーン、パチーン、と桃尻を鳴らし、悠然としたピッチで抜き差しを楽しむ。(これだ……やっぱりこれだよ……) 駅弁スタイルの後ろ姿もよかったが、尻を愛でるにはやはりバックがいちばんだ。プリン、プリン、と揺れる尻丘の感触が生々しく伝わってくる。 白石麻衣激似の受付嬢の桃尻は形が綺麗なだけではなく、弾力も最高だから、形が変わってもすぐに回復して元に戻る。 だが、スパンキングの痕跡までは回復していなかった。痛々しいくらいに赤くなっていた。しかし、セフレの受付嬢はマゾヒスト。痛いことがすなわち悦びとなる、アブノーマルな性癖の持ち主なのだ。 ピストン運動を送りこみながら、スパーンッと叩いてやると、「ひいいっ!」 白石麻衣似の受付嬢は悲鳴をあげた。しかし、途端に眼つきが変わった。泣きそうな顔をしているくせに、その刺激を待っていたという心の声が聞こえてきそうだった。 スパーンッ! スパパーンッ! 僕は両手を使って左右の尻丘を打ちのめした。「ひいいっ! ひぃいいいいーっ!」 狭い洗面所に響く20代の受付嬢の悲鳴が、陶酔を運んでくる。
 
出会い系サイトでの巨乳の受付嬢とのオフパコセックスのハメ撮り画像
↓ ↓ ↓

















































 
今回ビッチな受付嬢とすぐただまんエッチ出来た出会い系はハッピーメールです。
 
なおハッピーメール(happymail)を利用するには、登録後年齢認証(年齢確認)が必要になります。年齢認証(年齢確認)をしないとすぐsexできる激カワの女と出会ってセフレにして即ハメセックスできませんので、ハッピーメールに登録後は必ず年齢認証(年齢確認)を行ってください。
 
ハッピーメール(happymail)のような出会系SNSで年齢確認が必要な理由は、こちらのページで具体例を示しながら解説していますので参考にしてください。
 
⇒出会い系サイトハッピーメールの詳細はこちら
 
※ハピメは18歳未満は登録できません。


 

セフレと中出しセックスできるおすすめ出会い系ランキング

[1]1位 PCMAX
pcmax
ピーシーマックス(PCMAX)はセックスしてくれるエロい女がいっぱい登録している日本最大級のオススメの出会い系サイトです。累計登録数は1500万人を突破し、また女性会員が多く登録しているので、未経験でも人妻や女子大生などの今すぐsexできる綺麗な女の子に出会えてセフレにして即エッチできます。 実際使ってみるとわかりますが、PCMAX(ピーシーマックス)は女性にメールを送ったときの返信率や掲示板での反応率が高いため、自分の経験ではすぐ出会ってセックスできる確率も高いです。PCMAX(ピーシーマックス)でsexできなければ出会い系では出会えないというくらい出会える確率は高い一番人気の出会い系です。
総合評価[star5.0]
累計会員数1500万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[2]2位 ハッピーメール
ハッピーメール
ハッピーメールはSEXやらせてくれる綺麗な女性がいっぱい登録している日本最大級のオススメのであいけいサイトです。累計登録数は2000万人を数え、男女比率が6対4~7対3程度と女の子の比率が高めなので、誰でも簡単にsexヤレる美人の女性に出会えてセフレにして今すぐセックスすることができます。 ハッピーメールでは通常登録して遅くとも2~3日位でエロい女子とセックスできますし、実際私も僕ある出会い系サイトの中でハッピーメールでは中出しsexできるエロい女子に出会えています。ということで可愛い女の子をセフレにして今すぐセックスをやりまくりたい方は、ハッピーメールはおすすめの出会い系アプリです。
総合評価[star4.0]
累計会員数2000万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  
[3]3位 Jメール
jmail
Jメールは会員数は500万人と多い人気の出会い系SNSです。女性会員も積極的に集めており、軽い気持ちでJメールに登録する即やりできる可愛い女性も多いので、ハメ撮りセックスできるヤリマンの女の子が多くいる出会い系アプリとして有名です。ゆえに今すぐセックスできる素人の女と出会ってセフレにして即sexしたいなら登録すべき出会いけいサイトです。
総合評価[star3.0]
累計会員数650万人
利用料金50円(メール送信)
詳細ページ公式ページ  

出会い系でのセフレとのセックス体験談【ハメ撮り画像あり】

ゆうきの出会い系サイトでのセフレとの中出しセックスsex体験談をオリジナルハメ撮り画像満載で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。 ⇒【出会い系体験談】加藤綾子似の美人女子アナとオフパコsex

⇒【出会い系体験談】綾瀬はるか似の巨乳グラドルと中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】西野七瀬似の巨乳女子大生とハメ撮りsex

⇒【出会い系セフレ】橋本環奈似のロリ爆乳アイドルと中出しセックス

⇒【出会い系ハメ撮り】石原さとみ似の巨乳看護師と今すぐsex

⇒【出会い系ハメ撮り】戸田恵梨香似の巨乳生保レディと即セックス

⇒【出会い系やれる】ゆきぽよ似のキャバ嬢とハメ撮りsex

⇒【出会い系やれる】欲求不満のアラフォー熟女と中出しセックス

⇒【出会い系セフレ】浜辺美波似のロリ神待ち娘と処女喪失sex

⇒【出会い系セフレ】指原莉乃似のヤリマンフリーターとセックス

⇒【出会い系ヤリモク】生田絵梨花似の清楚な婦人警官と中出しsex

⇒【出会い系ヤリモク】桐谷美玲似の美人モデルと中出しセックス

⇒【PCMAX体験談】セックスレスの新婚人妻と不倫中出しsex

⇒【ハッピーメール体験談】佐々木希似の受付嬢と中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】島崎遥香似のビッチな保母と中出しSEX

⇒【ハッピーメールセフレ】にこるん似のエステティシャンとセックス

⇒【PCMAXハメ撮り】生駒里奈似の可愛い美容師と中出しsex

⇒【ハッピーメールハメ撮り】みちょぱ似のギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXやれる】能年玲奈似の処女のロリ美少女と中出しsex

⇒【ハッピーメールやれる】美人キャビンアテンダントと中出しセックス

⇒【PCMAXセフレ】ぽっちゃりの地下アイドルと今すぐsex

⇒【ハッピーメールセフレ】菜々緒似のキャンギャルと中出しセックス

⇒【PCMAXヤリモク】有村架純似の美人若妻と不倫中出しsex