ご法要・偲ぶ会のご案内

故人の思い出を語り、ご冥福をお祈りする大切なひとときを細やかな気配りと心を込めたお料理で、ご列席のみなさまをお迎えいたします。

お日取り

ご法要など、故人を偲ぶ会は命日に行うのが理想ですが、お招きする方々のご都合も考慮して、折り合いのつく日を選んでもよいでしょう。ただし、命日より遅らせるのは故人を粗末にすることとされます。詳細を3〜6ヶ月前に決め、1ヶ月前までにはご案内状が届くようにしましょう。

宗派によるお日取り

仏式の場合
仏教においては、初七日、三十五日、四十九日を重要な忌日として法要を執り行います。さらに、祥月命日(同月同日)に一周忌、満二年目に三回忌を。以後数え年で数えて七回忌、十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と続きます。通常は三十三回忌で弔い上げとして区切りをつけ、追善供養は終ります。
神式の場合
神道では、葬儀後、十日祭り、三十日祭り、四十日祭、五十日祭を執り行い、五十日祭の翌日が忌明けとなり、故人の霊は祖霊社に合祀され、祖霊に加わります。その後は、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭といった間隔で霊祭は営まれます。
キリスト教式の場合
プロテスタントでは、亡くなられてから七日目か十日目、または一ヶ月目の召天記念日に記念祭を執り行います。その後は一年目、三年目、五年目といった周忌に追悼会を行います。また、カトリックでは、三日目、七日目、三十日目、一年目に追悼ミサを行ない、以後毎年の命日に追悼ミサを捧げ故人を偲びます。

施主・ご遺族の服装

仏式の場合、施主・ご遺族は、初七日より三回忌までは正式な喪服を着用するのが一般的です。七回忌以降は略式喪服でも差し支えありませんが、参列者より軽い服装にならないように配慮する必要があります。なお、アクセサリー類などは、華美にならないよう控えめなものをお使いください。他の宗派の場合もこれに準じます。

スケジュールのご案内

当日までの段取り
6〜2ヶ月前 お日取りの決定
ご列席いただく方の名簿作成
ご案内状の印刷
お引物の手配
30日前ご案内状の発送
15日前詳細のお打ち合わせ
(ご出席人数、祭壇装花、遺影装花、献花、会場レイアウト、お料理内容、席札、お引物、進行プラン等々)
2日前 ご遺影お持ち込み
最終お打ち合わせ
ご法要当日のスケジュール
1時間前 幹事様・受付担当者様のご来館
30分前施主及びご遺族のご来館
開始列席者入場
献花
司会挨拶
来賓追悼の辞
施主挨拶
献杯
お食事・ご歓談
謝辞
閉会の辞
ご予約・お問い合わせ

TEL : 03-3581-0121

FAX : 03-3581-6200

|